カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「Reprise, Warner Bros.」の53件の記事

2017年7月17日 (月)

ヴィラ=ロボス (Heitor Villa-Lobos) 「ブラジル風バッハ」

 20世紀を代表する作曲家、ブラジル出身のヴィラ=ロボスの代表作「ブラジル風バッハ」を聴く。バッハのバロックとブラジルの音楽を合わせた壮大な音楽となっている。第1番から第9番までの全曲集だが、やはり一般的にも評価が高い第5番が良いと思う。日本では馴染みがないが20世紀の南米作曲家の作品は興味深いので、折に触れて聴いていこうと思う。

2016年12月10日 (土)

ファミリー (Family) 「Music in a Doll's House」

20161210_fa  英国のロック・バンド、ファミリーが1968年に Reprise から発表したファースト・アルバムだ。
 サイケに影響をうけているもフォークやプログレなどを取り入れた個性的な演奏を提供する。アクの強さは薄めなので聴きやすいかも?
 アルバムは SeeFor Miles による再発アナログ盤で保有している。音質はまずまずだと思う。
 
 

2016年10月30日 (日)

ルネッサンス (Renaissance) 「A Song For All Seasons」

20161030_re  英国のプログレッシブ・ロック・バンド、ルネッサンスが1978年に Warner Bros. から発表した第8作目のアルバムだ。
 これまでのクラシカルなプログレにポップな要素を加え、とても聴きやすい演奏となっている。これまでの美しくも格調の高い雰囲気も健在だし、なかなか聴き応えのあるアルバムだと思う。
 アルバムはドイツ WEA による再発アナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 

2016年10月28日 (金)

ルネッサンス (Renaissance) 「Novella」

20161028_re  英国のプログレッシブ・ロック・バンド、ルネッサンスが1977年に Warner Bros. から発表した第7作目のアルバムだ。
 邦題は「お伽噺」となっているが、ドラマ性の強い華麗でありながらも英国らしい陰影感に満ちた曲が素晴らしい。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年10月 1日 (土)

ヴァン・モリソン (Van Morrison) 「Veedon Fleece」

20161001_vm  北アイルランド出身のヴォーカリスト、ヴァン・モリソンが1974年に Warner Bros. から発表した第8作目のアルバムだ。
 全体的にアコースティック色が強く、フォークとソウルを合わせたような演奏を披露する。渋く淡々としているが胸に染み入る唄が多い。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 

2016年9月 9日 (金)

ヴァン・モリソン (Van Morrison) 「It's Too Late To Stop Now」

20160909_vm  北アイルランド出身のヴォーカリスト、ヴァン・モリソンが1974年に Warner Bros. から発表したアナログ盤で2枚組のライブ盤だ。
 渋いながらもソウルフルな唄は、現在の耳で聴いてもまったく色褪せない。ロック、ソウル、フォーク、ジャズなどが混在した彼独自の音楽を堪能できる。
 アルバムは再発のアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年8月21日 (日)

ヴァン・モリソン (Van Morrison) 「Tupelo Honey」

20160821_vm  英国は北アイルランド出身のSSW、ヴァン・モリソンが1971年に Warner Bros. から発表した第5作目のアルバムだ。
 米国移住した直後のアルバムで、全体的に渋さに中にも明るくポップな感じがある。彼のアルバムにしては気軽に聴ける内容で、アルバム自体の出来も良い。
 アルバムは再発のアナログ盤で保有している。音質は、まずまずだと思う。
 
 

2016年8月14日 (日)

ヴァン・モリソン (Van Morrison) 「Moondance」

20160814_vm  北アイルランド出身のシンガー・ソング・ライター(SSW)、ヴァン・モリソンが1970年に Warner Bros. から発表したサード・アルバムだ。
 R&B、ジャズ、フォーク、ソウル、ロックなどを混在させた渋くも独自の音楽を提供する。全体的に淡々としているが、それが何とも言えない、いい味を出している。
 アルバムは再発のアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年8月12日 (金)

ヴァン・モリソン (Van Morrison) 「Astral Weeks」

20160812_vm  北アイルランド出身のヴォーカリスト、ヴァン・モリソンが1968年に Warner Bros. から発表したソロ第2作目のアルバムだ。
 R&B系のロック・バンド The Them のヴォーカリストだったが、ソロ活動ではロック・ソウル・フォーク・ジャズなど、あらゆる音楽を昇華させた彼独自の世界を構築していく。渋い音楽ながらも豊穣な世界がある。このセカンド・アルバムは彼の世界観を構築した傑作アルバムだ。
 アルバムは再発アナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年4月 9日 (土)

ペンタングル (Pentangle) 「Solomons Seal」

20160409_pe  英国のフォーク・トラッド・バンド、ペンタングルが1972年に Reprise から発表した第6作目のアルバムだ。オリジナル・メンバーによるアルバムとしてはラストの作品だ。

 どこかリラックスしながらも美しい演奏を聴かせる。このアルバムではジャズやブルースの要素は控えめで、トラッドの要素が強いが、ペンタングルの個性は健在だ。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はとても良い。
 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00-サイトマップ | 00-レコードのレーベル一覧 | 01-ブリティッシュ・ロック(1960-70年代) | 02-アメリカン・ロック(1960-70年代) | 03-ロック(1980年代以降) | 04-トラッド・フォーク | 05-ユーロ・ロック | 06-ジャズ(米国) | 07-ジャズ(欧州・他) | 08-クラシック | 09-日本のいろいろな音楽 | 10-世界のいろいろな音楽 | 11-メインストリーム(王道系) | 12-プログレッシブ・ロック | 13-ブルース・ロック | 14-エレクトリック・トラッド、プログレッシブ・トラッド | 15-ファンタジック、ヘヴンリー・ヴォイス | 16-フォーク・ロック、オーガニック | 17-シアトリカルな音楽 | 17-陰りのある音楽、地味な音楽 | 18-民族音楽、中世音楽、素朴 | 19-ハードな音楽 | 19-ポップな音楽 | 20-透明感、ひんやり、神々しい | 21-軽快、豪快、メロディアス | 22-シリアス、重厚 | 23-斬新なジャズ・クラシック | 24-正統派ジャズ・クラシック | 25-冗談、ユーモア、パロディ | 26-エクスペリメンタル、ポストロック | 27-エレクトロニカ、クラブ系 | 28-スワンプ、サザン・ロック、パブロック、カントリー | 29-ファンク、レゲエ、ダブ | 30-ダーク、荒涼、へヴィ、奇怪 | 31- KEEF | 32- HIPGNOSIS | 33- Roger Dean | 35-顔ジャケ・人物ジャケ | 36-イラスト人物ジャケ | 37-仮面・化粧・変な顔ジャケ | 38-サングラス・帽子ジャケ | 39-楽器ジャケ | 40-拳ジャケ(身体の一部) | 41-歴史・昔風コスプレ・ジャケ | 42-絶唱・ライブ・ジャケ | 43-サイケデリック・ジャケ | 44-酒・タバコ・葉巻ジャケ | 45-レンガ・石畳・壁ジャケ | 46-室内・部屋ジャケ | 47-建物・街並みジャケ | 48-遺跡・廃墟ジャケ | 49-身近な自然ジャケ | 50-大いなる自然・宇宙ジャケ | 51-ストリート・広場ジャケ | 52-庭・公園ジャケ | 53-食事・宴会ジャケ | 54-炎のジャケ、光のジャケ | 55-ポジネガ・歪んだジャケ | 56-動物ジャケ | 57-花・植物ジャケ | 58-謎の生物・怪獣・妖怪ジャケ | 61-乗り物ジャケ | 62-機械・ロボット・ジャケ | 63-遊び道具ジャケ | 64-食べ物・生活用品ジャケ | 65-ミリタリー・ジャケ | 66-工場・労働者ジャケ | 70-暗めなファンタジック・ジャケ | 71-ファンタジック・ジャケ | 72-SF ジャケ、シュールなジャケ | 73-奇怪なジャケ・呪術的なジャケ | 74-ひょうきんなジャケ | 75-荒涼としたジャケ | 76-可愛いジャケ | 77-人形・彫像ジャケ | 78-セクシーなジャケ | 81-文字ジャケ | 82-グラフィック・ジャケ | 83-エスニック・民族ジャケ | 88-家紋の一覧(神紋、寺紋なども含む) | 89-文様のサンプル | 89-文様の一覧 | 90-写真の一覧 | 90-神社、写真 | 90-神社の一覧 | 91-オーディオ・カートリッジ | 91-レコード用カートリッジ一覧 | 92-レコードの魅力 | 93-レコード店 | 94-サッカー | 95-映画・演劇 | 96-本・雑誌 | 97- IT 関連 | 98-株価指数、為替、投資信託 | 98-経済・資産運用 | 99-健康 | A&M, Ode | ABC, Dunhill | Archiv | Asylum, Geffen | Atlantic (jazz) | Atlantic, Atco | B&C, Pegasus | Blue Horizon, Bronze | Blue Note | Capitol, MCA, MGM | Charisma, Mooncrest | Charlin, Valois, Harmonia Mundi, Arion, Caliope | Chrysalis | Columbia, CBS (jazz) | Columbia, CBS, Epic | Columbia, CBS, Epic (Classic) | Contemporary | Decca, London (Classic) | Decca, Threshold, London | Deram, Nova | deutsche harmonia mundi | ECM, Enja | Elektra, Nonesuch | Elkar, Xoxoa (スペイン:バスク) | EMI, HMV, Angel | Erato | Eterna | Fantasy (OJC) | Grammophon | Harvest, EMI, Columbia, Regal Zonophone | Impulse | Indies Records (チェコ) | Island | Liberty, United Artists | Libra (ギリシャ) | Manticore, Swan Song, Purple | Melodiya, MK (ロシア) | Mercury, EmArcy | Neon | Numero Uno, Ricordi, Cramps | Parlophone, Apple, Odeon | Pathe Marconi | Philips, Fontana (Classic) | Philips, Fontana, PolyGram | Polydor, Marmalade | Prestige, New Jazz, Status | Prikosnovenie (フランス) | Pye, Dawn | RCA | RCA Victor (Classic) | Reprise, Warner Bros. | Riverside, Jazzland | Savoy | Telefunken、Teldec | Track, Reaction | Transatlantic, Topic, Trailer, York | Vanguard | Vertigo, Nepentha | Verve | Virgin, Caroline | Westminster, Vox | クラシックの諸レーベル | ジャズの諸レーベル | ヨーロッパのロック系レーベル | 再発盤レーベル (Jazz, Classic) | 再発盤レーベル (Rock) | 日本のその他のレーベル | 日本: Speedstar | 日本:キング・レコード, ベルウッド | 日本:コロムビア, Denon | 日本:ソニー | 日本:テイチク | 日本:トリオ (Trio) | 日本:ビクター, RVC | 日本:フォノグラム、フィリップス | 日本:ポリドール、グラモフォン | 日本:ワーナー・パイオニア | 日本:東芝音楽工業, 東芝 EMI | 米国のロック系レーベル | 米国の新興レーベル | 英国のロック系レーベル | 英国の新興レーベル

最近のトラックバック

ウェブページ