カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「Neon」の7件の記事

2016年12月26日 (月)

トントン・マクート 「Tonton Macoute」

20161226_tn  英国のプログレッシブ・ロック・バンド、トントン・マクートが1971年に Neon から発表した唯一のアルバムだ。
 ジャズやフォークなどを取り入れた渋いプログレを聴かせる。聴き応えのある好盤だ。
 アルバムは Akarma による再発アナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年11月27日 (日)

スプリング 「Spring」

20161127_sp  英国のプログレッシブなフォークロック・バンド、スプリングが1971年に Neon から発表した唯一のアルバムだ。
 3台のメロトロンが同時に演奏されるという曲があることで、プログレ・ファンに有名なアルバムである。全体としてはフォークロック風な演奏が強い。英国らしい陰影感のある曲や牧歌的な感じもある。キーフによるジャケットも素晴らしい。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年8月27日 (土)

ロー・マテリアル (Raw Material) 「Time Is...」

20160827_rm  英国のプログレッシブ・ロック・バンド、ロー・マテリアルが1971年に Neon から発表したセカンド・アルバムだ。
 プログレ、サイケ、ジャズ、ブルースなどを合わせた英国特有の渋いながらも強靱なプログレを聴かせる。マイナーなバンドだが、作品内容は良い。
 アルバムは private 盤で保有している。正式版にかなり忠実に作っている。音質は若干、良くない。
 
 

2015年9月 6日 (日)

フェア・ウエザー (Fair Weather) 「Beginning From An End」

20150906_fw  英国のスワンプ・ロック・バンド、フェア・ウエザーが1971年に Neon から発表したアルバムだ。
 英国のバンドだが米国寄りのスワンプ・ロックを聴かせる。粘り気のあるサウンドに、若干の英国らしい湿り気がある。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は、まずまずだと思う。米国のアルバムはダブル・ジャケットの裏表が逆になっている。
 
 
A1. God Cried Mother
A2. Don't Mess with Cupid
A3. Dead and Past
A4. Beginning from an End/I Hear You Knockin'
B5. You Ain't No Friend
B6. Sit and Think
B7. Looking for the Red Label
B8. Poor Man's Bum-A-Run

2015年7月25日 (土)

ダンド・シャフト (Dando Shaft) 「Reaping The Harvest」

20150725_ds  英国のトラッド・フォーク・バンド、ダンド・シャフトの編集アルバムだ。1971年のセカンド・アルバム「Dando Shaft」と1972年のサード・アルバム「Lantaloon」から選曲されている。
 素朴な感じのフォーク・トラッドを聴かせる。派手さは無いが、堅実な演奏を聴かせる。
 アルバムはアナログ盤で保有している。音質は、まずまずだ。
 
6. Prayer
9. Dewet
12. Black prince of paradise
13. When I'm weary
18. It was good

2015年3月13日 (金)

インディアン・サマー 「Indian Summer」

20150313_is  英国のロック・バンド、インディアン・サマーが1971年にマイナー・レーベル Neon から発表した唯一のアルバムだ。
 ジャケットは Keef で、内容はオルガンを主体とした渋くも陰影感のあるブリティッシュ・ロックとなっている。淡々とした内容だが、典型的なブリティッシュ・ロック・サウンドとなっている。
 アルバムは AKARMA による再発アナログ盤で保有している。音質は、まずまず良いと思う。
 
 

2010年10月26日 (火)

ダンド・シャフト 「Dando Shaft (1971年、Neon)」

 英国にネオン(Neon)というレーベルがある。トントン・マクート(Tonton Macaute)、スプリング(Spring)、ロウ・マテリアル(Raw Material)、インディアン・サマー(Indian Summer)など、マニアックな英国のグループが所属していた。

20101025_ds  1971年、Neon よりリリースしたダンド・シャフトのセカンド・アルバムだ。ファースト・アルバムも同名(1970年、Young Blood)なので注意が必要だ。
 トラッド系グループという区分けがなされるグループだが、このアルバムは英国特有の陰りのあるフォーク・ミュージックという面も強い。男性及び女性ヴォーカル、アコギ、フルート、タブラ、マンドリン、ダブル・ベースなどによる演奏は、如何にも英国を感じさせる。
 ジャケットはキーフ(Keef)によるデザインで有名な1枚だ。アルバムは AKARMA による再発のアナログ盤で保有している。音質はまずまず良い。

Amazon

1. Coming Home To Me
2. Railway
3. Whispering Ned
4. Sometimes
5. River Boat (お勧め)
6. Kalyope Driver (お勧め)
7. Waves Upon The Ether
8. Dewet
9. Till The Morning Comes
10. Pass It On
11. Prayer

その他のカテゴリー

00-サイトマップ | 00-レコードのレーベル一覧 | 01-ブリティッシュ・ロック(1960-70年代) | 02-アメリカン・ロック(1960-70年代) | 03-ロック(1980年代以降) | 04-トラッド・フォーク | 05-ユーロ・ロック | 06-ジャズ(米国) | 07-ジャズ(欧州・他) | 08-クラシック | 09-日本のいろいろな音楽 | 10-世界のいろいろな音楽 | 11-メインストリーム(王道系) | 12-プログレッシブ・ロック | 13-ブルース・ロック | 14-エレクトリック・トラッド、プログレッシブ・トラッド | 15-ファンタジック、ヘヴンリー・ヴォイス | 16-フォーク・ロック、オーガニック | 17-シアトリカルな音楽 | 17-陰りのある音楽、地味な音楽 | 18-民族音楽、中世音楽、素朴 | 19-ハードな音楽 | 19-ポップな音楽 | 20-透明感、ひんやり、神々しい | 21-軽快、豪快、メロディアス | 22-シリアス、重厚 | 23-斬新なジャズ・クラシック | 24-正統派ジャズ・クラシック | 25-冗談、ユーモア、パロディ | 26-エクスペリメンタル、ポストロック | 27-エレクトロニカ、クラブ系 | 28-スワンプ、サザン・ロック、パブロック、カントリー | 29-ファンク、レゲエ、ダブ | 30-ダーク、荒涼、へヴィ、奇怪 | 31- KEEF | 32- HIPGNOSIS | 33- Roger Dean | 35-顔ジャケ・人物ジャケ | 36-イラスト人物ジャケ | 37-仮面・化粧・変な顔ジャケ | 38-サングラス・帽子ジャケ | 39-楽器ジャケ | 40-拳ジャケ(身体の一部) | 41-歴史・昔風コスプレ・ジャケ | 42-絶唱・ライブ・ジャケ | 43-サイケデリック・ジャケ | 44-酒・タバコ・葉巻ジャケ | 45-レンガ・石畳・壁ジャケ | 46-室内・部屋ジャケ | 47-建物・街並みジャケ | 48-遺跡・廃墟ジャケ | 49-身近な自然ジャケ | 50-大いなる自然・宇宙ジャケ | 51-ストリート・広場ジャケ | 52-庭・公園ジャケ | 53-食事・宴会ジャケ | 54-炎のジャケ、光のジャケ | 55-ポジネガ・歪んだジャケ | 56-動物ジャケ | 57-花・植物ジャケ | 58-謎の生物・怪獣・妖怪ジャケ | 61-乗り物ジャケ | 62-機械・ロボット・ジャケ | 63-遊び道具ジャケ | 64-食べ物・生活用品ジャケ | 65-ミリタリー・ジャケ | 66-工場・労働者ジャケ | 70-暗めなファンタジック・ジャケ | 71-ファンタジック・ジャケ | 72-SF ジャケ、シュールなジャケ | 73-奇怪なジャケ・呪術的なジャケ | 74-ひょうきんなジャケ | 75-荒涼としたジャケ | 76-可愛いジャケ | 77-人形・彫像ジャケ | 78-セクシーなジャケ | 81-文字ジャケ | 82-グラフィック・ジャケ | 83-エスニック・民族ジャケ | 88-家紋の一覧(神紋、寺紋なども含む) | 89-文様のサンプル | 89-文様の一覧 | 90-写真の一覧 | 90-神社、写真 | 90-神社の一覧 | 91-オーディオ・カートリッジ | 91-レコード用カートリッジ一覧 | 92-レコードの魅力 | 93-レコード店 | 94-サッカー | 95-映画・演劇 | 96-本・雑誌 | 97- IT 関連 | 98-株価指数、為替、投資信託 | 98-経済・資産運用 | 99-健康 | A&M, Ode | ABC, Dunhill | Archiv | Asylum, Geffen | Atlantic (jazz) | Atlantic, Atco | B&C, Pegasus | Blue Horizon, Bronze | Blue Note | Capitol, MCA, MGM | Charisma, Mooncrest | Charlin, Valois, Harmonia Mundi, Arion, Caliope | Chrysalis | Columbia, CBS (jazz) | Columbia, CBS, Epic | Columbia, CBS, Epic (Classic) | Contemporary | Decca, London (Classic) | Decca, Threshold, London | Deram, Nova | deutsche harmonia mundi | ECM, Enja | Elektra, Nonesuch | Elkar, Xoxoa (スペイン:バスク) | EMI, HMV, Angel | Erato | Eterna | Fantasy (OJC) | Grammophon | Harvest, EMI, Columbia, Regal Zonophone | Impulse | Indies Records (チェコ) | Island | Liberty, United Artists | Libra (ギリシャ) | Manticore, Swan Song, Purple | Melodiya, MK (ロシア) | Mercury, EmArcy | Neon | Numero Uno, Ricordi, Cramps | Parlophone, Apple, Odeon | Pathe Marconi | Philips, Fontana (Classic) | Philips, Fontana, PolyGram | Polydor, Marmalade | Prestige, New Jazz, Status | Prikosnovenie (フランス) | Pye, Dawn | RCA | RCA Victor (Classic) | Reprise, Warner Bros. | Riverside, Jazzland | Savoy | Telefunken、Teldec | Track, Reaction | Transatlantic, Topic, Trailer, York | Vanguard | Vertigo, Nepentha | Verve | Virgin, Caroline | Westminster, Vox | クラシックの諸レーベル | ジャズの諸レーベル | ヨーロッパのロック系レーベル | 再発盤レーベル (Jazz, Classic) | 再発盤レーベル (Rock) | 日本のその他のレーベル | 日本: Speedstar | 日本:キング・レコード, ベルウッド | 日本:コロムビア, Denon | 日本:ソニー | 日本:テイチク | 日本:トリオ (Trio) | 日本:ビクター, RVC | 日本:フォノグラム、フィリップス | 日本:ポリドール、グラモフォン | 日本:ワーナー・パイオニア | 日本:東芝音楽工業, 東芝 EMI | 米国のロック系レーベル | 米国の新興レーベル | 英国のロック系レーベル | 英国の新興レーベル

最近のトラックバック

ウェブページ