カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「日本:フォノグラム、フィリップス」の10件の記事

2013年10月19日 (土)

喜納昌吉&チャンプルーズ 「喜納昌吉&チャンプルーズ」

20131018_ks  沖縄音楽の第一人者、喜納昌吉&チャンプルーズが1977年に日本フォノグラムから発表したファースト・アルバムだ。
 沖縄音楽を日本の音楽へと導いた第一人者だ。底抜けに明るい音楽と、どこかしみじみしたメロディを合わせた音楽だ。今の耳で聴いても楽しい。
 アルバムはアナログ盤で保有している。音質は、まずまずだと思う。

Amazon

A1. ハイサイおじさん (お勧め)
A2. うわき節
A3. レッドおじさん
A4. 番長小
A5. 東崎
B6. すくちな者
B7. いちむし小ぬユンタク
B8. 馬車小引んちゃー (お勧め)
B9. 島小ソング

2013年3月 3日 (日)

ジェネシス (Genesis) 「Selling England by the Pound」

20130303_ge  英国のプログレッシブ・ロック・バンド、ジェネシスが1973年に Charisma から発表したスタジオ録音による第5作目のアルバムだ。
 前作までの「Nursery Cryme」や「Foxtrot」に比べると、如何にもプログレらしい聴き易さがあるが、攻撃的なシアトリカル性は若干薄らいだような感じだ。個人的には前のアルバムの方が好きかな。
 アルバムは日本フォノグラムによるアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。

Amazon

A1. Dancing With The Moonlit Knight (お勧め)
A2. I Know What I Like
A3. Firth Of Fifth
A4. More Fool Me
B5. The Battle Of Epping Forest
B6. After The Ordeal
B7. The Cinema Show
B8. Aisle Of Plenty

2012年9月10日 (月)

ニュークリアス (Nucleus) 「Solar Piexus」

20120910_nc  英国のジャズ・バンド、ニュークリアスが1971年に Vertigo より発表したサード・アルバムだ。
 イアン・カー(トランペット)をリーダーに、クリス・スペディング(ギター)、カール・ジェンキンス(オーボエなど)、ジョン・マーシャル(ドラムス)など総勢12名の名前がクレジットされている。
 英国らしい陰影のあるジャズ・ロックを聴かせる。ビッグバンドならではの豪快さもある。
 アルバムは日本フォノグラムによるアナログ盤で保有している。音質は、まずまず良いと思う。

Amazon

A1. Elements I & II
A2. Changing times
A3. Bedrock deadlock
A4. Spirit level
B5. Torso
B6. Snakehips dream

2012年7月15日 (日)

エリック・ドルフィー (Eric Dolphy) 「Last Date」

20120715_ed  米国のジャズ・マルチ奏者、エリック・ドルフィーの最後のアルバムだ。1964年、オランダでのライブ録音盤である。
 共演は Misja Mengelberg (Piano), Jacques Schols (Bass), Han Bennink (Drums) となっている。共演者はオランダ出身のジャズ・ミュージシャンが中心だ。
 ヨーロッパのミュージシャンと組んでいるせいか、どこかクールな感じの演奏だ。でも、それが何と言えない味を出している。静かな演奏の中に強烈が潜む演奏だ。若くしてのラスト・アルバムは、本人もファンにも辛い出来事だ。
 アルバムは日本フォノグラムによるアナログ盤で保有している。音質は、まずまず良いと思う。ただ、好きなアルバムなだけにオリジナルに近いアナログ盤を探したい。

Amazon

A1. Epistrophy (お勧め)
A2. South Street Exit (お勧め)
A3. The Madrig Speaks, The Panther Walks
B4. Hypochristmutreefuzz
B5. You Don't Know What Love Is
B6. Miss Ann

2012年7月 1日 (日)

ローランド・カーク (Roland Kirk) 「Domino」

20120630_rk  米国のジャズ・マルチ奏者(サックス、フルートなど)、ローランド・カークが1962年に Verve へ録音したアルバムだ。
 共演は Andrew Hill, Wynton Kelly (Piano), Vernon Martin (Bass), Henry Duncan, Roy Haynes (Drums) となっている。
 3つの楽器を同時に吹く特技を持つミュージシャンだ。演奏のアクセントが付き面白い。このアルバムは特に風変わりなところは無く、ごく普通のジャズとして楽しめる。
 アルバムは日本フォノグラムによるアナログ盤で保有している。音質は普通だと思う。

Amazon

A1. Domino
A2. Meeting In Termini's Corner
A3. Time
A4. Lament
A5. A Stritch In Time
B6. 3-In-1 Without The Oil
B7. Get Out Of Town
B8. Rolando
B9. I Believe In You
B10. E.D.

2012年4月21日 (土)

ダイアー・ストレイツ (Dire Straits) 「Archemy」

20120421_ds  英国出身の渋いロック・バンド、ダイアー・ストレイツが1984年に Vertigo より発表したライブ盤だ。アナログ・レコードで2枚組の大作だ。
 オリジナル・メンバーは2人だけになり、いい意味でエンターテイメント性が前面に出てきた演奏になっている。渋いながらも、いい曲をいい演奏で聴かせる。
 アルバムは日本フォノグラムの見本盤で保有している。音質はかなり良い。

Amazon

A1. Once Upon A Time In The West
A2. Romeo And Juliet
B3. Expresso Love (お勧め)
B4. Private Investigations
B5. Sultans Of Swing  (お勧め)
C1. Two Young Lovers
C2. Tunnel Of Love (お勧め)
D3. Telegraph Road (お勧め)
D4. Solid Rock
D5. Going Home - Theme From 'Local Hero'

2012年3月25日 (日)

ヴァン・モリソン (Van Morrison) 「Into The Music」

20120324_vm  北アイルランド出身のシンガー、ヴァン・モリソンの第11作目のアルバムで1979年に Warner Bros. から発表された。
 Them のヴォーカルで認められて以来、ソウルフルな唄を一途に披露してきた。このアルバムは、かなりポップな内容ながら心のこもった唄は健在だ。
 アルバムは日本フォノグラムのアナログ盤で保有している。ちょっと元気のない音色だ。

Amazon

A1. Bright Side Of The Road
A2. Full Force Gale
A3. Stepping Out Queen
A4. Troubadours (お勧め)
A5. Rolling Hills
A6. You Make Me Feel So Free
B7. Angelou
B8. And The Healing Has Begun
B9. It's All In The Game
B10. You Know What they're Writting About

2011年7月23日 (土)

ドヴォルザーク (Antonin Dvorak) 「交響曲第4番 op.13」

 ドヴォルザークの初期の交響曲だ。有名な第9番のような郷愁的なメロディが主体的ではなく、どこかドイツ的な重厚さ・スペクタクルな感じが強い。あまり聴く機会の少ない曲だが、まずまずの内容だと思う。
 指揮はヴィトルド・ロヴィツキ、ロンドン交響楽団の演奏で聴いている。1973年に Philips へ録音されたものだが、日本フォノグラムのアナログ盤で保有している。音質は、まずまず良い。

2011年3月28日 (月)

アフロディテス・チャイルド (Aphrodite's Child) 「666」

20110328_ac  映画音楽の作曲家として有名なヴァンゲリス(Vangelis)が参加していたギリシャのプログレッシブ・ロック・グループ、アフロディテス・チャイルドの大作アルバムだ。アナログ・レコードで2枚組のアルバムで1972年に英国プログレの宝庫 Vertigo レーベルからリリースされた。
 ヴァンゲリスは映画「ブレード・ランナー」「炎のランナー」などで有名で、このブログでも過去に「Spiral」を紹介している。このアフロディテス・チャイルドは当時のギリシャが軍事政権であったことからフランスを拠点に活動していた。
 演奏内容はギリシャ神話を題材にしたコンセプト・アルバムで、民族音楽の影響を受けた曲もあるが、ポップな曲やハードロック風の曲までバラエティに富んでいる。2枚組のヴォリュームだが全体を通して面白く聴ける。なお、女優イレーネ・パパスがヴォイスで参加している C5 は、かなり恐ろしい曲なので最初はヴォリュームを小さくして聴いたほうが良い。
 アルバムは日本フォノグラムによるアナログ盤で保有している。音質は、かなり良いと思う。CD でも2枚組構成となっている。

Amazon

A1. The System
A2. Babylon (お勧め)
A3. Loud, Loud, Loud
A4. The Four Horsemen (お勧め)
A5. The Lamb
A6. The Seventh Seal
B7. Aegian Sea (お勧め)
B8. Seven Bowls
B9. The Wakening Beast
B10. Lament
B11. The Marching Beast
B12. The Battle Of The Locusts
B13. Do It
B14. Tribulation
B15. The Beast
B16. Ofis
C1. Seven Trumpets
C2. Altamont (お勧め)
C3. The Wedding Of The Lamb (お勧め)
C4. The Capture Of The Beast
C5. ∞ (infinity)
C6. Hic And Nunc
D7. All The Seats Were Occupied
D8. Break

2011年2月20日 (日)

ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター (Van Der Graaf Generator) 「Still Life」

20110220_vdgg  ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター(VDGG)の第6作目のアルバムで、1976年に Charisma からリリースされた。
 VDGG の1つの到達点と言えるべきアルバムだと思う。地味目な演奏が多いが、VDGG にしてはメロディアスな曲も多い。なかなかファン以外は、難解さから聴かず嫌いのグループだとは思う。暗く重い曲調も敬遠対象だろう。でも、コアながらも独特で孤高の様式美は気に入ると癖になる。
 アルバムは日本フォノグラムによるアナログ盤で保有している。音質は、あまり良くない感じがする。

Amazon

A1. Pilgrims
A2. Still Life
A3. La Rossa
B4. My Room (Waiting for Wonderland)
B5. Childlike Faith Childchood's End

その他のカテゴリー

00-サイトマップ | 00-レコードのレーベル一覧 | 01-ブリティッシュ・ロック(1960-70年代) | 02-アメリカン・ロック(1960-70年代) | 03-ロック(1980年代以降) | 04-トラッド・フォーク | 05-ユーロ・ロック | 06-ジャズ(米国) | 07-ジャズ(欧州・他) | 08-クラシック | 09-日本のいろいろな音楽 | 10-世界のいろいろな音楽 | 11-メインストリーム(王道系) | 12-プログレッシブ・ロック | 13-ブルース・ロック | 14-エレクトリック・トラッド、プログレッシブ・トラッド | 15-ファンタジック、ヘヴンリー・ヴォイス | 16-フォーク・ロック、オーガニック | 17-シアトリカルな音楽 | 17-陰りのある音楽、地味な音楽 | 18-民族音楽、中世音楽、素朴 | 19-ハードな音楽 | 19-ポップな音楽 | 20-透明感、ひんやり、神々しい | 21-軽快、豪快、メロディアス | 22-シリアス、重厚 | 23-斬新なジャズ・クラシック | 24-正統派ジャズ・クラシック | 25-冗談、ユーモア、パロディ | 26-エクスペリメンタル、ポストロック | 27-エレクトロニカ、クラブ系 | 28-スワンプ、サザン・ロック、パブロック、カントリー | 29-ファンク、レゲエ、ダブ | 30-ダーク、荒涼、へヴィ、奇怪 | 31- KEEF | 32- HIPGNOSIS | 33- Roger Dean | 35-顔ジャケ・人物ジャケ | 36-イラスト人物ジャケ | 37-仮面・化粧・変な顔ジャケ | 38-サングラス・帽子ジャケ | 39-楽器ジャケ | 40-拳ジャケ(身体の一部) | 41-歴史・昔風コスプレ・ジャケ | 42-絶唱・ライブ・ジャケ | 43-サイケデリック・ジャケ | 44-酒・タバコ・葉巻ジャケ | 45-レンガ・石畳・壁ジャケ | 46-室内・部屋ジャケ | 47-建物・街並みジャケ | 48-遺跡・廃墟ジャケ | 49-身近な自然ジャケ | 50-大いなる自然・宇宙ジャケ | 51-ストリート・広場ジャケ | 52-庭・公園ジャケ | 53-食事・宴会ジャケ | 54-炎のジャケ、光のジャケ | 55-ポジネガ・歪んだジャケ | 56-動物ジャケ | 57-花・植物ジャケ | 58-謎の生物・怪獣・妖怪ジャケ | 61-乗り物ジャケ | 62-機械・ロボット・ジャケ | 63-遊び道具ジャケ | 64-食べ物・生活用品ジャケ | 65-ミリタリー・ジャケ | 66-工場・労働者ジャケ | 70-暗めなファンタジック・ジャケ | 71-ファンタジック・ジャケ | 72-SF ジャケ、シュールなジャケ | 73-奇怪なジャケ・呪術的なジャケ | 74-ひょうきんなジャケ | 75-荒涼としたジャケ | 76-可愛いジャケ | 77-人形・彫像ジャケ | 78-セクシーなジャケ | 81-文字ジャケ | 82-グラフィック・ジャケ | 83-エスニック・民族ジャケ | 88-家紋の一覧(神紋、寺紋なども含む) | 89-文様のサンプル | 89-文様の一覧 | 90-写真の一覧 | 90-神社、写真 | 90-神社の一覧 | 91-オーディオ・カートリッジ | 91-レコード用カートリッジ一覧 | 92-レコードの魅力 | 93-レコード店 | 94-サッカー | 95-映画・演劇 | 96-本・雑誌 | 97- IT 関連 | 98-株価指数、為替、投資信託 | 98-経済・資産運用 | 99-健康 | A&M, Ode | ABC, Dunhill | Archiv | Asylum, Geffen | Atlantic (jazz) | Atlantic, Atco | B&C, Pegasus | Blue Horizon, Bronze | Blue Note | Capitol, MCA, MGM | Charisma, Mooncrest | Charlin, Valois, Harmonia Mundi, Arion, Caliope | Chrysalis | Columbia, CBS (jazz) | Columbia, CBS, Epic | Columbia, CBS, Epic (Classic) | Contemporary | Decca, London (Classic) | Decca, Threshold, London | Deram, Nova | deutsche harmonia mundi | ECM, Enja | Elektra, Nonesuch | Elkar, Xoxoa (スペイン:バスク) | EMI, HMV, Angel | Erato | Eterna | Fantasy (OJC) | Grammophon | Harvest, EMI, Columbia, Regal Zonophone | Impulse | Indies Records (チェコ) | Island | Liberty, United Artists | Libra (ギリシャ) | Manticore, Swan Song, Purple | Melodiya, MK (ロシア) | Mercury, EmArcy | Neon | Numero Uno, Ricordi, Cramps | Parlophone, Apple, Odeon | Pathe Marconi | Philips, Fontana (Classic) | Philips, Fontana, PolyGram | Polydor, Marmalade | Prestige, New Jazz, Status | Prikosnovenie (フランス) | Pye, Dawn | RCA | RCA Victor (Classic) | Reprise, Warner Bros. | Riverside, Jazzland | Savoy | Telefunken、Teldec | Track, Reaction | Transatlantic, Topic, Trailer, York | Vanguard | Vertigo, Nepentha | Verve | Virgin, Caroline | Westminster, Vox | クラシックの諸レーベル | ジャズの諸レーベル | ヨーロッパのロック系レーベル | 再発盤レーベル (Jazz, Classic) | 再発盤レーベル (Rock) | 日本のその他のレーベル | 日本: Speedstar | 日本:キング・レコード, ベルウッド | 日本:コロムビア, Denon | 日本:ソニー | 日本:テイチク | 日本:トリオ (Trio) | 日本:ビクター, RVC | 日本:フォノグラム、フィリップス | 日本:ポリドール、グラモフォン | 日本:ワーナー・パイオニア | 日本:東芝音楽工業, 東芝 EMI | 米国のロック系レーベル | 米国の新興レーベル | 英国のロック系レーベル | 英国の新興レーベル

最近のトラックバック

ウェブページ