カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「日本:ワーナー・パイオニア」の20件の記事

2015年12月 2日 (水)

ニール・ヤング (Neil Young) 「Zuma」

20151202_ny  カナダ出身のロック・ミュージシャン、ニール・ヤングが1975年に Reprise から発表した第7作目のアルバムだ。
 クレイジー・ホースをバックに、引きずるようなへヴィーさと優しくメロディアスな曲がバランス良く収録されたアルバムだ。彼のアルバムの中では地味な扱いだが、とても内容が良い。
 アルバムは日本ワーナー・パイオニアによるアナログ盤で保有している。音質は普通だと思う。
 
 

2015年11月23日 (月)

ニール・ヤング (Neil Young) 「Harvest」

20151123_ny  カナダ出身のロック・ミュージシャン、ニール・ヤングが1972年に Reprise から発表した第4作目のアルバムだ。
 フォークやカントリーなど、メロディアスな曲が多い。セカンドからこの第4作目は、ニール・ヤングの1つの頂点の時期で、とても聴き応えのある曲が多い。
 アルバムは日本ワーナー・パイオニアによるアナログ盤で保有している。音質は、かなり良いと思う。日本ワーナー・パイオニアのP8000番台のアナログ盤は骨太な音色で良いと思う。オビ無しなら安く購入できるのでお勧めだ。
 
 

2015年5月 1日 (金)

ジェスロ・タル (Jethro Tull) 「Thick As A Brick」

20150430_jt  英国のロック・バンド、ジェスロ・タルが1972年に Chrysalis から発表した第5作目のアルバムだ。
 アナログ盤のA面B面を通したコンセプト・アルバムで、物語仕立ての組曲を一気に聴かせる。ロック・フォーク・プログレを織り交ぜた演奏は素晴らしい。
 アルバムはワーナー・パイオニアによるアナログ盤で保有している。青ラベルの見本盤で音質は、かなり良いと思う。
 
 

2015年4月 7日 (火)

ジェスロ・タル (Jethro Tull) 「Stand Up」

20150407_jt  英国のロック・バンド、ジェスロ・タルが1969年に Island から発表したセカンド・アルバムだ。
 ファーストはブルースロック・ロック色の強い演奏だったが、このセカンドはブルースロックにジャズ・クラシック・フォークなどを織り交ぜて、所謂、ジェスロ・タル・サウンドを確立させる過程の演奏集だ。内容がいいので聴き応えはある。
 アルバムは日本ワーナー・パイオニアによるアナログ盤で保有している。青ラベルの見本盤で音質は、かなり良いと思う。
 
 

2015年4月 4日 (土)

ジェスロ・タル (Jethro Tull) 「This Was」

20150404_jt  英国のロック・バンド、ジェスロ・タルが1968年に Island から発表したファースト・アルバムだ。
 このファースト・アルバムはブルース・ロックを基本とした演奏である。それでも彼等の特徴であるフォークを織り交ぜた演奏も聴かれる。ブルースロックらしい粘り気のある演奏が素晴らしい。
 アルバムは日本ワーナーパイオニアによるアナログ盤で保有している。青いラベルの見本盤で、音質はかなり良い。ステレオ盤だが左右の振り分けが極端なので、やはり一般的に評価の高いモノラル盤が良さそうだ。
 
 

2014年8月 8日 (金)

ラトルズ 「Rutles ラトルズがやって来た オール・ユー・ニード・イズ・キャッシュ(四人もアイドル)」

20140808_ru  英国のコメディ・グループ、モンティ・パイソンによるビートルズのパロディ・アルバムだ。1978年に Warner Bros. から発表された。
 ビートルズ・ファンなら大爆笑のアルバムだ。ビートルズのパロディ曲が、これでもかと演奏されている。もう、見事の一言だ。
 アルバムはワーナー・パイオニアによるアナログ盤で保有している。解説書なども笑える内容だ。
 
 

2013年6月20日 (木)

オーネット・コールマン (Ornette Coleman) 「Free Jazz」

20130620_oc  米国のジャズ・サックス奏者、オーネット・コールマンが1960年に Atlantic へ録音したアルバムだ。
 左右のチャンネルにカルテットが演奏する斬新な構成で、左側はオーネットに加えて Don Cherry (Pocket Trumpet), Scott LaFaro (Bass), Billy Higgins (Drums)、右側は Eric Dolphy (Bass Claeinet), Freddie Hubbard (Trumpet), Charlie Haden (Bass), Ed Backwell (Drums) となっている。
 左右のスピーカーから別々の演奏が繰り広げられるが、なかなか調和はあると思う。ただし、ちょっとうるさいかも?
 アルバムは日本のワーナー・パイオニアによるアナログ盤で保有している。音質はイマイチかも?

Amazon

A1. Free Jazz Part 1
B1. Free Jazz Part 2

2013年6月 2日 (日)

オーネット・コールマン (Ornette Coleman) 「To Whom Who Keeps A Record」

20130602_oc  米国のジャズ・サックス奏者、オーネット・コールマンが1959年-60年に Atlantic へ録音した未発表曲を、1975年に日本ワーナー・パイオニアがリリースしたアルバムだ。
 共演は、この時期のレギュラーである Don Cherry (Cornet, Trumpet), Charlie Haden (Bass), Billy Higgins (Drums) だ。
 フリー・ジャズの黎明期における未発表曲集だ。今の耳で聴くと、クールなジャズという感じが強い。聴かず嫌いの人もいるようだが、結構、面白いと思う。
 アルバムはアナログ盤で保有している。音質は、ちょっと良くないかも? 現在ではCDでも発売されている。

Amazon

A1. Music Always
A2. Brings Goodness
A3. To Us
A4. All
B5. P.S. Unless One Has (Blues Connotation No.2)
B6. Some Other
B7. Motive For Its Use

2013年5月19日 (日)

アーロ・ガスリー (Arlo Guthrie) 「Last of The Brooklyn Cowboys」

20130519_ag  米国のSSW、アーロ・ガスリーが1973年に Rising Son から発表したアルバムだ。
 カントリー色が強くなった演奏で、リラックスした感じだが、真摯な姿勢も感じられる内容だ。ライ・クーダーが参加し、独特のギターを聴かせる。
 アルバムはワーナー・パイオニアによる見本盤で保有している。音質は、とても良い。

Amazon

A1. Farrell O'Gara
A2. Gypsy Davy
A3. This Troubled Mind O' Mine
A4. Week On The Rag
A5. Miss The Mississippi & You
A6. Lovesick Blues
A7. Uncle Jeff
B8. Gates Of Eden
B9. Last Train
B10. Cowboy Song
B11. Sailor's Bonnett
B12. Cooper's Lament
B13. Ramblin' Round

2013年5月10日 (金)

アーロ・ガスリー 「Arlo Guthrie」

20130510_ag  米国のカントリー・フォーク・シンガー、アーロ・ガスリーが1974年に Reprise 傘下の Rising Son から発表したアルバムだ。
 フォークロック、カントリー、ソウルフルな曲など、かなりバラエティに富んだ内容だ。全体的にはポップで軽めな感じの曲が多いと思う。
 アルバムは日本ワーナー・パイオニアによるアナログ盤で保有している。音質は普通だと思う。

Amazon

A1. Won't Be Long
A2. Presidential Rag (お勧め)
A3. Deportees (Plane Wreck At Los Gatos)
A4. Children Of Abraham
A5. Nostalgia Rag
B6. When The Cactus Is In Bloom
B7. Me And My Goose
B8. Bling Blang
B9. Go Down Moses
B10. Hard Times
B11. Last To Leave

その他のカテゴリー

00-サイトマップ | 00-レコードのレーベル一覧 | 01-ブリティッシュ・ロック(1960-70年代) | 02-アメリカン・ロック(1960-70年代) | 03-ロック(1980年代以降) | 04-トラッド・フォーク | 05-ユーロ・ロック | 06-ジャズ(米国) | 07-ジャズ(欧州・他) | 08-クラシック | 09-日本のいろいろな音楽 | 10-世界のいろいろな音楽 | 11-メインストリーム(王道系) | 12-プログレッシブ・ロック | 13-ブルース・ロック | 14-エレクトリック・トラッド、プログレッシブ・トラッド | 15-ファンタジック、ヘヴンリー・ヴォイス | 16-フォーク・ロック、オーガニック | 17-シアトリカルな音楽 | 17-陰りのある音楽、地味な音楽 | 18-民族音楽、中世音楽、素朴 | 19-ハードな音楽 | 19-ポップな音楽 | 20-透明感、ひんやり、神々しい | 21-軽快、豪快、メロディアス | 22-シリアス、重厚 | 23-斬新なジャズ・クラシック | 24-正統派ジャズ・クラシック | 25-冗談、ユーモア、パロディ | 26-エクスペリメンタル、ポストロック | 27-エレクトロニカ、クラブ系 | 28-スワンプ、サザン・ロック、パブロック、カントリー | 29-ファンク、レゲエ、ダブ | 30-ダーク、荒涼、へヴィ、奇怪 | 31- KEEF | 32- HIPGNOSIS | 33- Roger Dean | 35-顔ジャケ・人物ジャケ | 36-イラスト人物ジャケ | 37-仮面・化粧・変な顔ジャケ | 38-サングラス・帽子ジャケ | 39-楽器ジャケ | 40-拳ジャケ(身体の一部) | 41-歴史・昔風コスプレ・ジャケ | 42-絶唱・ライブ・ジャケ | 43-サイケデリック・ジャケ | 44-酒・タバコ・葉巻ジャケ | 45-レンガ・石畳・壁ジャケ | 46-室内・部屋ジャケ | 47-建物・街並みジャケ | 48-遺跡・廃墟ジャケ | 49-身近な自然ジャケ | 50-大いなる自然・宇宙ジャケ | 51-ストリート・広場ジャケ | 52-庭・公園ジャケ | 53-食事・宴会ジャケ | 54-炎のジャケ、光のジャケ | 55-ポジネガ・歪んだジャケ | 56-動物ジャケ | 57-花・植物ジャケ | 58-謎の生物・怪獣・妖怪ジャケ | 61-乗り物ジャケ | 62-機械・ロボット・ジャケ | 63-遊び道具ジャケ | 64-食べ物・生活用品ジャケ | 65-ミリタリー・ジャケ | 66-工場・労働者ジャケ | 70-暗めなファンタジック・ジャケ | 71-ファンタジック・ジャケ | 72-SF ジャケ、シュールなジャケ | 73-奇怪なジャケ・呪術的なジャケ | 74-ひょうきんなジャケ | 75-荒涼としたジャケ | 76-可愛いジャケ | 77-人形・彫像ジャケ | 78-セクシーなジャケ | 81-文字ジャケ | 82-グラフィック・ジャケ | 83-エスニック・民族ジャケ | 88-家紋の一覧(神紋、寺紋なども含む) | 89-文様のサンプル | 89-文様の一覧 | 90-写真の一覧 | 90-神社、写真 | 90-神社の一覧 | 91-オーディオ・カートリッジ | 91-レコード用カートリッジ一覧 | 92-レコードの魅力 | 93-レコード店 | 94-サッカー | 95-映画・演劇 | 96-本・雑誌 | 97- IT 関連 | 98-株価指数、為替、投資信託 | 98-経済・資産運用 | 99-健康 | A&M, Ode | ABC, Dunhill | Archiv | Asylum, Geffen | Atlantic (jazz) | Atlantic, Atco | B&C, Pegasus | Blue Horizon, Bronze | Blue Note | Capitol, MCA, MGM | Charisma, Mooncrest | Charlin, Valois, Harmonia Mundi, Arion, Caliope | Chrysalis | Columbia, CBS (jazz) | Columbia, CBS, Epic | Columbia, CBS, Epic (Classic) | Contemporary | Decca, London (Classic) | Decca, Threshold, London | Deram, Nova | deutsche harmonia mundi | ECM, Enja | Elektra, Nonesuch | Elkar, Xoxoa (スペイン:バスク) | EMI, HMV, Angel | Erato | Eterna | Fantasy (OJC) | Grammophon | Harvest, EMI, Columbia, Regal Zonophone | Impulse | Indies Records (チェコ) | Island | Liberty, United Artists | Libra (ギリシャ) | Manticore, Swan Song, Purple | Melodiya, MK (ロシア) | Mercury, EmArcy | Neon | Numero Uno, Ricordi, Cramps | Parlophone, Apple, Odeon | Pathe Marconi | Philips, Fontana (Classic) | Philips, Fontana, PolyGram | Polydor, Marmalade | Prestige, New Jazz, Status | Prikosnovenie (フランス) | Pye, Dawn | RCA | RCA Victor (Classic) | Reprise, Warner Bros. | Riverside, Jazzland | Savoy | Telefunken、Teldec | Track, Reaction | Transatlantic, Topic, Trailer, York | Vanguard | Vertigo, Nepentha | Verve | Virgin, Caroline | Westminster, Vox | クラシックの諸レーベル | ジャズの諸レーベル | ヨーロッパのロック系レーベル | 再発盤レーベル (Jazz, Classic) | 再発盤レーベル (Rock) | 日本のその他のレーベル | 日本: Speedstar | 日本:キング・レコード, ベルウッド | 日本:コロムビア, Denon | 日本:ソニー | 日本:テイチク | 日本:トリオ (Trio) | 日本:ビクター, RVC | 日本:フォノグラム、フィリップス | 日本:ポリドール、グラモフォン | 日本:ワーナー・パイオニア | 日本:東芝音楽工業, 東芝 EMI | 米国のロック系レーベル | 米国の新興レーベル | 英国のロック系レーベル | 英国の新興レーベル

最近のトラックバック

ウェブページ