カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「72-SF ジャケ、シュールなジャケ」の41件の記事

2017年7月17日 (月)

チャールズ・ミンガス (Charles Mingus) 「Pithecanthropus Erectus」

20170717_cm  米国のジャズ・ベース奏者、チャールズ・ミンガスが1956年に Atlantic へ録音したアルバムだ。
 共演は Jackie McLean (alto sax), J. R. Monterose (tenor sax), Mal Waldron (piano), Willie Jones (drums) である。
 アグレッシブで骨太な演奏だが、その斬新さは今でも衰えないジャズの名盤の1枚だ。
 アルバムは日本グラモフォンによるモノラルのアナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 

2016年12月28日 (水)

ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター (Van Der Graaf Generator) 「H to He, Who Am the Only One」

20161228_vdgg  英国のシアトリカルなプログレッシブ・ロック・バンド、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターが1970年に Charisma から発表したサード・アルバムだ。
 ダークさと耽美さが合わさった演奏を提供する。独特の世界観が確立した傑作アルバムだろう。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年12月17日 (土)

ヴァンゲリス (Vangelis) 「Albedo 0.39」

20161217_va  ギリシャの作曲家・キーボード奏者、ヴァンゲリスが1976年に RCA から発表したアルバムだ。
 彼の代表的なアルバムだろう。印象的な曲はTV番組でも頻繁に使われた。シンセサイザーによる未来派ミュージックと地中海音楽を融合させた演奏は面白い。
 アルバムは日本 RVC によるアナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 

2016年10月30日 (日)

ヴァンゲリス (Vangelis) 「Heaven And Hell」

20161030_va  ギリシャのキーボード奏者、ヴァンゲリスが1975年に RCA から発表したアルバムっだ。
 元アフロディテス・チャイルドのメンバーで、後に映画音楽の巨匠となるヴァンゲリスのアルバムだ。壮大なスケールを誇るシンセサイザー・ミュージックとなっている。イエスのジョン・アンダーソンがヴォーカルで参加している。
 アルバムは日本 RVC によるアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年9月 9日 (金)

ルネッサンス (Renaissance) 「Prologue」

20160909_re2  英国のクラシカルなプログレッシブ・ロック・バンド、ルネッサンスが1972年に Sovereign から発表したサード・アルバムだ。
 前作までのメンバーが全て入れ替わった第二期ルネッサンスの第一作目のアルバムだ。クラシックとフォークを基盤としたプログレは、言葉としては前作と同じだが、前作が渋く陰影感がある演奏とすれば、第二期ルネッサンスは華麗さと花があるという感じだ。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 

2016年8月27日 (土)

ルネッサンス 「Renaissance」

20160827_re  英国のフォークロック・バンド、ルネッサンスが1969年に Island から発表したファースト・アルバムだ。
 ヤードバーズの Vo を担当していたキース・レルフが結成したバンドだ。サード・アルバムよりメンバーが一新した第二期が有名でもある。
 ファーストとセカンド・アルバムはキース・レルフが中心で、フォークロックにクラックやジャズの要素を合わせてプログレ風の曲も展開している。それでも中心はアコースティックなフォークロックで、内容も良い。このファーストとセカンドは個人的にはお気に入りのアルバムだ。
 アルバムは英国プレス(セカンドプレス以降)で保有している。音質は良いと思う。
 
 
B3. Island
B5. Bulle

ボストン (Boston) 「Don't Look Back」

20160827_bo  米国のロック・バンド、ボストンが1978年に Epic から発表したセカンド・アルバムだ。
 スペーシーで壮大ながらもポップな楽曲で人気が高いボストンのセカンド・アルバムだ。軽快さ華麗さが合わさった演奏は今も色褪せない。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年8月14日 (日)

ラマセス (Ramases) 「Space Hymns」

20160814_ra  英国のプログレッシブ・ロック・バンド、ラマセスが1971年に Vertigo から発表したファースト・アルバムだ。
 Ramases と Sel の夫婦によるユニットだが、バックに 10CC のメンバーが参加している。スペーシーなプログレとサイケ風味のアングラ色が混在した風変わりな音楽だ。10CC の斬新なポップセンスは影が薄い。それでも全体的には面白く聴かせる。
 アルバムは再発のアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年8月12日 (金)

チック・コリア (Chick Corea) 「The Song of Singing」

20160812_cc  米国のジャズ・ピアニスト、チック・コリアが1970年に Blue Note へ録音したアルバムだ。
 共演は David Holland (Bass), Barry Altschul (Drums) である。
 チック・コリア特有の、いい意味での聴き易さと、実験的な内容が融合した力作だ。
 アルバムは日本キング・レコードによるアナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 
A2. Ballad I
A3. Rhymes
B4. Flesh
B5. Ballad III

2016年7月10日 (日)

ピンク・フロイド (Pink Floyd) 「Wish You Were Here」 

20160710_pf  英国を代表するプログレッシブ・ロック・バンド、ピンク・フロイドが1975年に Harvest から発表した第9作目のアルバムだ。
 前作の大ヒット・アルバム「狂気」の次のアルバムだ。ちょっと渋めの内容だが、B1, B2 の唄が素晴らしい。他はSFの風味がある内容となっている。個人的には好きなアルバムだ。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 
A1. Shine On You Crazy Diamond (Pt. 1 / Pt. 2 / Pt. 3 / Pt. 4 / Pt. 5)
B5. Shine On You Crazy Diamond (Pt. 6 / Pt. 7 / Pt. 8 / Pt. 9)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00-サイトマップ | 00-レコードのレーベル一覧 | 01-ブリティッシュ・ロック(1960-70年代) | 02-アメリカン・ロック(1960-70年代) | 03-ロック(1980年代以降) | 04-トラッド・フォーク | 05-ユーロ・ロック | 06-ジャズ(米国) | 07-ジャズ(欧州・他) | 08-クラシック | 09-日本のいろいろな音楽 | 10-世界のいろいろな音楽 | 11-メインストリーム(王道系) | 12-プログレッシブ・ロック | 13-ブルース・ロック | 14-エレクトリック・トラッド、プログレッシブ・トラッド | 15-ファンタジック、ヘヴンリー・ヴォイス | 16-フォーク・ロック、オーガニック | 17-シアトリカルな音楽 | 17-陰りのある音楽、地味な音楽 | 18-民族音楽、中世音楽、素朴 | 19-ハードな音楽 | 19-ポップな音楽 | 20-透明感、ひんやり、神々しい | 21-軽快、豪快、メロディアス | 22-シリアス、重厚 | 23-斬新なジャズ・クラシック | 24-正統派ジャズ・クラシック | 25-冗談、ユーモア、パロディ | 26-エクスペリメンタル、ポストロック | 27-エレクトロニカ、クラブ系 | 28-スワンプ、サザン・ロック、パブロック、カントリー | 29-ファンク、レゲエ、ダブ | 30-ダーク、荒涼、へヴィ、奇怪 | 31- KEEF | 32- HIPGNOSIS | 33- Roger Dean | 35-顔ジャケ・人物ジャケ | 36-イラスト人物ジャケ | 37-仮面・化粧・変な顔ジャケ | 38-サングラス・帽子ジャケ | 39-楽器ジャケ | 40-拳ジャケ(身体の一部) | 41-歴史・昔風コスプレ・ジャケ | 42-絶唱・ライブ・ジャケ | 43-サイケデリック・ジャケ | 44-酒・タバコ・葉巻ジャケ | 45-レンガ・石畳・壁ジャケ | 46-室内・部屋ジャケ | 47-建物・街並みジャケ | 48-遺跡・廃墟ジャケ | 49-身近な自然ジャケ | 50-大いなる自然・宇宙ジャケ | 51-ストリート・広場ジャケ | 52-庭・公園ジャケ | 53-食事・宴会ジャケ | 54-炎のジャケ、光のジャケ | 55-ポジネガ・歪んだジャケ | 56-動物ジャケ | 57-花・植物ジャケ | 58-謎の生物・怪獣・妖怪ジャケ | 61-乗り物ジャケ | 62-機械・ロボット・ジャケ | 63-遊び道具ジャケ | 64-食べ物・生活用品ジャケ | 65-ミリタリー・ジャケ | 66-工場・労働者ジャケ | 70-暗めなファンタジック・ジャケ | 71-ファンタジック・ジャケ | 72-SF ジャケ、シュールなジャケ | 73-奇怪なジャケ・呪術的なジャケ | 74-ひょうきんなジャケ | 75-荒涼としたジャケ | 76-可愛いジャケ | 77-人形・彫像ジャケ | 78-セクシーなジャケ | 81-文字ジャケ | 82-グラフィック・ジャケ | 83-エスニック・民族ジャケ | 88-家紋の一覧(神紋、寺紋なども含む) | 89-文様のサンプル | 89-文様の一覧 | 90-写真の一覧 | 90-神社、写真 | 90-神社の一覧 | 91-オーディオ・カートリッジ | 91-レコード用カートリッジ一覧 | 92-レコードの魅力 | 93-レコード店 | 94-サッカー | 95-映画・演劇 | 96-本・雑誌 | 97- IT 関連 | 98-株価指数、為替、投資信託 | 98-経済・資産運用 | 99-健康 | A&M, Ode | ABC, Dunhill | Archiv | Asylum, Geffen | Atlantic (jazz) | Atlantic, Atco | B&C, Pegasus | Blue Horizon, Bronze | Blue Note | Capitol, MCA, MGM | Charisma, Mooncrest | Charlin, Valois, Harmonia Mundi, Arion, Caliope | Chrysalis | Columbia, CBS (jazz) | Columbia, CBS, Epic | Columbia, CBS, Epic (Classic) | Contemporary | Decca, London (Classic) | Decca, Threshold, London | Deram, Nova | deutsche harmonia mundi | ECM, Enja | Elektra, Nonesuch | Elkar, Xoxoa (スペイン:バスク) | EMI, HMV, Angel | Erato | Eterna | Fantasy (OJC) | Grammophon | Harvest, EMI, Columbia, Regal Zonophone | Impulse | Indies Records (チェコ) | Island | Liberty, United Artists | Libra (ギリシャ) | Manticore, Swan Song, Purple | Melodiya, MK (ロシア) | Mercury, EmArcy | Neon | Numero Uno, Ricordi, Cramps | Parlophone, Apple, Odeon | Pathe Marconi | Philips, Fontana (Classic) | Philips, Fontana, PolyGram | Polydor, Marmalade | Prestige, New Jazz, Status | Prikosnovenie (フランス) | Pye, Dawn | RCA | RCA Victor (Classic) | Reprise, Warner Bros. | Riverside, Jazzland | Savoy | Telefunken、Teldec | Track, Reaction | Transatlantic, Topic, Trailer, York | Vanguard | Vertigo, Nepentha | Verve | Virgin, Caroline | Westminster, Vox | クラシックの諸レーベル | ジャズの諸レーベル | ヨーロッパのロック系レーベル | 再発盤レーベル (Jazz, Classic) | 再発盤レーベル (Rock) | 日本のその他のレーベル | 日本: Speedstar | 日本:キング・レコード, ベルウッド | 日本:コロムビア, Denon | 日本:ソニー | 日本:テイチク | 日本:トリオ (Trio) | 日本:ビクター, RVC | 日本:フォノグラム、フィリップス | 日本:ポリドール、グラモフォン | 日本:ワーナー・パイオニア | 日本:東芝音楽工業, 東芝 EMI | 米国のロック系レーベル | 米国の新興レーベル | 英国のロック系レーベル | 英国の新興レーベル

最近のトラックバック

ウェブページ