カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「61-乗り物ジャケ」の35件の記事

2016年12月27日 (火)

ウィッシュボーン・アッシュ (Wishbone Ash) 「Live Dates」

20161226_wa  英国のロック・バンド、ウィッシュボーン・アッシュが1973年に MCA から発表したライブ盤だ。アナログ盤で2枚組の大作だ。
 スタジオ・アルバムからの代表的な曲を網羅したベスト盤的なライブだ。哀愁感あるロックが素晴らしい。充実したライブだと思う。
 アルバムはドイツ・プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年12月17日 (土)

ウィル・ブールウェア (Will Boulware) 「Take Five」

20161217_wb  米国のジャズ・ピアニスト、ウィル・ブールウェアが2004年に Eighty-Eight's へ録音したアルバムだ。
 共演は Richard Bona (Electric Bass), Lonnie Plaxico (Bass), Billy Kilson (Drums) である。
 洗練さとリリカルさが合わさった都会的な演奏を聴かせる。リズム感もあり現代ジャズらしい演奏が楽しめる。
 アルバムは日本プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 
2. Very Early
3. You Are Too Beautiful
4. Be Ready
5. Body And Soul
6. Jingle
7. Wonder
8. How Deep Is The Ocean
9. Invitation

2016年6月25日 (土)

ブライアン・オーガーズ・オブリビオン・エキスプレス (Brian Auger's Oblivion Express) 「Straight Ahead」

20160625_ba  英国出身のロック・ジャズ系キーボード奏者、ブライアン・オーガーとそのバンドが1975年に RCA から発表したアルバムだ。
 ジャズ・フュージョン色が強く、かつての粘り気のある熱い演奏から、どちらかというとスマートな感じの演奏となっている。それでも、フュージョン・ロック・ソウルなどが混在した演奏は面白い。
 
 

2016年5月15日 (日)

プレインソング (Plainsong) 「In Search of Amelia Earhart」

20160515_ps  英国のフォークロック・バンド、プレインソングが1972年に Elektra から発表した唯一のアルバムだ。
 イアン・マシューズ、アンディ・ロバーツを中心に結成されたバンドだ。2人の特徴である優しさが継承された、品のあるフォークロックが提供される。英国らしい陰影さと米国の明るさが見事にマッチした傑作アルバムとなっている。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
、、、
 

2016年4月24日 (日)

マイルス・デイヴィス (Miles Davis) 「Jack Johnson」

20160424_md  米国のジャズ・トランペット奏者、マイルス・デイヴィスが1970年に Columbia へ録音したアルバムだ。
 共演は Herb Hancock (Keyboard), John McLaughlin (Guitar), Steve Grossman (Saxphone), Bill Cobham (Drums), Michael Henderson (Fender Bass) である。
 強烈なロック・ビートによる演奏が凄い。ジョン・マクラフリンのカッティング・ギターがカッコいい。全体的にミドル・テンポの演奏だが、そのビートのリズムに酔う。
 アルバムは米国プレスの再発アナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年3月 5日 (土)

ドゥービー・ブラザーズ (Doobie Brothers) 「The Captain and Me」

20160305_db  米国のロック・バンド、ドゥービー・ブラザーズが1973年に Warner Bros. から発表したサード・アルバムだ。

 爽やかさと力強さ、繊細さやポップさが混在した傑作アルバムだ。A面の1曲目から3曲目までのヒット曲を含め、全体が素晴らしい。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年2月14日 (日)

サイモン & ガーファンクル (Simon & Garfunkel) 「Wednesday Morning, 3 A.M.」

20160214_sg  米国のフォーク・デュオ、サイモン & ガーファンクルが1964年に Columbia から発表したファースト・アルバムだ。
 ポール・サイモンのアコースティック・ギターをバックに2人のハーモニーで構成されるシンプルで美しい演奏を披露する。全体的には地味な感じだが、米国の古き良き時代を表現している感じだ。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2015年8月 1日 (土)

デラニー & ボニー (Delaney & Bonnie) 「On Tour with Eric Clapton」

20150801_db  米国のソウルフルなデュオ、デラニー & ボニーが1970年に Atco から発表したライブ・アルバムだ。エリック・クラプトンが参加している。
 米国南部のスワンプロック、ソウルなどを取り入れた熱くもご機嫌なサウンドを提供する。クラプトンのギターはもちろん、演奏も素晴らしい。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思うが、音のパワー感がある。
 
 

2015年5月21日 (木)

レッド・ツェッペリン 「Led Zeppelin」

20150521_lz  英国のロック・バンド、レッド・ツェッペリンが1969年に Atlantic から発表したファースト・アルバムだ。
 スケール感の大きい骨太なハードロックやブルースに度肝を抜かれる歴史的なデビュー・アルバムだ。メンバー4人によるアンサンブルも良く素晴らしい内容だ。また、アコースティックな曲にも独特の味がある。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は、かなり良いと思う。
 
 

2015年2月11日 (水)

ジミー・スミス (Jimmy Smith) 「Midnight Special」

20150211_js  米国のジャズ・オルガン奏者、ジミー・スミスが1960年に Blue Note へ録音したアルバムだ。
 共演は Stanley Turrentine (Tenor Sax), Kenny Burrell (Guitar), Donald Bailey (Drums) である。
 A1 のタイトル曲は、ミドルテンポの濃いブルースで聴かせる。タバコの煙と酒の匂いを感じさせる硬派ブルース・ジャズだ。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は、とても良い。
 
 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00-サイトマップ | 00-レコードのレーベル一覧 | 01-ブリティッシュ・ロック(1960-70年代) | 02-アメリカン・ロック(1960-70年代) | 03-ロック(1980年代以降) | 04-トラッド・フォーク | 05-ユーロ・ロック | 06-ジャズ(米国) | 07-ジャズ(欧州・他) | 08-クラシック | 09-日本のいろいろな音楽 | 10-世界のいろいろな音楽 | 11-メインストリーム(王道系) | 12-プログレッシブ・ロック | 13-ブルース・ロック | 14-エレクトリック・トラッド、プログレッシブ・トラッド | 15-ファンタジック、ヘヴンリー・ヴォイス | 16-フォーク・ロック、オーガニック | 17-シアトリカルな音楽 | 17-陰りのある音楽、地味な音楽 | 18-民族音楽、中世音楽、素朴 | 19-ハードな音楽 | 19-ポップな音楽 | 20-透明感、ひんやり、神々しい | 21-軽快、豪快、メロディアス | 22-シリアス、重厚 | 23-斬新なジャズ・クラシック | 24-正統派ジャズ・クラシック | 25-冗談、ユーモア、パロディ | 26-エクスペリメンタル、ポストロック | 27-エレクトロニカ、クラブ系 | 28-スワンプ、サザン・ロック、パブロック、カントリー | 29-ファンク、レゲエ、ダブ | 30-ダーク、荒涼、へヴィ、奇怪 | 31- KEEF | 32- HIPGNOSIS | 33- Roger Dean | 35-顔ジャケ・人物ジャケ | 36-イラスト人物ジャケ | 37-仮面・化粧・変な顔ジャケ | 38-サングラス・帽子ジャケ | 39-楽器ジャケ | 40-拳ジャケ(身体の一部) | 41-歴史・昔風コスプレ・ジャケ | 42-絶唱・ライブ・ジャケ | 43-サイケデリック・ジャケ | 44-酒・タバコ・葉巻ジャケ | 45-レンガ・石畳・壁ジャケ | 46-室内・部屋ジャケ | 47-建物・街並みジャケ | 48-遺跡・廃墟ジャケ | 49-身近な自然ジャケ | 50-大いなる自然・宇宙ジャケ | 51-ストリート・広場ジャケ | 52-庭・公園ジャケ | 53-食事・宴会ジャケ | 54-炎のジャケ、光のジャケ | 55-ポジネガ・歪んだジャケ | 56-動物ジャケ | 57-花・植物ジャケ | 58-謎の生物・怪獣・妖怪ジャケ | 61-乗り物ジャケ | 62-機械・ロボット・ジャケ | 63-遊び道具ジャケ | 64-食べ物・生活用品ジャケ | 65-ミリタリー・ジャケ | 66-工場・労働者ジャケ | 70-暗めなファンタジック・ジャケ | 71-ファンタジック・ジャケ | 72-SF ジャケ、シュールなジャケ | 73-奇怪なジャケ・呪術的なジャケ | 74-ひょうきんなジャケ | 75-荒涼としたジャケ | 76-可愛いジャケ | 77-人形・彫像ジャケ | 78-セクシーなジャケ | 81-文字ジャケ | 82-グラフィック・ジャケ | 83-エスニック・民族ジャケ | 88-家紋の一覧(神紋、寺紋なども含む) | 89-文様のサンプル | 89-文様の一覧 | 90-写真の一覧 | 90-神社、写真 | 90-神社の一覧 | 91-オーディオ・カートリッジ | 91-レコード用カートリッジ一覧 | 92-レコードの魅力 | 93-レコード店 | 94-サッカー | 95-映画・演劇 | 96-本・雑誌 | 97- IT 関連 | 98-株価指数、為替、投資信託 | 98-経済・資産運用 | 99-健康 | A&M, Ode | ABC, Dunhill | Archiv | Asylum, Geffen | Atlantic (jazz) | Atlantic, Atco | B&C, Pegasus | Blue Horizon, Bronze | Blue Note | Capitol, MCA, MGM | Charisma, Mooncrest | Charlin, Valois, Harmonia Mundi, Arion, Caliope | Chrysalis | Columbia, CBS (jazz) | Columbia, CBS, Epic | Columbia, CBS, Epic (Classic) | Contemporary | Decca, London (Classic) | Decca, Threshold, London | Deram, Nova | deutsche harmonia mundi | ECM, Enja | Elektra, Nonesuch | Elkar, Xoxoa (スペイン:バスク) | EMI, HMV, Angel | Erato | Eterna | Fantasy (OJC) | Grammophon | Harvest, EMI, Columbia, Regal Zonophone | Impulse | Indies Records (チェコ) | Island | Liberty, United Artists | Libra (ギリシャ) | Manticore, Swan Song, Purple | Melodiya, MK (ロシア) | Mercury, EmArcy | Neon | Numero Uno, Ricordi, Cramps | Parlophone, Apple, Odeon | Pathe Marconi | Philips, Fontana (Classic) | Philips, Fontana, PolyGram | Polydor, Marmalade | Prestige, New Jazz, Status | Prikosnovenie (フランス) | Pye, Dawn | RCA | RCA Victor (Classic) | Reprise, Warner Bros. | Riverside, Jazzland | Savoy | Telefunken、Teldec | Track, Reaction | Transatlantic, Topic, Trailer, York | Vanguard | Vertigo, Nepentha | Verve | Virgin, Caroline | Westminster, Vox | クラシックの諸レーベル | ジャズの諸レーベル | ヨーロッパのロック系レーベル | 再発盤レーベル (Jazz, Classic) | 再発盤レーベル (Rock) | 日本のその他のレーベル | 日本: Speedstar | 日本:キング・レコード, ベルウッド | 日本:コロムビア, Denon | 日本:ソニー | 日本:テイチク | 日本:トリオ (Trio) | 日本:ビクター, RVC | 日本:フォノグラム、フィリップス | 日本:ポリドール、グラモフォン | 日本:ワーナー・パイオニア | 日本:東芝音楽工業, 東芝 EMI | 米国のロック系レーベル | 米国の新興レーベル | 英国のロック系レーベル | 英国の新興レーベル

最近のトラックバック

ウェブページ