カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「53-食事・宴会ジャケ」の6件の記事

2016年11月 6日 (日)

トラフィック (Traffic) 「Welcome To The Canteen」

20161106_tf  英国のロック・バンド、トラフィックが1971年に Island から発表したライブ盤だ。
 初期メンバーだったデイヴ・メイソンが復帰、新たにベース・ドラムス・パーカッションが加わった7人編成でのライブで、渋いながらも今でも色あせない音楽を披露している。充実したライブだ。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年8月27日 (土)

スプリガンズ (Spriguns) 「Time Will Pass」

20160827_sp  英国のフォークロック・バンド、スプリガンズが1977年に Decca から発表したセカンド・アルバムだ。
 女性Vo であるマンディ・モートンを中心としたバンドだ。このセカンドは英国らしい陰影感のあるフォークロックを展開した傑作アルバムとなっている。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はとても良い。
 
 

2011年8月 6日 (土)

スティーライ・スパン (Steeleye Span) 「Below The Salt」

20110806_ss  英国のエレクトリック・トラッド系バンド、スティーライ・スパンの第4作目のアルバムで1972年に Chrysalis より発表された。
 スティーライ・スパンは第3作目までが特に有名だ。このアルバムはエレクトリック度が上がりロック色が強くなったが、単純明快な演奏は好感が持てる。A4, A5, B6 などは特に素晴らしい演奏だと思う。
 アルバムは再発の英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は、かなり良い。ジャケットは中世の衣装で食事という場面で面白い。

Amazon

A1. Spotted Cow
A2. Rose Bud In June
A3. Jigs: The Bride's Favorite, Tansey's Fancy
A4. Sheep-Crook And Black Dog (お勧め)
A5. Royal Forester (お勧め)
B6. King Henry (お勧め)
B7. Gaudette
B8. John Barleycorn
B9. Saucy Sailor

2011年5月17日 (火)

ストリング・ドライヴン・シング 「String Driven Thing」

20110517_sdt  英国のフォーク・グループ、ストリング・ドライヴン・シングのセカンド・アルバムで1972年に Charisma から発表された。
 1968年に同名のアルバムをリリースして4年後に再度、バンド名のアルバムをリリースしたことになる。
 ヴァイオリンが主体でエレクトリック・ギターも入る。ヴォーカルは男女が交互に唄う形だ。
 奇妙な民族調のトラッドから哀愁感あるフォーク・ロックまで、内容はバラエティに富んでいる。B級感はあるが憎めない演奏となっている。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤(オリジナル?)で保有している。音質は、まずまずだ。

Amazon

A1. Circus
A2. Fairground
A3. Hooked On The Road
A4. Easy To Be Free (お勧め)
A5. Jack Diamond
B6. Let Me Down
B7. Very Last Blue Yodel
B8. My Real Hero
B9. Regent St. Incident
B10. There You Are

2011年3月 4日 (金)

アーロ・ガスリー (Arlo Guthrie) 「Alice's Restaurant」

20110304_ag  アメリカのフォーク・シンガー、アーロ・ガスリーのファースト・アルバムで Reprise より1967年にリリースされた。
 父親が有名な放浪フォーク・シンガー、ウディ・ガスリーであり、息子はもとよりボブ・ディランらにも大きな影響を与えた。
 A面全部を使ったタイトル曲「アリスのレストラン」は、ライブ録音でギターとパーカッションをバックにした弾き語りだ。それも、ほとんどがおしゃべりに終始している。会場は常に笑いがあり、一種の漫談といってもいいだろう。終盤は会場の人と合唱して曲は終わる。何とも不思議な展開だ。B面はフォーク・ロック調の曲が占める。B1はオルガンなども使われ、かなりファンタジックな雰囲気だ。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は、とても良い。

Amazon

A1. Alice's Restaurant Massacre
B2. Chilling Of The Evening (お勧め)
B3. Ring-Around-A-Rosy Rag
B4. Now And Then
B5. I'm Going Home
B6. The Motorcyle Song
B7. Highway In The Wind

2010年11月 3日 (水)

フループ 「当世仮面舞踏会」 (Fruupp 「Modern Masquerades」)

20101103_fruupp  フループの第4作目にしてラスト・アルバムは1975年、Down からリリースされた。プロデュースはイアン・マクドナルド(元キング・クリムゾン)である。
 第4作目で最高傑作と呼び声高いアルバムだ。フループの演奏は、どこかひ弱な感じがしていたが、このアルバムでは構成力・演奏力とも一級品よなっている。最後のアルバムになってしまったことが惜しいくらいだ。
 フォークやジャズの要素を入れながらも、ポップで端正なプログレという感じだ。刺激は少ないが安心して聴ける。

 アルバムは日本のテイチクによるレコードで保有している。音質はまずまず良い。

Amazon

A1. Misty Morning Way (お勧め)
A2. Masquerading With Dawn
A3. Gormenghast
B4. Mystery Might (お勧め)
B5. Why
B6. Janet Planet
B7. Sheba's Song

その他のカテゴリー

00-サイトマップ | 00-レコードのレーベル一覧 | 01-ブリティッシュ・ロック(1960-70年代) | 02-アメリカン・ロック(1960-70年代) | 03-ロック(1980年代以降) | 04-トラッド・フォーク | 05-ユーロ・ロック | 06-ジャズ(米国) | 07-ジャズ(欧州・他) | 08-クラシック | 09-日本のいろいろな音楽 | 10-世界のいろいろな音楽 | 11-メインストリーム(王道系) | 12-プログレッシブ・ロック | 13-ブルース・ロック | 14-エレクトリック・トラッド、プログレッシブ・トラッド | 15-ファンタジック、ヘヴンリー・ヴォイス | 16-フォーク・ロック、オーガニック | 17-シアトリカルな音楽 | 17-陰りのある音楽、地味な音楽 | 18-民族音楽、中世音楽、素朴 | 19-ハードな音楽 | 19-ポップな音楽 | 20-透明感、ひんやり、神々しい | 21-軽快、豪快、メロディアス | 22-シリアス、重厚 | 23-斬新なジャズ・クラシック | 24-正統派ジャズ・クラシック | 25-冗談、ユーモア、パロディ | 26-エクスペリメンタル、ポストロック | 27-エレクトロニカ、クラブ系 | 28-スワンプ、サザン・ロック、パブロック、カントリー | 29-ファンク、レゲエ、ダブ | 30-ダーク、荒涼、へヴィ、奇怪 | 31- KEEF | 32- HIPGNOSIS | 33- Roger Dean | 35-顔ジャケ・人物ジャケ | 36-イラスト人物ジャケ | 37-仮面・化粧・変な顔ジャケ | 38-サングラス・帽子ジャケ | 39-楽器ジャケ | 40-拳ジャケ(身体の一部) | 41-歴史・昔風コスプレ・ジャケ | 42-絶唱・ライブ・ジャケ | 43-サイケデリック・ジャケ | 44-酒・タバコ・葉巻ジャケ | 45-レンガ・石畳・壁ジャケ | 46-室内・部屋ジャケ | 47-建物・街並みジャケ | 48-遺跡・廃墟ジャケ | 49-身近な自然ジャケ | 50-大いなる自然・宇宙ジャケ | 51-ストリート・広場ジャケ | 52-庭・公園ジャケ | 53-食事・宴会ジャケ | 54-炎のジャケ、光のジャケ | 55-ポジネガ・歪んだジャケ | 56-動物ジャケ | 57-花・植物ジャケ | 58-謎の生物・怪獣・妖怪ジャケ | 61-乗り物ジャケ | 62-機械・ロボット・ジャケ | 63-遊び道具ジャケ | 64-食べ物・生活用品ジャケ | 65-ミリタリー・ジャケ | 66-工場・労働者ジャケ | 70-暗めなファンタジック・ジャケ | 71-ファンタジック・ジャケ | 72-SF ジャケ、シュールなジャケ | 73-奇怪なジャケ・呪術的なジャケ | 74-ひょうきんなジャケ | 75-荒涼としたジャケ | 76-可愛いジャケ | 77-人形・彫像ジャケ | 78-セクシーなジャケ | 81-文字ジャケ | 82-グラフィック・ジャケ | 83-エスニック・民族ジャケ | 88-家紋の一覧(神紋、寺紋なども含む) | 89-文様のサンプル | 89-文様の一覧 | 90-写真の一覧 | 90-神社、写真 | 90-神社の一覧 | 91-オーディオ・カートリッジ | 91-レコード用カートリッジ一覧 | 92-レコードの魅力 | 93-レコード店 | 94-サッカー | 95-映画・演劇 | 96-本・雑誌 | 97- IT 関連 | 98-株価指数、為替、投資信託 | 98-経済・資産運用 | 99-健康 | A&M, Ode | ABC, Dunhill | Archiv | Asylum, Geffen | Atlantic (jazz) | Atlantic, Atco | B&C, Pegasus | Blue Horizon, Bronze | Blue Note | Capitol, MCA, MGM | Charisma, Mooncrest | Charlin, Valois, Harmonia Mundi, Arion, Caliope | Chrysalis | Columbia, CBS (jazz) | Columbia, CBS, Epic | Columbia, CBS, Epic (Classic) | Contemporary | Decca, London (Classic) | Decca, Threshold, London | Deram, Nova | deutsche harmonia mundi | ECM, Enja | Elektra, Nonesuch | Elkar, Xoxoa (スペイン:バスク) | EMI, HMV, Angel | Erato | Eterna | Fantasy (OJC) | Grammophon | Harvest, EMI, Columbia, Regal Zonophone | Impulse | Indies Records (チェコ) | Island | Liberty, United Artists | Libra (ギリシャ) | Manticore, Swan Song, Purple | Melodiya, MK (ロシア) | Mercury, EmArcy | Neon | Numero Uno, Ricordi, Cramps | Parlophone, Apple, Odeon | Pathe Marconi | Philips, Fontana (Classic) | Philips, Fontana, PolyGram | Polydor, Marmalade | Prestige, New Jazz, Status | Prikosnovenie (フランス) | Pye, Dawn | RCA | RCA Victor (Classic) | Reprise, Warner Bros. | Riverside, Jazzland | Savoy | Telefunken、Teldec | Track, Reaction | Transatlantic, Topic, Trailer, York | Vanguard | Vertigo, Nepentha | Verve | Virgin, Caroline | Westminster, Vox | クラシックの諸レーベル | ジャズの諸レーベル | ヨーロッパのロック系レーベル | 再発盤レーベル (Jazz, Classic) | 再発盤レーベル (Rock) | 日本のその他のレーベル | 日本: Speedstar | 日本:キング・レコード, ベルウッド | 日本:コロムビア, Denon | 日本:ソニー | 日本:テイチク | 日本:トリオ (Trio) | 日本:ビクター, RVC | 日本:フォノグラム、フィリップス | 日本:ポリドール、グラモフォン | 日本:ワーナー・パイオニア | 日本:東芝音楽工業, 東芝 EMI | 米国のロック系レーベル | 米国の新興レーベル | 英国のロック系レーベル | 英国の新興レーベル

最近のトラックバック

ウェブページ