カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「43-サイケデリック・ジャケ」の40件の記事

2017年5月13日 (土)

UA 「JaPo」

20170513_ua  日本の女性ヴォーカリスト、UA が2016年に Speedstar から発表した第9作目のアルバムだ。
 前作「ATTA」が2009年だから7年振りの新作だ。大人のファンタジーといった世界観を提供している。世界の民族音楽からフォーク、エレクトロニカなどを融合させた音楽で聴き応えがある。これからも活躍してほしいミュージシャンだ。
 
 
1. Auwa
3. Island Lion
4. いとおしくて
5. あいしらい
6. Kubanuyu
7. Beam You
9. Tara
10. ドチラニシテモ

2016年12月26日 (月)

トラフィック (Traffic) 「Mr. Fantasy」

20161226_tf  英国のロック・バンド、トラフィックが1967年に Island から発表したファースト・アルバムだ。
 サイケデリック・ロックの影響が強いが、彼ら独自の渋さも同居している。ジャズ、ブルース、フォークなどが混合した演奏はとても面白い。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年9月22日 (木)

モップス (Mops) 「GS オリジナル・ストック 5」

20160922_mo  日本のロック・バンド、モップスのベスト盤だ1969年から73年までの曲で構成されている。
 「朝まで待てない」や井上陽水の「傘がない」など、ご機嫌なロックを聴かせる。
 アルバムは東芝EMI のアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
A4. すずきひろみつの気軽に行こう
A5. 何処へ
B2. 大江戸冒険譚
B3. 雨
B4. あざやかな時代
B5. 迷子列車
B6. 永久運動

2016年8月12日 (金)

クインテセンス (Quintessence) 「Dive Deep」

20160812_qu  英国のプログレッシブ・ロック・バンド、クインテセンスが1971年に Island から発表した第3作目のアルバムだ。
 インド系英国人が中心になって結成したバンドである。ただ、音楽的にはインド色は薄く、プログレ、フォーク、サイケを合わせた音楽だ。瞑想的なアコースティック調の演奏が主体である。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 

2016年6月11日 (土)

テン・イアーズ・アフター (Ten Years After) 「Watt」

20160611_tya  英国のロック・バンド、テン・イアーズ・アフターが1970年に Deram から発表した第5作目のアルバムだ。
 ブルース・ロック、ハード・ロックを基盤に英国的な陰影感も感じさせるブリティッシュ・ロック・サウンドとなっている。彼等のアルバムとしては1番いいかも?
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2015年10月 6日 (火)

UA 「Fine Feathers Make Fine Birds」

20151006_ua  日本の女性ヴォーカリスト、UA が1997年に Speedstar Records から発表したライブ・アルバムだ。
 ポップ、ロック、R&B などを取り入れた極上のライブを披露している。ヴォーカル、演奏、曲と3拍子揃ったライブは素晴らしい。
 アルバムはアナログ盤で保有している。音質は、まずまずだと思う。
 
 
3. I FEEL THE EARTH MOVE
4. SWEET VIBRATIONS
8. 温度
1. 情熱
2. MAMA
5. 水色
7. HARLEM BLUES

イースト・オブ・エデン (East of Eden) 「Mercator Projected」

20151006_ee  英国のサイケデリック系プログレッシブ・ロック・バンド、イースト・オブ・エデンが1969年に Deram から発表したファースト・アルバムだ。
 サイケ、ジャズ、ロックなどが混在したアングラ系のロックを聴かせる。サックスとバイオリンがメインで、図太いベースも聴きどころだ。かなりヘンテコなバンドだが、それなりに面白い。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2015年7月16日 (木)

ドノヴァン (Donovan) 「Mellow Yellow」

20150716_dv  英国のフォーク・シンガー、ドノヴァンが1967年に Epic から発表した第4作目のアルバムだ。
 ファンタジックなフォークやサイケ・ポップ、ジャズ調の曲など多彩な曲で構成されている。各曲の出来は良く、彼の代表作の1枚だろう。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。疑似ステレオだが、音質は良いと思う。
 
 

2015年5月 9日 (土)

ジョン・コルトレーン (John Coltrane) 「Selflessness」

20150509_jc  米国のジャズ・サックス奏者、ジョン・コルトレーンが1963年と65年に Impulse へ録音したアルバムだ。発売は1969年となっている。
 共演はMcCoy Tyner (Piano), Jimmy Garrison (Bass), Roy Haynes (Drums), Pharoah Sanders (Tenor Sax) 等である。ドラムスが Elvin Jones でないのが特徴だ。
 A1, B2 が1963年、B3 が1965年の録音だ。A1 の「My Favorite Things」が最大の聴きどころだ。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2014年12月14日 (日)

エリック・バートン&ジ・アニマルズ (Eric Burdon & The Animals) 「The Twain Shall Meet」

20141213_eb  英国出身のロック・シンガーであるエリック・バートンが米国で結成したロック・バンド、エリック・バートン&ジ・アニマルズが1968年に MGM から発表したアルバムだ。
 ブラス入りのパンチのある曲から内証的な曲、あるいは実験的な曲まで、かなり多彩な内容だ。サイケデリック・ロック、フォーク、ブルースなどを取り入れたロックは、なかなか面白いと思う。
 アルバムはドイツ・プレスの再発アナログ盤で保有している。音質は普通だ。
 
 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00-サイトマップ | 00-レコードのレーベル一覧 | 01-ブリティッシュ・ロック(1960-70年代) | 02-アメリカン・ロック(1960-70年代) | 03-ロック(1980年代以降) | 04-トラッド・フォーク | 05-ユーロ・ロック | 06-ジャズ(米国) | 07-ジャズ(欧州・他) | 08-クラシック | 09-日本のいろいろな音楽 | 10-世界のいろいろな音楽 | 11-メインストリーム(王道系) | 12-プログレッシブ・ロック | 13-ブルース・ロック | 14-エレクトリック・トラッド、プログレッシブ・トラッド | 15-ファンタジック、ヘヴンリー・ヴォイス | 16-フォーク・ロック、オーガニック | 17-シアトリカルな音楽 | 17-陰りのある音楽、地味な音楽 | 18-民族音楽、中世音楽、素朴 | 19-ハードな音楽 | 19-ポップな音楽 | 20-透明感、ひんやり、神々しい | 21-軽快、豪快、メロディアス | 22-シリアス、重厚 | 23-斬新なジャズ・クラシック | 24-正統派ジャズ・クラシック | 25-冗談、ユーモア、パロディ | 26-エクスペリメンタル、ポストロック | 27-エレクトロニカ、クラブ系 | 28-スワンプ、サザン・ロック、パブロック、カントリー | 29-ファンク、レゲエ、ダブ | 30-ダーク、荒涼、へヴィ、奇怪 | 31- KEEF | 32- HIPGNOSIS | 33- Roger Dean | 35-顔ジャケ・人物ジャケ | 36-イラスト人物ジャケ | 37-仮面・化粧・変な顔ジャケ | 38-サングラス・帽子ジャケ | 39-楽器ジャケ | 40-拳ジャケ(身体の一部) | 41-歴史・昔風コスプレ・ジャケ | 42-絶唱・ライブ・ジャケ | 43-サイケデリック・ジャケ | 44-酒・タバコ・葉巻ジャケ | 45-レンガ・石畳・壁ジャケ | 46-室内・部屋ジャケ | 47-建物・街並みジャケ | 48-遺跡・廃墟ジャケ | 49-身近な自然ジャケ | 50-大いなる自然・宇宙ジャケ | 51-ストリート・広場ジャケ | 52-庭・公園ジャケ | 53-食事・宴会ジャケ | 54-炎のジャケ、光のジャケ | 55-ポジネガ・歪んだジャケ | 56-動物ジャケ | 57-花・植物ジャケ | 58-謎の生物・怪獣・妖怪ジャケ | 61-乗り物ジャケ | 62-機械・ロボット・ジャケ | 63-遊び道具ジャケ | 64-食べ物・生活用品ジャケ | 65-ミリタリー・ジャケ | 66-工場・労働者ジャケ | 70-暗めなファンタジック・ジャケ | 71-ファンタジック・ジャケ | 72-SF ジャケ、シュールなジャケ | 73-奇怪なジャケ・呪術的なジャケ | 74-ひょうきんなジャケ | 75-荒涼としたジャケ | 76-可愛いジャケ | 77-人形・彫像ジャケ | 78-セクシーなジャケ | 81-文字ジャケ | 82-グラフィック・ジャケ | 83-エスニック・民族ジャケ | 88-家紋の一覧(神紋、寺紋なども含む) | 89-文様のサンプル | 89-文様の一覧 | 90-写真の一覧 | 90-神社、写真 | 90-神社の一覧 | 91-オーディオ・カートリッジ | 91-レコード用カートリッジ一覧 | 92-レコードの魅力 | 93-レコード店 | 94-サッカー | 95-映画・演劇 | 96-本・雑誌 | 97- IT 関連 | 98-株価指数、為替、投資信託 | 98-経済・資産運用 | 99-健康 | A&M, Ode | ABC, Dunhill | Archiv | Asylum, Geffen | Atlantic (jazz) | Atlantic, Atco | B&C, Pegasus | Blue Horizon, Bronze | Blue Note | Capitol, MCA, MGM | Charisma, Mooncrest | Charlin, Valois, Harmonia Mundi, Arion, Caliope | Chrysalis | Columbia, CBS (jazz) | Columbia, CBS, Epic | Columbia, CBS, Epic (Classic) | Contemporary | Decca, London (Classic) | Decca, Threshold, London | Deram, Nova | deutsche harmonia mundi | ECM, Enja | Elektra, Nonesuch | Elkar, Xoxoa (スペイン:バスク) | EMI, HMV, Angel | Erato | Eterna | Fantasy (OJC) | Grammophon | Harvest, EMI, Columbia, Regal Zonophone | Impulse | Indies Records (チェコ) | Island | Liberty, United Artists | Libra (ギリシャ) | Manticore, Swan Song, Purple | Melodiya, MK (ロシア) | Mercury, EmArcy | Neon | Numero Uno, Ricordi, Cramps | Parlophone, Apple, Odeon | Pathe Marconi | Philips, Fontana (Classic) | Philips, Fontana, PolyGram | Polydor, Marmalade | Prestige, New Jazz, Status | Prikosnovenie (フランス) | Pye, Dawn | RCA | RCA Victor (Classic) | Reprise, Warner Bros. | Riverside, Jazzland | Savoy | Telefunken、Teldec | Track, Reaction | Transatlantic, Topic, Trailer, York | Vanguard | Vertigo, Nepentha | Verve | Virgin, Caroline | Westminster, Vox | クラシックの諸レーベル | ジャズの諸レーベル | ヨーロッパのロック系レーベル | 再発盤レーベル (Jazz, Classic) | 再発盤レーベル (Rock) | 日本のその他のレーベル | 日本: Speedstar | 日本:キング・レコード, ベルウッド | 日本:コロムビア, Denon | 日本:ソニー | 日本:テイチク | 日本:トリオ (Trio) | 日本:ビクター, RVC | 日本:フォノグラム、フィリップス | 日本:ポリドール、グラモフォン | 日本:ワーナー・パイオニア | 日本:東芝音楽工業, 東芝 EMI | 米国のロック系レーベル | 米国の新興レーベル | 英国のロック系レーベル | 英国の新興レーベル

最近のトラックバック

ウェブページ