カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「40-拳ジャケ(身体の一部)」の14件の記事

2015年12月29日 (火)

キング・クリムゾン (King Crimson) 「USA」

20151229_kc  英国のプログレッシブ・ロック・バンド、キング・クリムゾンが1974年に録音したライブ・アルバムで、発売は1975年である。
 絶頂期のライブ演奏を収録したアルバムだ。デイヴィッド・クロスのバイオリンが一部、エディ・ジョブソンに置き換わっている。それでも充実した内容だ。
 アルバムは米国プレス(Atlantic)のアナログ盤で保有している。音質は、まずまず良いと思う。
 
 

2015年10月23日 (金)

サーカス (Cirkus) 「One」

20151023_ck  英国のプログレッシブ・ロック・バンド、サーカス(Cirkus)が1971年に自主製作したアルバムだ。
 ポップやフォークを取り入れたメロディアスなプログレを提供する。抒情性がありながらもポップな曲は良いと思う。
 アルバムは 5 Hours Back の再発アナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
A1. You Are
A2. Seasons
B8. Jenny

2015年8月15日 (土)

バート・ヤンシュ (Bert Jansch) 「A Rare Conundrum」

20150815_bj  英国はスコットランド出身のフォーク・トラッド系ミュージシャン、バート・ヤンシュが1977年に Charisma から発表した11作目のアルバムだ。
 全体的にリラックスした感じの演奏が多い。ギター、バイオリン、ウッド・ベース、パーカッションなどのアコースティックでシンプルな演奏集だ。
 アルバムは再発のアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 
5. 3 A.M.
7. Instrumentally Irish
12. Three Chord Trick
13. Lost Love

2014年8月12日 (火)

ジョン・マーティン (John Martyn) 「Solid Air」

20140812_jm  英国のフォーク系ミュージシャン、ジョン・マーティンが1973年に Island から発表した第6作目のアルバムだ。

 彼の代表的なアルバムだ。フォークがベースだが、ジャズ風味や浮遊感など取り入れて、淡々と地味ながらも聴き応え十分の内容だ。
 アルバムはCDで保有している。音質は、まずまず良い。アナログ盤で入手したいところだ。
 
 

2014年4月 5日 (土)

ソニー・クラーク (Sonny Clark) 「Cool Struttin'」

20140404_sc  米国のジャズ・ピアニスト、ソニー・クラークが1958年に Blue Note へ録音したアルバムだ。

 共演は Art Farmer (Trumpet), Jackie McLean (Alto Sax), Paul Chambers (Bass), Philly Joe Jones (Drums) である。
 印象的なジャケットが有名だが、演奏内容も素晴らしい。クールさと陽気さが合わさった、何とも楽しい演奏だ。
 アルバムは澤野工房による再発アナログ盤で保有している。音質は、まずまず良いと思う。
 
 

2014年1月17日 (金)

ジェントル・ジャイアント (Gentle Giant) 「Acquiring Taste」

20140117_gg  英国のプログレッシブ・バンド、ジェントル・ジャイアントが1971年に Vertigo から発表したセカンド・アルバムだ。
 落ち着いた曲が多いアルバムで、地味だが高度な音楽に満ち溢れた傑作アルバムだ。これぞプログレという感じの曲が多い。
 アルバムはドイツ・プレスのアナログ盤で保有している。音質は、かなり良いと思う。酔った時にレコードを床に落として傷が付いてしまった。(悲しい、買換えしたい)

Amazon

A1. Pantagruel's Nativity
A2. Edge of Twilight
A3. The House, The Street, The Room
A4. Acquiring the Taste
B5. Wreck
B6. The Moon Is Down
B7. Black Cat
B8. Plain Truth

2013年10月 5日 (土)

ムーディ・ブルース (Moody Blues) 「To Our Children's Children's Children」

20131005_mb  英国のプログレッシブ・ロック・バンド、ムーディ・ブルースが1969年に Threshold から発表した第5作目のアルバムだ。
 トータル性の高いアルバムを発表してきたが、この作品でその頂点を極めたかのような内容だ。控えめな演奏ながらもアルバム全体を、まるで静かな交響曲のような感じで聴かせる。とても美しいアルバムだ。
 アルバムは日本キング・レコードによるアナログ盤で保有している。音質は、ちょっと良くないかも?

Amazon

A1. Higher And Higher
A2. Eyes Of A Child I
A3. Floating
A4. Eyes Of A Child II
A5. I Never Thought I'd Live To Be A Hundred
A6. Beyond
A7. Out And In
B8. Gypsy
B9. Eternity Road
B10. Candle Of Life
B11. Sun Is Still Shining
B12. I Never Thought I'd Live To Be A Million
B13. Watching And Waiting

2013年4月14日 (日)

ラルフ・マクテル (Ralph McTell) 「Right Side Up」

20130414_rm  英国のフォーク系シンガー、ラルフ・マクテルが1975年に Warner Bros. から発表した第8作目のアルバムだ。
 初期のアルバムでは、しっとりとした英国フォークを聴かせていた。その雰囲気を残しつつも、米国のおおらかさを強調した作品となっている。それでも、落ち着いたヴォーカルは聴く者の心を落ち着かせる。個人的に好きなシンガーだ。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。ジャケットが米国盤と異なるようだ。音質は、かなり良い。

Amazon

A1. San Diego Serenade
A2. Naomi
A3. Tequila Sunset
A4. Rm
A5. River Rising
B6. From Clare To Here
B7. Chairman And The Little Man
B8. Country Boys
B9. Slow Burning Companion
B10. Nightmares
B11. May You Never

2012年11月23日 (金)

ビートルズ (Beatles) 「Rock'n'Roll Music」

20121122_be19  英国を代表するロック・バンド、ビートルズの解散後の1976年に発表されたハードロック色の強い曲で構成された編集アルバムだ。
 「Love Songs」はバラード中心だったが、その対極にあるようなアルバムだ。D面なんかはカッコいいの一言だ。

・ステレオ: 英国 Parlophon PCS 719
・ステレオ: 米国 Capitol SKBO 11537

 英国盤はオリジナル盤のダイナミックさやメリハリは、ちょっと足りないが、それでも、まずまずの音質のレコードだと思う。
 注目は米国盤だ。ジョージ・マーティンによる独自の MIX で、オリジナルに対して左右が逆で中央寄りになっている。音質も良いので米国盤は是非とも入手したいところだ。

A1. Twist And Shout
A2. I Saw Her Standing There
A3. You Can't Do That
A4. I Wanna Be Your Man
A5. I Call Your Name
A6. Boys
A7. Long Tall Sally
B1. Rock And Roll Music
B2. Slow Down
B3. Kansas City
B4. Money(That's What I Want)
B5. Bad Boy
B6. Matchbox
B7. Roll Over Beethoven
C1. Dizzy Miss Lizzy
C2. Any Time At All
C3. Drive My Car
C4. Everybody's Trying To Be My Baby
C5. The Night Before
C6. I'm Down
C7. Revolution
D1. Back In The U.S.S.R.
D2. Helter Skelter
D3. Taxman
D4. Got To Get You Into My Life
D5. Hey Bulldog
D6. Birthday
D7. Get Back

2011年5月21日 (土)

U.K. 「Danger Money」

20110520_uk  英国のプログレッシブ・ロック・グループ、UK のセカンド・アルバムで1979年に E.G. Records から発表された。
 ファースト・アルバムからビル・ブラフォードとアラン・ホールズワースが脱退し、新たにテリー・ボジオ(Ds)が参加した。
 キーボードとヴァイオリンを前面に出し、シンプルな構成にしたことで、ポップでストレートなロックが提供されている。ヴォーカルのメロディはポップだが、3人の演奏はテクニカルで十分に聴き応えのあるアルバムだ。B6 は往年の ELP を彷彿とさせ、とても面白い。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は、あまり良くないかも?

Amazon

A1. Danger Money (お勧め)
A2. Rendevouz 6:02
A3. The Only Thing She Needs (お勧め)
B4. Caesar's Palace Blues
B5. Nothing To Lose
B6. Carrying No Cross (お勧め)

その他のカテゴリー

00-サイトマップ | 00-レコードのレーベル一覧 | 01-ブリティッシュ・ロック(1960-70年代) | 02-アメリカン・ロック(1960-70年代) | 03-ロック(1980年代以降) | 04-トラッド・フォーク | 05-ユーロ・ロック | 06-ジャズ(米国) | 07-ジャズ(欧州・他) | 08-クラシック | 09-日本のいろいろな音楽 | 10-世界のいろいろな音楽 | 11-メインストリーム(王道系) | 12-プログレッシブ・ロック | 13-ブルース・ロック | 14-エレクトリック・トラッド、プログレッシブ・トラッド | 15-ファンタジック、ヘヴンリー・ヴォイス | 16-フォーク・ロック、オーガニック | 17-シアトリカルな音楽 | 17-陰りのある音楽、地味な音楽 | 18-民族音楽、中世音楽、素朴 | 19-ハードな音楽 | 19-ポップな音楽 | 20-透明感、ひんやり、神々しい | 21-軽快、豪快、メロディアス | 22-シリアス、重厚 | 23-斬新なジャズ・クラシック | 24-正統派ジャズ・クラシック | 25-冗談、ユーモア、パロディ | 26-エクスペリメンタル、ポストロック | 27-エレクトロニカ、クラブ系 | 28-スワンプ、サザン・ロック、パブロック、カントリー | 29-ファンク、レゲエ、ダブ | 30-ダーク、荒涼、へヴィ、奇怪 | 31- KEEF | 32- HIPGNOSIS | 33- Roger Dean | 35-顔ジャケ・人物ジャケ | 36-イラスト人物ジャケ | 37-仮面・化粧・変な顔ジャケ | 38-サングラス・帽子ジャケ | 39-楽器ジャケ | 40-拳ジャケ(身体の一部) | 41-歴史・昔風コスプレ・ジャケ | 42-絶唱・ライブ・ジャケ | 43-サイケデリック・ジャケ | 44-酒・タバコ・葉巻ジャケ | 45-レンガ・石畳・壁ジャケ | 46-室内・部屋ジャケ | 47-建物・街並みジャケ | 48-遺跡・廃墟ジャケ | 49-身近な自然ジャケ | 50-大いなる自然・宇宙ジャケ | 51-ストリート・広場ジャケ | 52-庭・公園ジャケ | 53-食事・宴会ジャケ | 54-炎のジャケ、光のジャケ | 55-ポジネガ・歪んだジャケ | 56-動物ジャケ | 57-花・植物ジャケ | 58-謎の生物・怪獣・妖怪ジャケ | 61-乗り物ジャケ | 62-機械・ロボット・ジャケ | 63-遊び道具ジャケ | 64-食べ物・生活用品ジャケ | 65-ミリタリー・ジャケ | 66-工場・労働者ジャケ | 70-暗めなファンタジック・ジャケ | 71-ファンタジック・ジャケ | 72-SF ジャケ、シュールなジャケ | 73-奇怪なジャケ・呪術的なジャケ | 74-ひょうきんなジャケ | 75-荒涼としたジャケ | 76-可愛いジャケ | 77-人形・彫像ジャケ | 78-セクシーなジャケ | 81-文字ジャケ | 82-グラフィック・ジャケ | 83-エスニック・民族ジャケ | 88-家紋の一覧(神紋、寺紋なども含む) | 89-文様のサンプル | 89-文様の一覧 | 90-写真の一覧 | 90-神社、写真 | 90-神社の一覧 | 91-オーディオ・カートリッジ | 91-レコード用カートリッジ一覧 | 92-レコードの魅力 | 93-レコード店 | 94-サッカー | 95-映画・演劇 | 96-本・雑誌 | 97- IT 関連 | 98-株価指数、為替、投資信託 | 98-経済・資産運用 | 99-健康 | A&M, Ode | ABC, Dunhill | Archiv | Asylum, Geffen | Atlantic (jazz) | Atlantic, Atco | B&C, Pegasus | Blue Horizon, Bronze | Blue Note | Capitol, MCA, MGM | Charisma, Mooncrest | Charlin, Valois, Harmonia Mundi, Arion, Caliope | Chrysalis | Columbia, CBS (jazz) | Columbia, CBS, Epic | Columbia, CBS, Epic (Classic) | Contemporary | Decca, London (Classic) | Decca, Threshold, London | Deram, Nova | deutsche harmonia mundi | ECM, Enja | Elektra, Nonesuch | Elkar, Xoxoa (スペイン:バスク) | EMI, HMV, Angel | Erato | Eterna | Fantasy (OJC) | Grammophon | Harvest, EMI, Columbia, Regal Zonophone | Impulse | Indies Records (チェコ) | Island | Liberty, United Artists | Libra (ギリシャ) | Manticore, Swan Song, Purple | Melodiya, MK (ロシア) | Mercury, EmArcy | Neon | Numero Uno, Ricordi, Cramps | Parlophone, Apple, Odeon | Pathe Marconi | Philips, Fontana (Classic) | Philips, Fontana, PolyGram | Polydor, Marmalade | Prestige, New Jazz, Status | Prikosnovenie (フランス) | Pye, Dawn | RCA | RCA Victor (Classic) | Reprise, Warner Bros. | Riverside, Jazzland | Savoy | Telefunken、Teldec | Track, Reaction | Transatlantic, Topic, Trailer, York | Vanguard | Vertigo, Nepentha | Verve | Virgin, Caroline | Westminster, Vox | クラシックの諸レーベル | ジャズの諸レーベル | ヨーロッパのロック系レーベル | 再発盤レーベル (Jazz, Classic) | 再発盤レーベル (Rock) | 日本のその他のレーベル | 日本: Speedstar | 日本:キング・レコード, ベルウッド | 日本:コロムビア, Denon | 日本:ソニー | 日本:テイチク | 日本:トリオ (Trio) | 日本:ビクター, RVC | 日本:フォノグラム、フィリップス | 日本:ポリドール、グラモフォン | 日本:ワーナー・パイオニア | 日本:東芝音楽工業, 東芝 EMI | 米国のロック系レーベル | 米国の新興レーベル | 英国のロック系レーベル | 英国の新興レーベル

最近のトラックバック

ウェブページ