カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「29-ファンク、レゲエ、ダブ」の47件の記事

2016年6月25日 (土)

ブライアン・オーガーズ・オブリビオン・エキスプレス (Brian Auger's Oblivion Express) 「Straight Ahead」

20160625_ba  英国出身のロック・ジャズ系キーボード奏者、ブライアン・オーガーとそのバンドが1975年に RCA から発表したアルバムだ。
 ジャズ・フュージョン色が強く、かつての粘り気のある熱い演奏から、どちらかというとスマートな感じの演奏となっている。それでも、フュージョン・ロック・ソウルなどが混在した演奏は面白い。
 
 

2016年6月19日 (日)

ブライアン・オーガーズ・オブリビオン・エキスプレス (Brian Auger's Oblivion Express) 「The Complete Live Oblivion Vol.2」

20160619_ba  英国出身のキーボード奏者、ブライアン・オーガーが自身のバンドであるブライアン・オーガーズ・オブリビオン・エキスプレスによるライブ盤だ。RCA より1976年にアナログ2枚組で発売された。
 ジャズ・フュージョン主体の演奏だが、彼特有のソウルフルでプログレッシブな感覚も強い。今、聴いても新鮮な感じだ。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は、まずまず良いと思う。
 
 

2016年1月11日 (月)

サンタナ 「Santana」

20160111_sa  米国のロック・バンド、サンタナが1969年に Columbia から発表したファースト・アルバムだ。
 サンタナというとラテン・ロックと言われているが、こファースト・アルバムではアフリカ音楽や米国のブルースやジャズなどの影響も感じさせる骨太のロックを聴かせる。個人的には、このファースト・アルバムが一番いいと思う。
 アルバムは米国プレスの再発アナログ盤で保有している。
 
 

2015年7月18日 (土)

ジンジャー・ベイカー 「Ginger Baker's Air Force」

20150718_gb  英国のロック・ドラマー、ジンジャー・ベイカーが1970年に Polydor から発表したアナログ盤2枚組のアルバムだ。
 スティーヴ・ウィンウッド、クリス・ウッド、リック・グレッチ、グラハム・ボンド、デニー・レインなど、豪華なメンバーが参加している。アフリカ音楽やジャズなど取り入れた混沌としたファンクを披露している。かなり濃い演奏だ。
 アルバムは米国プレス(Atco盤)で保有している。音質は、まずまずだと思う。
 
 

2014年9月 4日 (木)

オーネット・コールマン (Ornette Coleman) 「Virgin Beauty」

20140904_oc  米国のジャズ・サックス奏者、オーネット・コールマンが1988年に Columbia 系 Portrait から発表したアルバムだ。
 共演は Denard Coleman(d), Calvin Weston(d), Al McDowell(b), Chris Walker(b), Bern Nicks(g), Charles Ellerbe(g), Jerry Garcia(g) だ。Jerry Garcia は Grateful Dead のジェリー・ガルシアだ。
 ジャズやアフリカ音楽を、いい意味で聴き易いフュージョン系の演奏を提供している。ユーモラスな音楽は、とても面白い。
 アルバムはCDで保有している。音質は、まずまずだと思う。
 
 
1. Wishes
6. Singing In The Shower
8. Honeymooners
11. Unknown Artists

2014年8月12日 (火)

オーネット・コールマン (Ornette Coleman) 「Dancing In Your Head」

20140812_oc  米国のジャズ・サックス奏者、オーネット・コールマンが1977年に Horizon へ録音したアルバムだ。
 ジャズとアフリカ音楽を合わせた演奏で、奇妙で楽しい曲を披露する。スタイルはまったく違うが、日本のお囃子やチンドン屋のように、あっけらかんとした演奏だ。
 アルバムはCDで保有している。音質は、まずまずだと思う。
 
 
1. Theme From A Symphony (Variation One)
2. Theme From A Symphony (Variation Two)

2014年1月16日 (木)

グラント・グリーン (Grant Green) 「Live At The Lighthouse」

20140116_gg  米国のジャズ・ギタリスト、グラント・グリーンが1972年に Blue Note へ録音したライブ盤だ。アナログ・レコードで2枚組となっている。
 共演は Claude Bartee Jr. (Soprano, Tenor Sax), Shelton Laster (Organ), Gary Coleman (Vibraphone), Wilton Felder (Bass), Gregg Williams (Drums), Bobbye Hall (Percussion), Bobbye Porter (Percussion, Conga) である。
 とてもファンキーな演奏で、単純に楽しい演奏となっている。なかなか面白いアルバムだと思う。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は、まずまず良いと思う。

Amazon

A1. Introduction by Hank Stewart
A2. Windjammer
A3. Betcha by Golly, Wow
B4. Fancy Free
C5. Flood in Franklin Park
D6. Jan Jan
D7. Walk in the Night

2013年10月19日 (土)

喜納昌吉&チャンプルーズ 「喜納昌吉&チャンプルーズ」

20131018_ks  沖縄音楽の第一人者、喜納昌吉&チャンプルーズが1977年に日本フォノグラムから発表したファースト・アルバムだ。
 沖縄音楽を日本の音楽へと導いた第一人者だ。底抜けに明るい音楽と、どこかしみじみしたメロディを合わせた音楽だ。今の耳で聴いても楽しい。
 アルバムはアナログ盤で保有している。音質は、まずまずだと思う。

Amazon

A1. ハイサイおじさん (お勧め)
A2. うわき節
A3. レッドおじさん
A4. 番長小
A5. 東崎
B6. すくちな者
B7. いちむし小ぬユンタク
B8. 馬車小引んちゃー (お勧め)
B9. 島小ソング

2013年9月23日 (月)

暗黒大陸じゃがたら 「南蛮渡来」

20130923_aj  日本が誇るロック・バンド、暗黒大陸じゃがたらが1982年に発表したファースト・アルバムだ。この後、活動を中断したが1985年より「じゃがたら」で復活し1990年まで活動した。
 ジャケットも強烈だが、演奏も強烈だ。ファンクとパンクを取り入れて、演奏的にはエンタテイメント性とアングラの両方を感じさせ、何よりシニカルな詩が素晴らしい。日本ロック史上に輝く傑作アルバムだ。
 アルバムはアナログ盤で保有している。音質は、まずまず良いと思う。

Amazon

1. でも・デモ・DEMO (お勧め)
2. 季節のおわり
3. BABY
4. タンゴ (お勧め)
5. アジテーション
6. ヴァギナ・FUCK
7. FADE OUT
8. クニナマシェ
9. 元祖家族百景
10. ウォークマンのテーマ

2013年9月14日 (土)

じゃがたら (JAGATARA) 「君と踊りあかそう日の出を見るまで」

20130913_ja  日本のロック・バンド、じゃがたらが1985年に発表したライブ実況盤だ。
 デビュー・アルバム「南蛮渡来」以来、活動休止期間があったが、このライブで復活した。ファンク&パンクが基本だが、人間の悲哀さをシニカルな詩で表現した歌詞が強烈な印象を残す。日本のロック史上に残る伝説のバンドの息吹を聴くことが出来る。
 アルバムはアナログ盤で保有している。録音自体があまり良くないが、熱気が凄い。

Amazon

A1. タンゴ
A2. BIG DOOR
B3. BIG DOOR
B4. 少年少女
B5. HEY SAY!

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00-サイトマップ | 00-レコードのレーベル一覧 | 01-ブリティッシュ・ロック(1960-70年代) | 02-アメリカン・ロック(1960-70年代) | 03-ロック(1980年代以降) | 04-トラッド・フォーク | 05-ユーロ・ロック | 06-ジャズ(米国) | 07-ジャズ(欧州・他) | 08-クラシック | 09-日本のいろいろな音楽 | 10-世界のいろいろな音楽 | 11-メインストリーム(王道系) | 12-プログレッシブ・ロック | 13-ブルース・ロック | 14-エレクトリック・トラッド、プログレッシブ・トラッド | 15-ファンタジック、ヘヴンリー・ヴォイス | 16-フォーク・ロック、オーガニック | 17-シアトリカルな音楽 | 17-陰りのある音楽、地味な音楽 | 18-民族音楽、中世音楽、素朴 | 19-ハードな音楽 | 19-ポップな音楽 | 20-透明感、ひんやり、神々しい | 21-軽快、豪快、メロディアス | 22-シリアス、重厚 | 23-斬新なジャズ・クラシック | 24-正統派ジャズ・クラシック | 25-冗談、ユーモア、パロディ | 26-エクスペリメンタル、ポストロック | 27-エレクトロニカ、クラブ系 | 28-スワンプ、サザン・ロック、パブロック、カントリー | 29-ファンク、レゲエ、ダブ | 30-ダーク、荒涼、へヴィ、奇怪 | 31- KEEF | 32- HIPGNOSIS | 33- Roger Dean | 35-顔ジャケ・人物ジャケ | 36-イラスト人物ジャケ | 37-仮面・化粧・変な顔ジャケ | 38-サングラス・帽子ジャケ | 39-楽器ジャケ | 40-拳ジャケ(身体の一部) | 41-歴史・昔風コスプレ・ジャケ | 42-絶唱・ライブ・ジャケ | 43-サイケデリック・ジャケ | 44-酒・タバコ・葉巻ジャケ | 45-レンガ・石畳・壁ジャケ | 46-室内・部屋ジャケ | 47-建物・街並みジャケ | 48-遺跡・廃墟ジャケ | 49-身近な自然ジャケ | 50-大いなる自然・宇宙ジャケ | 51-ストリート・広場ジャケ | 52-庭・公園ジャケ | 53-食事・宴会ジャケ | 54-炎のジャケ、光のジャケ | 55-ポジネガ・歪んだジャケ | 56-動物ジャケ | 57-花・植物ジャケ | 58-謎の生物・怪獣・妖怪ジャケ | 61-乗り物ジャケ | 62-機械・ロボット・ジャケ | 63-遊び道具ジャケ | 64-食べ物・生活用品ジャケ | 65-ミリタリー・ジャケ | 66-工場・労働者ジャケ | 70-暗めなファンタジック・ジャケ | 71-ファンタジック・ジャケ | 72-SF ジャケ、シュールなジャケ | 73-奇怪なジャケ・呪術的なジャケ | 74-ひょうきんなジャケ | 75-荒涼としたジャケ | 76-可愛いジャケ | 77-人形・彫像ジャケ | 78-セクシーなジャケ | 81-文字ジャケ | 82-グラフィック・ジャケ | 83-エスニック・民族ジャケ | 88-家紋の一覧(神紋、寺紋なども含む) | 89-文様のサンプル | 89-文様の一覧 | 90-写真の一覧 | 90-神社、写真 | 90-神社の一覧 | 91-オーディオ・カートリッジ | 91-レコード用カートリッジ一覧 | 92-レコードの魅力 | 93-レコード店 | 94-サッカー | 95-映画・演劇 | 96-本・雑誌 | 97- IT 関連 | 98-株価指数、為替、投資信託 | 98-経済・資産運用 | 99-健康 | A&M, Ode | ABC, Dunhill | Archiv | Asylum, Geffen | Atlantic (jazz) | Atlantic, Atco | B&C, Pegasus | Blue Horizon, Bronze | Blue Note | Capitol, MCA, MGM | Charisma, Mooncrest | Charlin, Valois, Harmonia Mundi, Arion, Caliope | Chrysalis | Columbia, CBS (jazz) | Columbia, CBS, Epic | Columbia, CBS, Epic (Classic) | Contemporary | Decca, London (Classic) | Decca, Threshold, London | Deram, Nova | deutsche harmonia mundi | ECM, Enja | Elektra, Nonesuch | Elkar, Xoxoa (スペイン:バスク) | EMI, HMV, Angel | Erato | Eterna | Fantasy (OJC) | Grammophon | Harvest, EMI, Columbia, Regal Zonophone | Impulse | Indies Records (チェコ) | Island | Liberty, United Artists | Libra (ギリシャ) | Manticore, Swan Song, Purple | Melodiya, MK (ロシア) | Mercury, EmArcy | Neon | Numero Uno, Ricordi, Cramps | Parlophone, Apple, Odeon | Pathe Marconi | Philips, Fontana (Classic) | Philips, Fontana, PolyGram | Polydor, Marmalade | Prestige, New Jazz, Status | Prikosnovenie (フランス) | Pye, Dawn | RCA | RCA Victor (Classic) | Reprise, Warner Bros. | Riverside, Jazzland | Savoy | Telefunken、Teldec | Track, Reaction | Transatlantic, Topic, Trailer, York | Vanguard | Vertigo, Nepentha | Verve | Virgin, Caroline | Westminster, Vox | クラシックの諸レーベル | ジャズの諸レーベル | ヨーロッパのロック系レーベル | 再発盤レーベル (Jazz, Classic) | 再発盤レーベル (Rock) | 日本のその他のレーベル | 日本: Speedstar | 日本:キング・レコード, ベルウッド | 日本:コロムビア, Denon | 日本:ソニー | 日本:テイチク | 日本:トリオ (Trio) | 日本:ビクター, RVC | 日本:フォノグラム、フィリップス | 日本:ポリドール、グラモフォン | 日本:ワーナー・パイオニア | 日本:東芝音楽工業, 東芝 EMI | 米国のロック系レーベル | 米国の新興レーベル | 英国のロック系レーベル | 英国の新興レーベル

最近のトラックバック

ウェブページ