カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「Capitol, MCA, MGM」の25件の記事

2016年12月27日 (火)

ウィッシュボーン・アッシュ (Wishbone Ash) 「Live Dates」

20161226_wa  英国のロック・バンド、ウィッシュボーン・アッシュが1973年に MCA から発表したライブ盤だ。アナログ盤で2枚組の大作だ。
 スタジオ・アルバムからの代表的な曲を網羅したベスト盤的なライブだ。哀愁感あるロックが素晴らしい。充実したライブだと思う。
 アルバムはドイツ・プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年12月 3日 (土)

ウィッシュボーン・アッシュ (Wishbone Ash) 「Pilgrimage」

20161203_wa  英国のロック・バンド、ウィッシュボーン・アッシュが1971年に MCA から発表したセカンド・アルバムだ。
 ツイン・ギターによる哀愁のハード・ロックを提供するバンドの力作だ。ノリの良いロックが素敵な感じだ。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 

2016年11月27日 (日)

ウィッシュボーン・アッシュ 「Wishbone Ash」

20161127_wa  英国のロック・バンド、ウィッシュボーン・アッシュが1970年に MCA から発表したファースト・アルバムだ。
 ツイン・リード・ギターによる哀愁感ある英国流ロックを聴かせるバンドのデビュー作だ。ハードさと陰影感が合わさったブリティッシュ・ロックは好きな部類だ。
 アルバムは米国プレス(Decca)によるアナログ盤で保有している。音質は、まずまず良いと思う。
 
 

2016年7月24日 (日)

ザ・バンド 「The Band」

20160724_tb  カナダ・米国出身者で結成されたロック・バンド、その名もザ・バンドが1969年に Capitol から発表したセカンド・アルバムだ。
 彼等の最高傑作と呼ばれているが依存はないだろう。ロック、カントリー、ブルースなど、米国の多様な音楽を統合した心温まるも力強いサウンドが素晴らしい。
 アルバムは東芝音工によるアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年1月31日 (日)

ミック・グリーンウッド (Mick Greenwood) 「...to friends」

20160131_mg  英国の SSW、ミック・グリーンウッドが1972年に MCA から発表したセカンド・アルバムだ。
 爽やかなフォークロックはファースト・アルバムと同じ路線だが、力強い演奏も加わり全体的には聴き応えのある内容だ。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 
A2. Spooked
A3. See Yourself
A4. Mother Earth
A5. All Aboard The Train
B1. Share The Load
B3. Charlie
B4. Berzerk
B5. Space Captain
B6. How Do You Feel In Your Bones

2016年1月29日 (金)

ミック・グリーンウッド (Mick Greenwood) 「Living Game」

20160129_mg  英国のSSW、ミック・グリーンウッドが1971年に MCA から発表したアルバムだ。
 爽やかなフォークロックが中心だ。若干、ジャズやサイケの隠し味があるが、ほとんど前面に出ない。あくまで人の良さそうな青年によるバラード調の曲が中心だ。内容は良いと思う。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は、まずまず良いと思う。
 
、、、
 
1. Taxi
4. My Life
5. To the Sea
7. To the Farside
8. Truth Seeker
9. Situation Number Four
10. Keep Coming Back
11. Sight

2014年12月14日 (日)

エリック・バートン&ジ・アニマルズ (Eric Burdon & The Animals) 「The Twain Shall Meet」

20141213_eb  英国出身のロック・シンガーであるエリック・バートンが米国で結成したロック・バンド、エリック・バートン&ジ・アニマルズが1968年に MGM から発表したアルバムだ。
 ブラス入りのパンチのある曲から内証的な曲、あるいは実験的な曲まで、かなり多彩な内容だ。サイケデリック・ロック、フォーク、ブルースなどを取り入れたロックは、なかなか面白いと思う。
 アルバムはドイツ・プレスの再発アナログ盤で保有している。音質は普通だ。
 
 

2014年12月 4日 (木)

エリック・バートン&ジ・アニマルズ (Eric Burdon & The Animals) 「Every One of Us」

20141204_eba_2  英国出身のエリック・バートンが米国で結成したロック・バンド、エリック・バートン&ジ・アニマルズが1968年に MGM から発表したアルバムだ。
 前回までのサイケデリック色から突き抜けてジャズ、ブルース、フォーク、プログレなどを取り入れた実験的な内容となっている。全体的には静かでシアトリカルな感じだ。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 

2014年11月29日 (土)

エリック・バートン&ジ・アニマルズ (Eric Burdon & The Animals) 「Winds of Change」

20141129_ea  英国のロック・ヴォーカリストであるエリック・バートンが米国で再結成したアニマルズが、1967年に MGM から発表したアルバムだ。
 サイケデリック・ロックやブルースロックなどを取り入れた、骨太でシリアスな雰囲気が強い演奏だ。古臭い感じもするが、聴き応えはある。
 アルバムは日本ポリドールによるアナログ盤で保有している。音質は、まずまずだと思う。
 
 

2014年10月28日 (火)

エリック・バートン&ジ・アニマルズ (Eric Burdon & The Animals) 「Love Is」

20141028_eb  英国出身のエリック・バートンが米国に渡って結成したロック・バンド、エリック・バートン&ジ・アニマルズが1968年に MGM から発表したアナログ2枚組のアルバムだ。
 全8曲中7曲がカヴァーでトラフィックの「Coloured Rain」も演奏している。サイケデリックの影響が強いが、エリック・バートン特有のあくの強いヴォーカルが良い。ポップ、フォーク、サイケデリック、R&B などが混在した、如何にも60年代後半の米国西海岸ミュージックだ。
 アルバムはドイツ・プレスの再発盤(Polydor)で保有している。音質は、まずまずだ。
 
 

その他のカテゴリー

00-サイトマップ | 00-レコードのレーベル一覧 | 01-ブリティッシュ・ロック(1960-70年代) | 02-アメリカン・ロック(1960-70年代) | 03-ロック(1980年代以降) | 04-トラッド・フォーク | 05-ユーロ・ロック | 06-ジャズ(米国) | 07-ジャズ(欧州・他) | 08-クラシック | 09-日本のいろいろな音楽 | 10-世界のいろいろな音楽 | 11-メインストリーム(王道系) | 12-プログレッシブ・ロック | 13-ブルース・ロック | 14-エレクトリック・トラッド、プログレッシブ・トラッド | 15-ファンタジック、ヘヴンリー・ヴォイス | 16-フォーク・ロック、オーガニック | 17-シアトリカルな音楽 | 17-陰りのある音楽、地味な音楽 | 18-民族音楽、中世音楽、素朴 | 19-ハードな音楽 | 19-ポップな音楽 | 20-透明感、ひんやり、神々しい | 21-軽快、豪快、メロディアス | 22-シリアス、重厚 | 23-斬新なジャズ・クラシック | 24-正統派ジャズ・クラシック | 25-冗談、ユーモア、パロディ | 26-エクスペリメンタル、ポストロック | 27-エレクトロニカ、クラブ系 | 28-スワンプ、サザン・ロック、パブロック、カントリー | 29-ファンク、レゲエ、ダブ | 30-ダーク、荒涼、へヴィ、奇怪 | 31- KEEF | 32- HIPGNOSIS | 33- Roger Dean | 35-顔ジャケ・人物ジャケ | 36-イラスト人物ジャケ | 37-仮面・化粧・変な顔ジャケ | 38-サングラス・帽子ジャケ | 39-楽器ジャケ | 40-拳ジャケ(身体の一部) | 41-歴史・昔風コスプレ・ジャケ | 42-絶唱・ライブ・ジャケ | 43-サイケデリック・ジャケ | 44-酒・タバコ・葉巻ジャケ | 45-レンガ・石畳・壁ジャケ | 46-室内・部屋ジャケ | 47-建物・街並みジャケ | 48-遺跡・廃墟ジャケ | 49-身近な自然ジャケ | 50-大いなる自然・宇宙ジャケ | 51-ストリート・広場ジャケ | 52-庭・公園ジャケ | 53-食事・宴会ジャケ | 54-炎のジャケ、光のジャケ | 55-ポジネガ・歪んだジャケ | 56-動物ジャケ | 57-花・植物ジャケ | 58-謎の生物・怪獣・妖怪ジャケ | 61-乗り物ジャケ | 62-機械・ロボット・ジャケ | 63-遊び道具ジャケ | 64-食べ物・生活用品ジャケ | 65-ミリタリー・ジャケ | 66-工場・労働者ジャケ | 70-暗めなファンタジック・ジャケ | 71-ファンタジック・ジャケ | 72-SF ジャケ、シュールなジャケ | 73-奇怪なジャケ・呪術的なジャケ | 74-ひょうきんなジャケ | 75-荒涼としたジャケ | 76-可愛いジャケ | 77-人形・彫像ジャケ | 78-セクシーなジャケ | 81-文字ジャケ | 82-グラフィック・ジャケ | 83-エスニック・民族ジャケ | 88-家紋の一覧(神紋、寺紋なども含む) | 89-文様のサンプル | 89-文様の一覧 | 90-写真の一覧 | 90-神社、写真 | 90-神社の一覧 | 91-オーディオ・カートリッジ | 91-レコード用カートリッジ一覧 | 92-レコードの魅力 | 93-レコード店 | 94-サッカー | 95-映画・演劇 | 96-本・雑誌 | 97- IT 関連 | 98-株価指数、為替、投資信託 | 98-経済・資産運用 | 99-健康 | A&M, Ode | ABC, Dunhill | Archiv | Asylum, Geffen | Atlantic (jazz) | Atlantic, Atco | B&C, Pegasus | Blue Horizon, Bronze | Blue Note | Capitol, MCA, MGM | Charisma, Mooncrest | Charlin, Valois, Harmonia Mundi, Arion, Caliope | Chrysalis | Columbia, CBS (jazz) | Columbia, CBS, Epic | Columbia, CBS, Epic (Classic) | Contemporary | Decca, London (Classic) | Decca, Threshold, London | Deram, Nova | deutsche harmonia mundi | ECM, Enja | Elektra, Nonesuch | Elkar, Xoxoa (スペイン:バスク) | EMI, HMV, Angel | Erato | Eterna | Fantasy (OJC) | Grammophon | Harvest, EMI, Columbia, Regal Zonophone | Impulse | Indies Records (チェコ) | Island | Liberty, United Artists | Libra (ギリシャ) | Manticore, Swan Song, Purple | Melodiya, MK (ロシア) | Mercury, EmArcy | Neon | Numero Uno, Ricordi, Cramps | Parlophone, Apple, Odeon | Pathe Marconi | Philips, Fontana (Classic) | Philips, Fontana, PolyGram | Polydor, Marmalade | Prestige, New Jazz, Status | Prikosnovenie (フランス) | Pye, Dawn | RCA | RCA Victor (Classic) | Reprise, Warner Bros. | Riverside, Jazzland | Savoy | Telefunken、Teldec | Track, Reaction | Transatlantic, Topic, Trailer, York | Vanguard | Vertigo, Nepentha | Verve | Virgin, Caroline | Westminster, Vox | クラシックの諸レーベル | ジャズの諸レーベル | ヨーロッパのロック系レーベル | 再発盤レーベル (Jazz, Classic) | 再発盤レーベル (Rock) | 日本のその他のレーベル | 日本: Speedstar | 日本:キング・レコード, ベルウッド | 日本:コロムビア, Denon | 日本:ソニー | 日本:テイチク | 日本:トリオ (Trio) | 日本:ビクター, RVC | 日本:フォノグラム、フィリップス | 日本:ポリドール、グラモフォン | 日本:ワーナー・パイオニア | 日本:東芝音楽工業, 東芝 EMI | 米国のロック系レーベル | 米国の新興レーベル | 英国のロック系レーベル | 英国の新興レーベル

最近のトラックバック

ウェブページ