カテゴリー

無料ブログはココログ

« ヴィラ=ロボス (Heitor Villa-Lobos) 「ブラジル風バッハ」 | トップページ | オーネット・コールマン (Ornette Coleman) 「The 1987 Hamburg Concert」 »

2017年7月17日 (月)

渡辺貞夫 「Live at the Junk」

20170717_ws  日本を代表するジャズ・サックス奏者、渡辺貞夫が1969年に録音したライブ実況盤だ。
 共演は増尾好秋(guitar),鈴木良雄(bass),渡辺文男(drums)である。
 この時期、渡辺貞夫の演奏はエレクトリック・ジャズ路線で、とても斬新な演奏を繰り広げている。このライブもエレキギターを交えての白熱の演奏を提供している。ロック・ファンでも大満足間違いなしのアルバムだ。
 アルバムはCDで保有している。是非ともアナログ盤で手に入れたいところだ。
1. Cheryl
2. If I Said The Sky Was Fallin'
4. This Guy's In Love With You
6. Here's That Rainy Day
7. Granny's Samba - Ending Felicidade

« ヴィラ=ロボス (Heitor Villa-Lobos) 「ブラジル風バッハ」 | トップページ | オーネット・コールマン (Ornette Coleman) 「The 1987 Hamburg Concert」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺貞夫 「Live at the Junk」:

« ヴィラ=ロボス (Heitor Villa-Lobos) 「ブラジル風バッハ」 | トップページ | オーネット・コールマン (Ornette Coleman) 「The 1987 Hamburg Concert」 »

最近のトラックバック

ウェブページ