カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月28日 (土)

雙林寺 (群馬県渋川市中郷)

 群馬県渋川市内の雙林寺を訪れた。渋川でお気に入りの場所だ。(寺社一覧

 
posted by (C)Rubber Soul
 

マーヴィン・ゲイ (Marvin Gaye) 「Let's Get It On」

20170127_mg2  米国のソウル・シンガー、マーヴィン・ゲイが1973年に Tamla (Motown系) から発表した第13作目のアルバム。
 スルーバラードを情感豊かに歌い上げる。大人の男の魅力を存分に感じさせる。極上のポップ・ミュージックが楽しめる。
 アルバムは米国プレスの再発アナログ盤(MCM盤)で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 

スティーヴィー・ワンダー (Stevie Wonder) 「Talking Book」

20170127_sw  米国のソウル・ミュージックのスーパースター、スティーヴィー・ワンダーが1972年に Tamla から発表した第15作目のアルバムだ。
 B1の「Superstition」を筆頭に、最高のソウル・ミュージックを提供している。ソウルという狭いジャンルで括らずに、まさに黄金のポップ・ミュージックとなっている。
 アルバムは米国プレスの再発アナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 

バンコ (Banco Del Mutuo Soccorso) 「Come in Un'ultima Cena」

20170127_ba  イタリアのプログレッシブ・ロック・バンド、バンコが1976年に Manticore から発表した第6作目のアルバムだ。
 ELPが設立したレーベル Manticore から発表された。洗練されてきたとは言え、哀愁と荒々しさが同居した演奏となっている。まずまずの内容だと思う。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2017年1月27日 (金)

チャイコフスキー (Pyotr Il'yich Tchaikovsky) 「バイオリン協奏曲」

 ダヴィッド・オイストラフのバイオリン、コンドラシンの指揮、ソビエト国立交響楽団の演奏で聴く。情感豊かな演奏だ。1978年メロディアによるアナログ盤だが、音質はまずまず良いと思う。

マーヴィン・ゲイ (Marvin Gaye) 「What's Going on」

20170127_mg  米国のソウル・シンガー、マーヴィン・ゲイが1971年に Motown の Tamla から発表した第11作目のアルバムだ。
 このアルバムより自分でプロデュースをし、大成功を収めたアルバムだ。彼独自の世界観、クールながらも大人の色気を聴かせる。今でも色褪せない大傑作アルバムとなっている。
 アルバムは米国プレスの再発アナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 

ボブ・ディラン 「Bob Dylan At Budokan」

20170127_bd  米国の偉大なるミュージシャン、ボブ・ディランが1979年に CBS から発表したライブ盤だ。録音は1978年の武道館で、アナログ盤2枚組の大作だ。
 1曲目の「Mr. Tambourine Man」のリコーダーの音色に、どこか陽気な演奏を感じさせる。全体的にはバンドとして演奏を聴かせる。オリジナルとは異なるアレンジだが、十分に聴き応えがある。
 アルバムはオランダ・プレスの再発アナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2017年1月22日 (日)

群馬県渋川市の写真

 群馬県渋川市(私の出身地・故郷)の写真集です。(写真の一覧へ

posted by (C)Rubber Soul

真光寺 (群馬県渋川市渋川)

 渋川市の中心に位置する真光寺を訪れた。(寺社一覧

 
posted by (C)Rubber Soul
 

2017年1月21日 (土)

東京都港区の写真

 東京都港区の写真集です。(写真の一覧へ

posted by (C)Rubber Soul

2017年1月12日 (木)

東京都新宿区の写真

 東京都新宿区の写真集です。(写真の一覧へ

posted by (C)Rubber Soul

2017年1月 9日 (月)

花園神社 (新宿区新宿)

 新宿の花園神社を訪れた。大都会の中の神社だ。(寺社一覧

 
posted by (C)Rubber Soul
 

2017年1月 8日 (日)

東京都品川区の写真

 東京都品川区の写真集です。(写真の一覧へ

posted by (C)Rubber Soul

2017年1月 7日 (土)

ウッデン・ホース 「Wooden Horse II」

20170107_wh  英国のフォーク・バンド、ウッデン・ホースが1973年に York から発表したセカンド・アルバムだ。
 さわやかな男女コーラスで米国的なフォークロックを聞かせる。それでも英国らしい陰影感も感じさせる。癖がなく清楚なフォークを聴かせる。
 アルバムは Tapestry による再発アナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 
4. Kali
5. Pick Up The Pieces
6. July Morning
7. Coming Home
8. For You
10. Afternoon

イエス (Yes) 「Close To The Edge」

20170107_yes  英国のプログレッシブ・ロック・バンド、イエスが1972年に Atlatic より発表した第5作目のアルバムだ。
 A面1曲、B面2曲構成のアルバムだ。彼らの代表作だがロック史にも残る傑作アルバムだ。5人のメンバーによる唄・コーラス・演奏が高次元で展開される。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はとても良い。
 
 

ウイントン・ケリー (Wynton Kelly) 「Whisper Not」

20170107_wk  米国のジャズ・ピアニスト、ウイントン・ケリーが1958年に Riverside へ録音したアルバムだ。
 共演は Kenny Burrell (Guitar), Paul Chambers (Bass), Philly Joe Jones (Drums) である。
 軽快な演奏だ。半数の曲はドラムが入らない演奏となっている。しっとりしながらも軽快な演奏が良い。
 アルバムは Jazzland による再発アナログ盤(ジャケット違い)で保有している。音質は良いと思う。
 
 

ウォーリー (Wally) 「Valley Gardens」

20170107_wa  英国のプログレ・バンド、ウォーリーが1975年に Atlantic から発表したセカンド・アルバムだ。
 フォークロックとプログレを合わせた暖かな演奏を提供する。ポップながらも美しいサウンドが特徴だ。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

ウルフ (Darryl Way's Wolf) 「Canis Lupus」

20170107_dw  英国のプログレッシブ・ロック・バンド、ウルフが1973年に Deram から発表したファースト・アルバムだ。
 元カーヴド・エアのバイオリン奏者であるダリル・ウェイが結成したバンドだ。後にソフト・マシーンに参加するジョン・エサーリッジが在籍、プロデューサーには元クリムゾンのイアン・マクドナルドが担当している。
 プログレやジャズなどを取り入れているが、案外、ポップな演奏だと思う。
 アルバムが英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

ヤードバーズ 「Live Yardbirds」

20170107_yb  英国のロック・バンド、ヤードバーズのライブ盤だ。録音は1968年で発売は1971年である。
 ジミー・ペイジが中心となった時期で、レッド・ツェッペリンへの移行期のライブだ。A3「I'm Confused(Dazed And Confused)」などが含まれる。ボーカルのキース・レルフだが、正直、ツェッペリン的な演奏では違和感がある。
 アルバムは白黒ジャケットから類推するに private なアナログ盤で保有している。音質は、あまり良くない。
 
 

2017年1月 4日 (水)

横浜市中区の写真

 横浜市中区の写真集です。(写真の一覧へ

posted by (C)Rubber Soul

2017年1月 2日 (月)

アナログ・レコードのカートリッジ一覧

 アナログ・レコードの音を鳴らすにはレコード用の針、すなわちカートリッジが必要です。実は、このカートリッジに凝っています。安価な 5,000円前後のカートリッジから、高級カートリッジまで、かなり多くのメーカーの製品を聴きました。
 カートリッジのメーカーの一覧を列挙し、リンク先で感想を記載しています。

[ 特に気に入っているメーカー ]

[ まずまず気に入っているメーカー ]

[ 再評価中のカートリッジ ]

  • LYRA (ライラ) --- 高価なカートリッジで快活で繊細な音質だが、私のオーディオ・システムでは聴き疲れを感じる。(本当に残念)

 いろいろなメーカーのカートリッジを聴いてみて、一応の全体評価を記載する。

  1. ご当地音楽はご当地カートリッジで聴くのがいいと思う。ヨーロッパの音楽はヨーロッパ製のカートリッジ(Ortofon, GOLDRING, BenzMicro)、米国の音楽は米国のカートリッジ(STANTON, PICKERING, SUMIKO, SHURE)がいいと思う。
  2. オールジャンルの音楽を1つのカートリッジで聴くなら日本のカートリッジ(DENON, SHELTER, audio-technica, NAGAOKA)が選択肢になる。
  3. MC カートリッジの場合、アンプやフォノイコライザーの負荷インピーダンスには注意が必要だ。中インピーダンスの MC カートリッジなら一般的なアンプの MC 入力に合うと思うので GOLDRING, BenzMicro, DENON あたりから選択するのが良いと思う。
  4. 値段が1万円前後のカートリッジなら GOLDRING がお勧めだと思う。
  5. 3~5万円クラスのカートリッジはさすがに音質が良いと思う。ただし、私のオーディオ・システムでは10万円以上のカートリッジと3~5万円のカートリッジでは、値段程の差は感じない。(オーディオ・システムにもよるが3~5万円のカートリッジなら、かなり満足できると思われる)
  6. モノラルのカートリッジに関しては、選択肢に苦労している。そこそこ高級な MM 型カートリッジの登場を待っている状態だ。
  7. いくらカートリッジが良くても、レコードの音質が悪ければ話にならない。カートリッジよりレコードの音質に注意を払うべきだ。

ビートルズのアナログ盤と各カートリッジの聴き比べ

 同じタイトルのレコードを何枚もそろえることは、ほとんど無いけれど、ビートルズだけは同じタイトルを複数持っている。同じ内容の曲だが、レコードによる音色の違いを楽しんでいる。
 さらに、実はカートリッジ・ファンでもある(所有しているカートリッジの一覧はこちら)。同じレコードでもカートリッジが違うと、またレコードの音色が変わるところが(アナログ再生の)面白さでもある。


「基準となるカートリッジ」

  • ビートルズは英国出身なので、基準となるカートリッジも英国製が良いと思う。GOLDRING(ゴールドリング)の EROICA GX で一通り聴いて、他のカートリッジと比較したい。
  • モノラル専用のカートリッジは適当なものが見当たらない。取り敢えず、オルトフォン(Ortofon)の OM D25M を基準にしたい。元気な音色はロックやジャズのモノラル盤に合っていると思う。

「英国ステレオ盤」


「英国モノラル盤」


「米国 Apple 盤」


「米国 Mobile  Fidelity 盤」


「日本 1980 年代再発モノラル盤」


「ドイツ盤、DMM 盤」


「2012年リマスター・ステレオ盤」


多分、10年間くらいは更新し続けるページとなりそうです。 (最終更新日 2013/02/20、初回作成日 2013/02/20)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

最近のトラックバック

ウェブページ