カテゴリー

無料ブログはココログ

« レッド・ツェッペリン (Led Zeppelin) 「Presence」 | トップページ | ジュリー・ドリスコール (Julie Driscoll) 「1969」 »

2015年6月14日 (日)

ジュニア・マンス (Junior Mance) 「The Soulful Piano of Junior Mance」

20150614_jm  米国のジャズ・ピアニスト、ジュニア・マンスが1960年に Jazzland へ録音したアルバムだ。
 共演は Ben Tucker (bass), Bobby Thomas (drums) である。
 小気味よいソウルフルな演奏が楽しい。あまりネームバリューが無いピアニストだが、長いキャリアを誇る。いい意味で気軽に聴ける演奏が特徴だ。
 アルバムは日本ビクターによるペラジャケ・アナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

« レッド・ツェッペリン (Led Zeppelin) 「Presence」 | トップページ | ジュリー・ドリスコール (Julie Driscoll) 「1969」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジュニア・マンス (Junior Mance) 「The Soulful Piano of Junior Mance」:

« レッド・ツェッペリン (Led Zeppelin) 「Presence」 | トップページ | ジュリー・ドリスコール (Julie Driscoll) 「1969」 »

最近のトラックバック

ウェブページ