カテゴリー

無料ブログはココログ

« キース・クリスマス (Keith Christmas) 「Stimulus」 | トップページ | プリンシパル・エドワーズ (Principal Edwards) 「The Devon Tapes」 »

2014年10月15日 (水)

マリ・ボイネ (Mari Boine) 「Winter In Moscow」

20141015_mb  ノルウェーのトラッド系女性シンガー、マリ・ボイネがロシアのフォーク・ジャズ・バンド Farlanders と組んで2001年に発表したアルバムだ。
 呪術的要素が多いマリ・ボイネだが、このアルバムはフォーク、ジャズ、ポップ、プログレなどの要素が強い。とても聴き易く、中身も充実したアルバムだ。
 アルバムはCDで保有している。音質は良いと思う。
 
 
1. Das Aiggun Cuozzut (Here Will I Stand)
2. Pjesna Ljesorubov (Song Of The Lumberjacks)
3. Korridorsangen (The Corridor Song)
4. Sjestra Maja Notsj (The Night Is My Sister)
5. Vozlje Tvojej Ljobvi (Near Your Love)
6. Odinotsjestvo-Sestritsa (Sister Loneliness)
7. Roahkkadit Rohtte Luodi, Manazan (Joik With Pride, My Child!)
8. Balada O Gorje (Ballad Of Grief)

« キース・クリスマス (Keith Christmas) 「Stimulus」 | トップページ | プリンシパル・エドワーズ (Principal Edwards) 「The Devon Tapes」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリ・ボイネ (Mari Boine) 「Winter In Moscow」:

« キース・クリスマス (Keith Christmas) 「Stimulus」 | トップページ | プリンシパル・エドワーズ (Principal Edwards) 「The Devon Tapes」 »

最近のトラックバック

ウェブページ