カテゴリー

無料ブログはココログ

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「教会カンタータ BWV 56, 82」 | トップページ | クラウディオ・ロッキ (Claudio Rocchi) 「Flying Viaggio」 »

2014年1月10日 (金)

ブライアン・ショート (Brian Short) 「Anything For A Laugh」

20140110_bs  英国のロック・ミュージシャン、ブライアン・ショートが1971年に Transatlantic から発表した唯一のアルバムだ。
 ブライアン・ショートは英国のブルースロック・バンドであるブラック・キャット・ボーンズのメンバーだ。このアルバムはブルースフィーリングを残しながらも、レーベルらしいフォークロック色が強い。実に渋いが、実に英国らしい音楽を提供している。お勧めだ。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は、かなり良い。

Amazon

A1. Ring That Bell
A2. Emily (お勧め)
A3. Don't Need You Anymore
A4. With You On My Side
A5. Blue Tuesday
A6. I Think It's Going To Rain Today   
B1. Mother Molly
B2. Anything For A Laugh
B3. Wishing Well
B4. Winter Comes
B5. Goodbye Brother Paul
B6. Always Another Train

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「教会カンタータ BWV 56, 82」 | トップページ | クラウディオ・ロッキ (Claudio Rocchi) 「Flying Viaggio」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブライアン・ショート (Brian Short) 「Anything For A Laugh」:

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「教会カンタータ BWV 56, 82」 | トップページ | クラウディオ・ロッキ (Claudio Rocchi) 「Flying Viaggio」 »

最近のトラックバック

ウェブページ