カテゴリー

無料ブログはココログ

« ショスタコーヴィチ (Dmitry Shostakovich) 「交響曲第4番」 | トップページ | フィリップ・グッドハンド=テイト (Phillip Goodhand-Tait) 「I Think I'll Write A Song」 »

2013年7月28日 (日)

ラリー・ヤング (Larry Young) 「Unity」

20130728_ly  米国のジャズ・オルガン奏者、ラリー・ヤングが1965年に Blue Note へ録音したアルバムだ。
 共演は Woody Shaw (Trumpet), Joe Henderson (Tenor Sax), Elvin Jones (Drums) となっている。
 ベース奏者は参加しておらずオルガンのペダルが代用されている。ホーンの演奏が休みのときはオルガンとドラムスの2人になるが、それでも厚みのある演奏を提供してくれる。
 アルバムは米国プレスの再発アナログ盤(2000年代)で保有しているが、音質は良いと思う。

Amazon

A1. Zoltan
A2. Monk's Dream
A3. If
B4. Moontrane
B5. Softly, As in a Morning Sunrise
B6. Beyond All Limits

« ショスタコーヴィチ (Dmitry Shostakovich) 「交響曲第4番」 | トップページ | フィリップ・グッドハンド=テイト (Phillip Goodhand-Tait) 「I Think I'll Write A Song」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラリー・ヤング (Larry Young) 「Unity」:

« ショスタコーヴィチ (Dmitry Shostakovich) 「交響曲第4番」 | トップページ | フィリップ・グッドハンド=テイト (Phillip Goodhand-Tait) 「I Think I'll Write A Song」 »

最近のトラックバック

ウェブページ