カテゴリー

無料ブログはココログ

« グラント・グリーン (Grant Green) 「Oleo」 | トップページ | 須賀神社 (新宿区須賀町) »

2013年5月19日 (日)

ジョン・メイオール (John Mayall) 「The Blues Alone」

20130519_jm  英国のブルースロック系ミュージシャン、ジョン・メイオールが1967年に Decca 系のサブ・レーベル Ace of Clubs から発表した5枚目のアルバムだ。
 エリック・クラプトン、ミック・テイラー、フリートウッド・マックのメンバーなど、後の大物を数多く輩出したジョン・メイオールのバンドだが、このアルバムは彼一人でほとんどの楽器を演奏している(ドラムスにキーフ・ハートレイが入っているのみ)。演奏が渋めになったが、個人的には前作までよりこのアルバムが気に入っている。
 アルバムは米国 London によるアナログ盤で保有している。音質は、まずまず良いと思う。

Amazon

A1. Brand New Start
A2. Please Don't Tell
A3. Down The Line
A4. Sonny Boy Blow
A5. Marsha's Mood
A6. No More Tears
B7. Catch That Train
B8. Cancelling Out
B9. Harp Man
B10. Brown Sugar
B11. Broken Wings
B12. Don't Kick Me

« グラント・グリーン (Grant Green) 「Oleo」 | トップページ | 須賀神社 (新宿区須賀町) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・メイオール (John Mayall) 「The Blues Alone」:

« グラント・グリーン (Grant Green) 「Oleo」 | トップページ | 須賀神社 (新宿区須賀町) »

最近のトラックバック

ウェブページ