カテゴリー

無料ブログはココログ

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「マタイ受難曲」 | トップページ | ブリジット・フォンテーヌ (Brigitte Fontaine) 「Comme à la radio (ラジオのように)」 »

2013年2月15日 (金)

グラント・グリーン (Grant Green) 「Grant's First Stand」

20130215_gg  米国のジャズ・ギタリスト、グラント・グリーンが1961年に Blue Note へ録音したアルバムだ。
 共演は 'Baby Face' Willette (Organ), Ben Dixon (Drums) で、ギターとオルガン、ドラムスによるトリオ編成だ。
 グラント・グリーンにしては幾分、落ち着いた感じの演奏だが、ギターとオルガンの演奏が堪能できる好盤だ。
 アルバムは再発のアナログ盤で保有している。音質は普通だと思う。

Amazon

A1. Miss Ann's Tempo
A2. Lullaby of the Leaves
A3. Blues for Willarene
B4. Baby's Minor Lope
B5. 'Tain't Nobody's Business If I Do
B6. A Wee Bit of Green

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「マタイ受難曲」 | トップページ | ブリジット・フォンテーヌ (Brigitte Fontaine) 「Comme à la radio (ラジオのように)」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラント・グリーン (Grant Green) 「Grant's First Stand」:

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「マタイ受難曲」 | トップページ | ブリジット・フォンテーヌ (Brigitte Fontaine) 「Comme à la radio (ラジオのように)」 »

最近のトラックバック

ウェブページ