カテゴリー

無料ブログはココログ

« グラント・グリーン (Grant Green) 「Grant's First Stand」 | トップページ | ゲイリー・ピーコック (Gary Peacock) 「Tales of Another」 »

2013年2月15日 (金)

ブリジット・フォンテーヌ (Brigitte Fontaine) 「Comme à la radio (ラジオのように)」

20130215_bf  フランスのアヴァンギャルド系シンガー、ブリジッド・フォンテーヌが1969年に Saravah から発表したアルバムだ。
 バックの演奏は前衛ジャズ集団、アート・アンサンブル・オブ・シカゴが担当している。
 歌とバックの演奏の両方が前衛的で刺激的だ。奇妙で浮遊感があり、それでもポップな感じもして、アヴァンギャルドにしては聴き易い。今でも新鮮さがあるぶっ飛びの演奏だ。
 アルバムは日本コロンビアによるアナログ盤で保有している。音質は、かなり良いと思う。

Amazon

A1. Comme A La Radio (お勧め)
A2. Tanka II
A3. Le Brouillard
A4. Jai 26 Ans
B5. Lete Lete
B6. Encore
B7. Leo
B8. Les Petites Chevaux
B9. Tanka I
B10. Letter A Monsieur Le Chef De Gare De La Tour Carol

« グラント・グリーン (Grant Green) 「Grant's First Stand」 | トップページ | ゲイリー・ピーコック (Gary Peacock) 「Tales of Another」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« グラント・グリーン (Grant Green) 「Grant's First Stand」 | トップページ | ゲイリー・ピーコック (Gary Peacock) 「Tales of Another」 »

最近のトラックバック

ウェブページ