カテゴリー

無料ブログはココログ

« ビートルズ (Beatles) 「Hey Jude」 | トップページ | ビートルズ (Beatles) 「Love Songs」 »

2012年11月22日 (木)

ビートルズ (Beatles) 「1962-1966(赤盤)」「1967-1977(青盤)」

20121122_be16  英国のロック・バンド、ビートルズの前期におけるベスト盤だ。解散後の1973年に発表されている。後期のベスト盤は「1967-1977(青盤)」である。
 ヒット曲を中心に、シングル・カットされないがアルバムで人気の高い曲も含まれ、まさにベスト盤という雰囲気だ。前期の若々しいロック・ナンバーやバラードを楽しめる。
 後期のベスト盤「青盤」は、もう夢のような豪華な曲で構成されていて最高のアルバムであろう。

・赤盤アナログ: 英国盤 PCS 7171-2
    マトリックス 6/5 // 5/5
・青盤アナログ: 英国盤 PCS 7181-2
    マトリックス 4/3 // 2/1
・青盤 CD : リマスター 2010年盤

 赤盤の英国アナログ盤はオリジナル・アルバムの迫力さは無いが、それでも若々しい溌剌とした音質だ。
 青盤の英国アナログ盤も赤盤と同様だ。音の厚みはオリジナルよりは落ちるが、いい意味で軽やかな感じの音質だ。
 2010年に発売されたリマスターのCDはかなり良い音質だと思う。迫力と繊細さが同居して音色もクリアだ。基本的には文句なしだが、ノイジーさが無いので、なまなましい存在感がアナログに比べると弱いと思う。まあ、これは昔からのアナログ派の難癖を含んだ感想でもあるけれど。(でも、「I Am the Walrus」のヒステリックな演奏は、やっぱりアナログでしか再現できないと思うけれど、どうだろう? さらに言えば、音色が優等生過ぎて面白くないような感じもするが、これは、さすがに言い過ぎか?)

Amazon

A1. Love Me Do
A2. Please Please Me
A3. From Me to You
A4. She Loves You
A5. I Want to Hold Your Hand
A6. All My Loving
A7. Can't Buy Me Love
B8. A Hard Day's Night
B9. And I Love Her
B10. Eight Days a Week
B11. I Feel Fine
B12. Ticket to Ride
B13. Yesterday
C1. Help!
C2. You've Got to Hide Your Love Away
C3. We Can Work It Out
C4. Day Tripper
C5. Drive My Car
C6. Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
D7. Nowhere Man
D8. Michelle
D9. In My Life
D10. Girl
D11. Paperback Writer
D12. Eleanor Rigby
D13. Yellow Submarine

青盤の曲リンクはこちら

« ビートルズ (Beatles) 「Hey Jude」 | トップページ | ビートルズ (Beatles) 「Love Songs」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビートルズ (Beatles) 「1962-1966(赤盤)」「1967-1977(青盤)」:

« ビートルズ (Beatles) 「Hey Jude」 | トップページ | ビートルズ (Beatles) 「Love Songs」 »

最近のトラックバック

ウェブページ