カテゴリー

無料ブログはココログ

« フリートウッド・マック (Fleetwood Mac) 「The Pions Bird of Good Omen (聖なる鳥)」 | トップページ | チャイコフスキー (Pyotr Tchaikovsky) 「ヴァイオリン協奏曲」 »

2012年10月11日 (木)

ビートルズ (Beatles) 「Please Please Me」

20111225_be  ポップ・ミュージック界に多大な影響を及ぼした英国のロック・バンド、ビートルズの記念すべきファースト・アルバムで1963年に Parlophone より発表された。
 当時としてはハードな演奏に元気なコーラス・ワークの音楽だった思う。今でも溌剌としたヴォーカルとコーラス・ワークは新鮮だ。このファースト・アルバムはいい曲が多いと思う。
 ビートルズに関してはアナログ盤収集に凝っている。保有しているアルバムは以下である。

・モノラル: UK ゴールド・パーロフォン PMC 1202
  マトリックス XEX 421-1N / XEX 422-1N
・モノラル: UK イエロー・パーロフォン  PMC 1202
  マトリックス XEX 421-1N / XEX 422-1N
・ステレオ: UK イエロー・パーロフォン PCS 3042
  マトリックス YEX 94-1 / YEX 95-1
・モノラル: 日本 東芝EMI EAS-70130
・ステレオ: 米国 Mobile Fidelity Sound Lab

 ゴールド・パーロフォンはバイオレンスな音色が特徴だ。確かに迫力ある音質だが、残念ながら盤面が荒れていて、ざらざら感もある。イエローパーロフォンのモノラルも迫力ある音質で聴き応えがあると思う。ステレオ盤はヴォーカルが右で楽器が左と分かれていて、ちょっと違和感も感じるが、迫力あるサウンドは良いと思う。
 日本の再発モノラル盤はスマートさと迫力さが同居したサウンドだ。80年代プレスのレコードなので、どんなカートリッジでも相性が良く聴けるのが嬉しい。
 Mobile Fidelity 盤は、繊細さのある分離性の良い音色が新鮮だ。迫力のオリジナル盤は最高だが、Mobile Fidelity の高音質盤も良いと思う。

Amazon

A1. I Saw Her Standing There (お勧め)
A2. Misery (お勧め)
A3. Anna (Go To Him) (お勧め)
A4. Chains
A5. Boys
A6. Ask Me Why
A7. Please Please Me
B8. Love Me Do (お勧め)
B9. P.S. I Love You
B10. Baby It's You
B11. Do You Want To Know A Secret
B12. A Taste Of Honey (お勧め)
B13. There's A Place (お勧め)
B14. Twist And Shout

« フリートウッド・マック (Fleetwood Mac) 「The Pions Bird of Good Omen (聖なる鳥)」 | トップページ | チャイコフスキー (Pyotr Tchaikovsky) 「ヴァイオリン協奏曲」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビートルズ (Beatles) 「Please Please Me」:

« フリートウッド・マック (Fleetwood Mac) 「The Pions Bird of Good Omen (聖なる鳥)」 | トップページ | チャイコフスキー (Pyotr Tchaikovsky) 「ヴァイオリン協奏曲」 »

最近のトラックバック

ウェブページ