カテゴリー

無料ブログはココログ

« ヤァラルホーン (Gjallarhorn) 「Sjofn (愛と情熱の神)」 | トップページ | J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「フーガの技法」 »

2012年9月16日 (日)

ジューン・テイバー (June Tabor) 「Abyssinians」

20120916_jt  英国のトラッド・シンガー、ジューン・テイバーが1983年に Topic から発表した第4作目だ。
 ギターやピアノなど最低限のバック演奏で、彼女の哀愁感がありながら重厚でで深遠なヴォーカルが聴ける。甘さは無く厳しさを感じるが、その深遠さの先に美しさを感じる。非常に素晴らしいアルバムだと思う。
 アルバムはCDで保有している。アナログ盤あるば購入したい。

Amazon

1. The Month Of January
2. The Scarecrow
3. One Night As I Lay On My Bed
4. She Moves Among Men (The Bar Maid's Song)
5. Lay This Body Down (お勧め)
6. A Smiling Shore
7. The Bonny Boy
8. I Never Thought My Love Would Leave Me
9. The Bonny Hind
10. The Fiddle And The Drum

« ヤァラルホーン (Gjallarhorn) 「Sjofn (愛と情熱の神)」 | トップページ | J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「フーガの技法」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジューン・テイバー (June Tabor) 「Abyssinians」:

« ヤァラルホーン (Gjallarhorn) 「Sjofn (愛と情熱の神)」 | トップページ | J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「フーガの技法」 »

最近のトラックバック

ウェブページ