カテゴリー

無料ブログはココログ

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「音楽の捧げもの」 | トップページ | コロシアム (Colosseum) 「Tomorrow's Blues」 »

2012年7月13日 (金)

デューク・ピアソン (Duke Pearson) 「Profile」

20120713_dp  米国のジャズ・ピアニスト、デューク・ピアソンが1959年に Blue Note へ録音したアルバムだ。
 共演は Gene Taylor (Bass), Lex Humphries (Drums) となっている。
 地味ながら洒落た演奏で、ジャズの楽しさが伝わるアルバムだ。個人的には、なかなか良いアルバムだと思う。
 アルバムは澤野工房による再発アナログ盤で保有している。RVG (ルディ。ヴァン・ゲルダー) によるマスターではなく、本当のオリジナル・テープからのリマスタリングとなっている。RVG 盤に比べて迫力はちょっと欠けるが、落ち着いた音色となっている。

Amazon

A1. Like Someone In Love (お勧め)
A2. Black Coffee
A3. Taboo
A4. I'm Glad There Is You
B5. Gate City Blues
B6. Two Mile Run
B7. Witchcraft

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「音楽の捧げもの」 | トップページ | コロシアム (Colosseum) 「Tomorrow's Blues」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デューク・ピアソン (Duke Pearson) 「Profile」:

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「音楽の捧げもの」 | トップページ | コロシアム (Colosseum) 「Tomorrow's Blues」 »

最近のトラックバック

ウェブページ