カテゴリー

無料ブログはココログ

« 文様:更紗(サラサ):紺地格子文様 | トップページ | 八幡神社 (大田区田園調布) »

2012年5月13日 (日)

デューク・エリントン (Duke Ellington) 「Back To Back」

20120513_de  米国のジャズ・ピアニスト、デューク・エリントンが1959年に Verve へ録音したアルバムだ。
 共演は Johnny Hodges (Alto Sax), Harry Edison (Trumpet), Leslie Spann (Guitar), Al Hall, Sam Jones (Bass), Jo Jones (Drum) となっている。
 全曲ブルース・ナンバーが演奏されている。ちょっとルーズだが楽しい演奏が提供されていて、とても聴き応えがある。デューク・エリントンというと、聴きず嫌いなところもあるが、このアルバムは文句なしにお勧めだ。
 アルバムはドイツ Speakers Corner Records による再発アナログ盤で保有している。スマート過ぎる音色だが、かなり良い音質だ。

Amazon

A1. Wabash Blues (お勧め)
A2. Basin Street Blues
A3. Beale Street Blues
B4. Weary Blues
B5. St. Louis Blues
B6. Loveless Love
B7. Royal Garden Blues

« 文様:更紗(サラサ):紺地格子文様 | トップページ | 八幡神社 (大田区田園調布) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デューク・エリントン (Duke Ellington) 「Back To Back」:

« 文様:更紗(サラサ):紺地格子文様 | トップページ | 八幡神社 (大田区田園調布) »

最近のトラックバック

ウェブページ