カテゴリー

無料ブログはココログ

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「平均律クラヴィーア」 | トップページ | ケニー・バレル (Kenny Burrell) 「Jazzmen: Detroit」 »

2012年4月 7日 (土)

ウィリー・ディクソン (Willie Dixon) 「I Am The Blues」

20120407_wd  米国のブルースマン、ウィリー・ディクソンのベスト盤だ。1970年に Columbia からリリースされている。
 クリーム、レッド・ツェッペリン、ローリング・ストーンズ、ドアーズなど主要なロック・バンドがカヴァーしているブルースの巨匠だ。4曲目の「Spoonful」はクリームの代表的な曲でもある。演奏はあまり濃いとは言えないので、比較的聴き易いと思う。貫禄のあるヴォーカルと演奏は良いと思う。
 アルバムはCDで保有している。アナログ盤が欲しい所だ。

Amazon

1. Back Door Man
2. I Can't Quit You, Baby
3. The Seventh Son
4. Spoonful (お勧め)
5. I Ain't Superstitious
6. You Shook Me
7. I'm Your Hoochie Coochie Man
8. The Little Red Rooster
9. The Same Thing

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「平均律クラヴィーア」 | トップページ | ケニー・バレル (Kenny Burrell) 「Jazzmen: Detroit」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィリー・ディクソン (Willie Dixon) 「I Am The Blues」:

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「平均律クラヴィーア」 | トップページ | ケニー・バレル (Kenny Burrell) 「Jazzmen: Detroit」 »

最近のトラックバック

ウェブページ