カテゴリー

無料ブログはココログ

« ワーグナー (Richard Wagner) 「さまよえるオランダ人」 | トップページ | ジューン・テイバー (June Tabor) 「A Cut Above」 »

2012年4月 7日 (土)

ベン・ウェブスター (Ben Webster) 「King of The Tenors」

20120406_bw  米国のジャズ・サックス奏者、ベン・ウェブスターが1953年に Verve へ録音したアルバムだ。
 共演は Harry "SWEETS" Edison (Trumpet), Benny Carter (Alto Sax), Oscar Peterson (Piano), Herb Ellis, Barney Kessel (Guitar), Ray Brown (Bass), Alvin Stoller, J.C. Heard (Drums) と豪華である。
 オーソドックスながらも楽しさ満杯の演奏だ。古臭い感じはあまりしない。古風だけれど十分に面白を聴かせる演奏となっている。
 アルバムは Jazz Wax Records による再発アナログ盤で保有している。音質はとても良いと思う。

Amazon

A1. Tenderly
A2. Jive At Six
A3. Don't Get Around Much Anymore
A4. That's All
A5. Poutin'
B1. Bounce Blues
B2. Pennies From Heaven
B3. Cotton Tail
B4. Danny Boy
B5. Bounce Blues

« ワーグナー (Richard Wagner) 「さまよえるオランダ人」 | トップページ | ジューン・テイバー (June Tabor) 「A Cut Above」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベン・ウェブスター (Ben Webster) 「King of The Tenors」:

« ワーグナー (Richard Wagner) 「さまよえるオランダ人」 | トップページ | ジューン・テイバー (June Tabor) 「A Cut Above」 »

最近のトラックバック

ウェブページ