カテゴリー

無料ブログはココログ

« ボブ・ディラン (Bob Dylan) 「Blood on The Tracks (血の轍)」 | トップページ | 密蔵院 (大田区田園調布南) »

2012年1月29日 (日)

エスペランサ・スポルディング (Esperanza Spalding) 「Chamber Music Society」

20120129_es  米国の新進ジャズ・ミュージシャン、エスペランサ・スポルディングのサード・アルバムで2010年に Heads Up International で録音された。
 今回は実験的なアプローチもあるフュージョン的なサウンドとなっている。スキャットを多重録音したコーラス・ワークや、弦楽器を大幅に取り入れた演奏が素晴らしい。D 面はミュージック・コンクレート的な実験音楽となっている。ちょっと空回りなところも感じるが、若さにまかせた意欲を評価したい。
 アルバムはアナログ盤で保有している。音質は良い。

Amazon

A1. Little Fly
A2. Knowledge Of Good And Evil (お勧め)
A3. Really Very Small (お勧め)
B1. Chacarera
B2. Wild Is The Wind
B3. Apple Blossom
B4. As A Sprout
C1. What A Friend
C2. Winter Sun
C3. Inutil Paisagem
C4. Short And Sweet
D1. Chamber Music Society: Behind The Scenes
D2. Morning

« ボブ・ディラン (Bob Dylan) 「Blood on The Tracks (血の轍)」 | トップページ | 密蔵院 (大田区田園調布南) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ボブ・ディラン (Bob Dylan) 「Blood on The Tracks (血の轍)」 | トップページ | 密蔵院 (大田区田園調布南) »

最近のトラックバック

ウェブページ