カテゴリー

無料ブログはココログ

« ドビュッシー (Claude Debussy) 「夜想曲、海」 | トップページ | 佃天台地蔵尊 (中央区佃) »

2011年10月15日 (土)

ジミー・スミス (Jimmy Smith) 「Got My Mojo Workin'」

20111015_js  米国のオルガン・ジャズの第一人者、ジミー・スミスが1965年に Verve へ録音したアルバムだ。
 共演は Kenny Burrell (Guitar), Grady Tate (Drums), Ron Carter (Bass) などである。
 ファンキーなオルガンに加えてダミ声のヴォーカルも聴かせる。ぶ厚い演奏は、ヴァン・ゲルダー録音の迫力ある音質と相俟って、がんがんと迫る。共演者の演奏も素晴らしく、聴き応え十分のアルバムだ。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤(オリジナル?)で保有している。音質は、物凄く良い。

Amazon

A1. Hi-Heel Sneakers
A2. (I Can't Get No) Satisfaction (お勧め)
A3. 1-2-3 (お勧め)
A4. Mustard Greens
B5. Got My Mojo Working
B6. Johnny Come Lately
B7. C-Jam Blues
B8. Hobson's Hop

« ドビュッシー (Claude Debussy) 「夜想曲、海」 | トップページ | 佃天台地蔵尊 (中央区佃) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジミー・スミス (Jimmy Smith) 「Got My Mojo Workin'」:

« ドビュッシー (Claude Debussy) 「夜想曲、海」 | トップページ | 佃天台地蔵尊 (中央区佃) »

最近のトラックバック

ウェブページ