カテゴリー

無料ブログはココログ

« ジョン・コルトレーン (John Coltrane) 「Interplay For 2 Trumpets And 2 Tenors」 | トップページ | ボブ・ディラン (Bob Dylan) 「Desire (欲望)」 »

2011年10月24日 (月)

エラ・フィッツジェラルド (Ella Fitzgerald) 「At The Opera House」

20111024_ef  米国の女性ジャズ・ヴォーカリストの第一人者、エラ・フィッツジェラルドのライブ・アルバムだ。1958年に Verve で録音された。
 共演が凄い。A 面は Oscar Peterson, Haeb Ellis, Ray Brown, Connie Kay で、B 面はオスカー・ピーターソン・カルテットに加えて Stan Getz, Coleman Hawkins, Illinois Jaquet, Lester Young, Sonny Stitt, J.J. Johnson が参加している。
 張りのある伸びやかなヴォーカルが素晴らしい。まさに正統派のジャズ・ヴォーカルだ。ジャズ・ヴォーカルの王道を行く傑作ライブだと思う。
 アルバムは米国プレスの再発アナログ盤で保有している。音質は、かなり良い。

Amazon

A1. It's All Right With Me
A2. Don'cha Go 'Way Mad
A3. Bewitched, Bothered, And Bewildered
A4. These Foolish Things
A5. Ill Wind
A6. Goody Goody
A7. Moonlight In Vermont
B8. Stompin' At The Savoy
B9. Oh, Lady Be Good

« ジョン・コルトレーン (John Coltrane) 「Interplay For 2 Trumpets And 2 Tenors」 | トップページ | ボブ・ディラン (Bob Dylan) 「Desire (欲望)」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エラ・フィッツジェラルド (Ella Fitzgerald) 「At The Opera House」:

« ジョン・コルトレーン (John Coltrane) 「Interplay For 2 Trumpets And 2 Tenors」 | トップページ | ボブ・ディラン (Bob Dylan) 「Desire (欲望)」 »

最近のトラックバック

ウェブページ