カテゴリー

無料ブログはココログ

« ドヴォルザーク (Antonin Dvorak) 「交響曲第9番 op.95 新世界」 | トップページ | エインズレー・ダンバー・リタリエーション 「Doctor Dunbar's Prescription」 »

2011年9月16日 (金)

カル・コリンズ (Cal Collins) 「Interplay」

20110916_cc  米国のジャズ・ギタリスト、カル・コリンズのライブ盤だ。1982年に Concord Jazz Records で録音された。
 共演は Herb Ellis (Guitar), Ray Brown (Bass), Jake Hanna (Drums) と渋いメンバーが揃った。
 前に紹介した「Cincinati To L.A.」と同様、渋い演奏だが、軽めで落ち着いた演奏は好感が持てる。ハーブ・エリスやレイ・ブラウンも腕達者なのでテクニカルな演奏を聴かせる。個人的には好きな演奏だ。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良い。残念ながら Amazon では廃盤状態だ。

A1. Besame Mucho (お勧め)
A2. I'll Be Seeing You
A3. People Will Say We're In Love
B4. That's Your Head
B5. Tricia's Fantasy
B6. I Got It Bad And That Ain't Good
B7. Limehouse Blues

« ドヴォルザーク (Antonin Dvorak) 「交響曲第9番 op.95 新世界」 | トップページ | エインズレー・ダンバー・リタリエーション 「Doctor Dunbar's Prescription」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カル・コリンズ (Cal Collins) 「Interplay」:

« ドヴォルザーク (Antonin Dvorak) 「交響曲第9番 op.95 新世界」 | トップページ | エインズレー・ダンバー・リタリエーション 「Doctor Dunbar's Prescription」 »

最近のトラックバック

ウェブページ