カテゴリー

無料ブログはココログ

« 文様:名物裂(めいぶつぎれ):甲比丹(かぴたん) | トップページ | ボブ・ディラン (Bob Dylan) 「Before The Flood」 »

2011年9月 9日 (金)

カル・コリンズ (Cal Collins) 「Cincinnati To L.A.」

20110909_cc  米国のジャズ・ギター奏者、カル・コリンズのファースト
・アルバムだ。1978年に Concord Jazz Records で録音された。
 共演は Monty Budwig (Bass), Jake Hanna (Drums) である。
 1978年なのでフュージョン・ジャズの影響が強い時代だったと思うが、古風な感じのギター・トリオの演奏を提供している。渋いながらもギターの音色が素晴らしい演奏だ。地味だけれど聴き応えのある演奏だと思う。
 アルバムはアナログ盤で保有している。音質はかなり良い。残念ながら Amazon では廃盤状態のようだ。

A1. Soon (お勧め)
A2. Easy Living
A3. If I Had You
A4. I Hear a Rhapsody (お勧め)
A5. Willow Weep for Me
B6. Close Your Eyes
B7. I Fall in Love Too Easily
B8. The Touch of Your Lips
B9. A Child Is Born
B10. My Old Flame

« 文様:名物裂(めいぶつぎれ):甲比丹(かぴたん) | トップページ | ボブ・ディラン (Bob Dylan) 「Before The Flood」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カル・コリンズ (Cal Collins) 「Cincinnati To L.A.」:

« 文様:名物裂(めいぶつぎれ):甲比丹(かぴたん) | トップページ | ボブ・ディラン (Bob Dylan) 「Before The Flood」 »

最近のトラックバック

ウェブページ