カテゴリー

無料ブログはココログ

« ドヴォルザーク (Antonin Dvorak) 「弦楽四重奏曲第12番 op.96 アメリカ」 | トップページ | Stromba 「Tales From the Sitting Room」 »

2011年9月25日 (日)

バーニー・ケッセル (Barney Kessel) 「Swingin' Party」

20110925_bk  米国のジャズ・ギタリスト、バーニー・ケッセルのスタジオ・ライブを収録したアルバムで、1960年に Contemporary に録音された。
 メンバーは Marvin Jenkins (Piano, Flute), Gary Peacock (Bass), Ron Lundberg (Drums) となっている。
 アルバム・タイトル名の通り、ご機嫌の演奏だ。いい意味でパーティを連想する演奏で体が自然に踊りだすような感じだ。軽めのジャズだが、十分に楽しめる内容だ。
 アルバムはオリジナル盤のアナログ盤で保有している。さすがに音質は良い。

Amazon

A1. Bluesology (お勧め)
A2. Lover Man (Oh Where Can You Be?)
A3. Joy Spring
B4. Now's The Time
B5. Miss Memphis
B6. New Rhumba

« ドヴォルザーク (Antonin Dvorak) 「弦楽四重奏曲第12番 op.96 アメリカ」 | トップページ | Stromba 「Tales From the Sitting Room」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーニー・ケッセル (Barney Kessel) 「Swingin' Party」:

« ドヴォルザーク (Antonin Dvorak) 「弦楽四重奏曲第12番 op.96 アメリカ」 | トップページ | Stromba 「Tales From the Sitting Room」 »

最近のトラックバック

ウェブページ