カテゴリー

無料ブログはココログ

« バルトーク (Bartok, Bela) オペラ「青ひげ公の城」 | トップページ | フリートウッド・マック (Fleetwood Mac) 「Blues Jam In Chicago Vol. 1, 2」 »

2011年8月14日 (日)

ジャッキー・マクリーン (Jackie McLean) 「4, 5, And 6」

20110814_jm  米国のジャズのアルト・サックス奏者、ジャッキー・マクリーンが1956年に Prestige へ録音したアルバムだ。
 共演は Hank Mobley (Tenor Sax), Donald Byrd (Trumpet), Mal Waldron (Piano), Doug Watkins (Bass), Arthur Taylor (Drums) という豪華メンバーだ。
 ハンク・モブレー、ドナルド・バードといった顔ぶれを見るとブルー・ノートの作品群を連想する。この作品は1956年ということで黄金のブルー・ノート時代より古い時代の録音となっている。
 ブルー・ノート時代よりは肩の力が抜けた演奏だが、軽快な演奏は良いと思う。
 アルバムは OJC シリーズの再発アナログ盤で保有している。音質は、まずまず良いと思う。

Amazon

1. Sentimental Journey (お勧め)
2. Why Was I Born? (お勧め)
3. Contour
4. Confirmation
5. When I Fall in Love
6. Abstraction

« バルトーク (Bartok, Bela) オペラ「青ひげ公の城」 | トップページ | フリートウッド・マック (Fleetwood Mac) 「Blues Jam In Chicago Vol. 1, 2」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャッキー・マクリーン (Jackie McLean) 「4, 5, And 6」:

« バルトーク (Bartok, Bela) オペラ「青ひげ公の城」 | トップページ | フリートウッド・マック (Fleetwood Mac) 「Blues Jam In Chicago Vol. 1, 2」 »

最近のトラックバック

ウェブページ