カテゴリー

無料ブログはココログ

« ブルックナー (Anton Bruckner) 「交響曲第5番」 | トップページ | 文様:名物裂(めいぶつぎれ):雲立涌 »

2011年6月18日 (土)

クリフォード・ブラウン & マックス・ローチ 「Clifford Brown & Max Roach」

20110617_cb  米国のジャズ・トランペット奏者、クリフォード・ブラウンがドラマーのマックス・ローチと組んで1954年及び1955年に録音したアルバムだ。Mercury 傘下の EmArcy よりアルバムはリリースされた。
 共演は Harold Land (Tenor Sax), Richie Powell (Piano), George Morrow (Bass) となっている。
 軽快で力強い演奏を繰り広げている。これぞジャズの醍醐味を感じさせるアルバムだ。
 アルバムは Wax Time による再発のアナログ盤で保有している。音質は、まずまず良いと思う。

Amazon

A1. Delilah (お勧め)
A2. Parisian Thoroughfare
A3. The Blues Walk
B4. Daahoud
B5. Joy Spring
B6. Jordu (お勧め)
B7. What Am I Here For

« ブルックナー (Anton Bruckner) 「交響曲第5番」 | トップページ | 文様:名物裂(めいぶつぎれ):雲立涌 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ブルックナー (Anton Bruckner) 「交響曲第5番」 | トップページ | 文様:名物裂(めいぶつぎれ):雲立涌 »

最近のトラックバック

ウェブページ