カテゴリー

無料ブログはココログ

« バッド・カンパニー (Bad Company) 「10 From 6」 | トップページ | 金刀比羅神社 (横浜市南区真金町) »

2011年6月 4日 (土)

ビル・コナーズ (Bill Connors) 「Of Mist And Melting」

20110603_bc  米国のジャズ・ギタリスト、ビル・コナーズが1977年にドイツ ECM へ録音したアルバムだ。リリースは翌年の1978年となっている。
 共演は Jan Garbarek (Saxophones), Gary Peacock (Bass), Jack DeJohnette (Drums) である。ECM を代表するミュージシャンが結集した。
 ビル・コナーズに関しては過去に「Theme To The Gaurdian」を紹介している。
 内容はECMらしい透明感ある演奏だ。サックスのヤン・ガルバレクの出番が多く、アルバムの名義を見なければヤン・ガルバレクの作品と勘違いしそうだ。ビル・コナーズはアコースティック・ギターを主体に演奏している。
 アルバムはドイツ・プレスのアナログ盤で保有している。音質は非常に良い。

Amazon

A1. Melting
A2. Not Forgetting
A3. Face In The Water
B4. Aubade
B5. Cafe Vue
B6. Unending

« バッド・カンパニー (Bad Company) 「10 From 6」 | トップページ | 金刀比羅神社 (横浜市南区真金町) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビル・コナーズ (Bill Connors) 「Of Mist And Melting」:

« バッド・カンパニー (Bad Company) 「10 From 6」 | トップページ | 金刀比羅神社 (横浜市南区真金町) »

最近のトラックバック

ウェブページ