カテゴリー

無料ブログはココログ

« 森田童子 「マザー・スカイ」 | トップページ | ベートーヴェン (Beethoven) 弦楽四重奏曲第9番 op. 59-3 »

2011年5月19日 (木)

キース・ジャレット (Keith Jarrett) 「Standards Vol.1」

20110519_kj  ジャズ・ピアニスト、キース・ジャレットのトリオによるスタンダード・ジャズ集で1983年にドイツ ECM より発表された。
 共演は Gary Peacock (Bass), Jack DeJohnette (Drums) で、この後もこのトリオで数多くのアルバムが録音されている。
 実は久しぶりに聴いたが、素晴らしさを改めて実感した。リリカルさとテクニカルな演奏のバランスが絶妙で聴き応えがある。ECM の録音の良さも相俟って、絶品の音楽が鑑賞できる。
 アルバムはドイツ・プレスのアナログ盤で保有している。音質は非常に良い。

Amazon

A1. Meaning Of The Blues (お勧め)
A2. All The Things You Are (お勧め)
A3. It Never Entered My Mind
B4. The Masquerade Is Over
B5. God Bless The Child (お勧め)

« 森田童子 「マザー・スカイ」 | トップページ | ベートーヴェン (Beethoven) 弦楽四重奏曲第9番 op. 59-3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キース・ジャレット (Keith Jarrett) 「Standards Vol.1」:

« 森田童子 「マザー・スカイ」 | トップページ | ベートーヴェン (Beethoven) 弦楽四重奏曲第9番 op. 59-3 »

最近のトラックバック

ウェブページ