カテゴリー

無料ブログはココログ

« audio-technica (オーディオ・テクニカ) のカートリッジ | トップページ | J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「フルートとハープシコードのための奏鳴曲」 »

2011年5月31日 (火)

コールマン・ホーキンス (Coleman Hawkins) 「Soul」

20110530_ch  米国のサックス奏者の大御所、コールマン・ホーキンスが1958年に Prestige へ録音したアルバムだ。
 共演は Kenny Burrell (Guitar), Ray Bryant (Piano), Wendell Marshall (Bass), Osie Johnson (Drums) である。
 コールマン・ホーキンスは1904年生まれなので、モダン・ジャズ全盛期の1958年時点では既に54歳という大ベテランであった。共演者のケニー・バレルは1931年生まれなので息子といった感じの年齢差である。
 ベテランのオーソドックスなジャズで、余裕のある演奏だ。ピアノのレイ・ブライアントの粘り気のあるピアノも良い。タイトルの通り、ソウルフルな演奏は聴いていて楽しい。
 アルバムは OJC シリーズのアナログ再発盤で保有している。音質は良いと思う。

Amazon

A1. Soul Blues (お勧め)
A2. I Hadn't Anyone Till You (お勧め)
A3. Groovin'
B4. Greensleeves (お勧め)
B5. Sunday Mornin'
B6. Until The Real Thing Comes Along
B7. Sweetnin'

« audio-technica (オーディオ・テクニカ) のカートリッジ | トップページ | J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「フルートとハープシコードのための奏鳴曲」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コールマン・ホーキンス (Coleman Hawkins) 「Soul」:

« audio-technica (オーディオ・テクニカ) のカートリッジ | トップページ | J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「フルートとハープシコードのための奏鳴曲」 »

最近のトラックバック

ウェブページ