カテゴリー

無料ブログはココログ

« チャールズ・ミンガス (Charles Mingus) 「Pre Bird」 | トップページ | シュッツ (Heinrich Schutz) 「クライネ・ガイストリッヒェ・コンチェルト」 »

2011年4月23日 (土)

ヤードバーズ (Yardbirds) 「Over, Under, Sideways, Down」

20110422_yb  英国の3大ギタリスト(エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ)が在籍していたヤードバーズの1966年のアルバムだ。米国では第3作目で、英国で発表された「Yardbirds」というアルバムと、ほぼ同じ内容となっている。1960年代の英国のグループの作品は、英国と米国でアルバムの形態が異なり、複雑怪奇だ。
 さらに、ややこしいことに私の保有しているアルバムは、イタリアの再発専門レーベル Get Back によるモノラル録音のアナログ盤だ。オリジナルはA面B面5曲だったが、この再発盤ではA面B面7曲となっている。
 この再発盤に追加された A7 の「Happenings 10 Years Time Ago(幻の10年)」は、ジェフ・ベックとジミー・ペイジのツイン・リード・ギターが炸裂する。

Amazon

A1. Lost Woman
A2. Over, Under, Sideways, Down (お勧め)
A3. I Can't Make Your Way
A4. Farewell
A5. Hot House of Omagarashid
A6. The Nazz Are Blue
A7. Happenings 10 Years Time Ago (お勧め)
B1. Jeff's Boogie
B2. He's Always There (お勧め)
B3. Turn into Earth
B4. What Do You Want
B5. Ever Since the World Began
B6. Rack My Mind
B7. Psycho Daisies

« チャールズ・ミンガス (Charles Mingus) 「Pre Bird」 | トップページ | シュッツ (Heinrich Schutz) 「クライネ・ガイストリッヒェ・コンチェルト」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤードバーズ (Yardbirds) 「Over, Under, Sideways, Down」:

« チャールズ・ミンガス (Charles Mingus) 「Pre Bird」 | トップページ | シュッツ (Heinrich Schutz) 「クライネ・ガイストリッヒェ・コンチェルト」 »

最近のトラックバック

ウェブページ