カテゴリー

無料ブログはココログ

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「カンタータ BWV 140, 85」 | トップページ | シャロン・ヴァン・エッテン (Sharon van Etten) 「because i was in love」 »

2011年2月18日 (金)

キーフ・ハートレイ・バンド (Keef Hartley Band) 「The Battle of North West Six」

20110218_khb  英国ブルース・ロックの重鎮、ジョン・メイオールのグループに在籍していたドラマーであるキーフ・ハートレイが結成したバンドだ。これはセカンド・アルバムで1969年に Deram からリリースされた。
 ジョン・メイオールのグループといえば、ギタリストではエリック・クラプトン(クリーム)、ピーター・グリーンフリートウッド・マック)、ミック・テイラー(ローリング・ストーンズ)が有名だし、ドラマーではエインズレイ・ダンバーを連想する。
 このアルバムはブルース・ロックを基盤としているが、ブリティッシュ・ブルース・ロックのような翳りのあるロックではなく、アメリカの南部色やソウルの影響が強い演奏となっている。トランペットやサックスを担当するメンバーも参加していて、ブラス・ロックとしても聴ける。ただ、正直に言うと中途半端さがあり、それほど面白いアルバムとは言えないかもしれない。
 アルバムは英国のオリジナル盤で保有している。人気の無いアルバムなので、安値で購入した記憶がある。ジャケットはジグソーパズルをデザインしているようだ。

Amazon

A1. The Dansette Kid / Hartley Jam for Bread
A2. Don't Give Up
A3. Me and My Woman
A4. Hickory
A5. Don't Be Afraid
B6. Not Foolish, Not Wise
B7. Waiting Around
B8. Tadpole
B9. Poor Mabel (You're Just Like Me)
B10. Believe In You

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「カンタータ BWV 140, 85」 | トップページ | シャロン・ヴァン・エッテン (Sharon van Etten) 「because i was in love」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「カンタータ BWV 140, 85」 | トップページ | シャロン・ヴァン・エッテン (Sharon van Etten) 「because i was in love」 »

最近のトラックバック

ウェブページ