カテゴリー

無料ブログはココログ

« Anima in Fiamme 「Sub Occasum Solis」 | トップページ | マグノリア (Magnolia) 「Nuts」 »

2011年2月22日 (火)

アモン・デュール II (Amon Düül II) 「Tanz der Lemminge」

20110222_ad2  ドイツのプログレッシブ、あるいはサイケデリックなバンド、アモン・デュール II(2)のサード・アルバムで、United Artists より1971年にリリースされた。
 アモン・デュールといえばドロドロなダーク・サイケという雰囲気があるが、このアルバムは随分と聴きやすくなった演奏である。特に最初の4曲目まで(いわゆるレコードのA面)はアコースティック・ギターを前面に、フォーク・ロックのような雰囲気だ。もちろん、曲が進むとシタールが入った曲や、前衛的なノイズが入った曲があるので一筋縄ではいかない。それでも、彼等のアルバムの中では比較的、面白く聴けるアルバムだ。
 アルバムは再発盤で有名な Repertoire のCDで保有している。音質はあまり良くない(迫力がない音質だ)。

 AmazonYouTube

« Anima in Fiamme 「Sub Occasum Solis」 | トップページ | マグノリア (Magnolia) 「Nuts」 »

コメント

ジャケットが相当ヤバイですね(^_^;)
どんな音かと想像した後、聞いたのですが意外と
あっさりと聞けました。でも聞く前はかなりドロドロなイメージ…
やっぱりジャケットのせいですね!

今はもうダウンロードの時代、レコード、
CDなどジャケットで音を想像して楽しんだり。
ジャケット買いなどを今の若者はもうしないんでしょうね…

たしかに便利ですけど好きな曲、一曲単位で買ったり
ジャケットが無かったりと、何か寂しいなと思ってしまいました。

ちなみにラバーソールさんは、ダウンロードで曲を買ったりするものですか?

> ダウンロードで曲を買ったりするものですか?

いやー、ちょっと買ったことがないです。
iPod は持っていますが、最近、ほとんど使っていません。
(どうもイヤーフォンやヘッドフォンが苦手なんです)
やはり、家の中で CD やレコードをスピーカーで聴くのが好きなんですかね。

> ジャケッジャケットが無かったりと、何か寂しいなと思ってしまいました

ジャケットと音楽内容は、結構、一致しますので、
そういう楽しみが減るのは残念ですね。

Hello! ddbgbed interesting ddbgbed site!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アモン・デュール II (Amon Düül II) 「Tanz der Lemminge」:

« Anima in Fiamme 「Sub Occasum Solis」 | トップページ | マグノリア (Magnolia) 「Nuts」 »

最近のトラックバック

ウェブページ