カテゴリー

無料ブログはココログ

« フォノイコライザー ミュージカル・フィデリティ (Musical Fidelity) 「V-LPS」 を購入 | トップページ | ザ・フー (The Who) 「Magic Bus - The Who On Tour」 »

2011年1月16日 (日)

日本の神様 (一個人、武光誠)

正月に雑誌を購入した。

   一個人 2011年2月号 「日本の神様 入門」 KK ベストセラーズ

実は以前に文庫本を購入していた。

   武光誠 「知っておきたい日本の神様」 角川文庫 (Amazon

2冊ともパラパラとページをめくった程度だが面白そう。
意外と知らない日本の神様に関して、カテゴリー分けして説明している。

一個人での目次は以下の通りである。
 ・出雲神話の神々を巡る旅
 ・「天孫降臨」ゆかりの神々と神社
 ・「古事記」「日本書紀」の神々の物語
 ・日本の神様 基本の「き」 (八百万の神の種類と御利益)
 ・聖なる山の神々へ(三輪山、葛城連山、熊野三山など)
 ・人神様の謎(菅原道真など)
 ・暮らしの中の神様を祀る(七福神など)
 ・琉球の神々(アマミキヨの神話など)

武光誠 「知っておきたい日本の神様」での目次は以下の通りである。
 ・一番古い神様たち(出雲の神々)
 ・神様の頂点、高天原の天照大神(伊勢神宮と天照大神)
 ・天照大神の家来筋の神々(三島神社、鹿島神社など)
 ・地方の神々(日吉神社、松尾神社など)
 ・神様にされた伝説上の人物(日本武尊、神功皇后など)
 ・神様になった人間(平将門など)
 ・外国から来た神様(大黒天、七福神など)
 ・動物も自然も神様(狐、蛇、山など)

 神社の数は日本全国で12万とされている。自治体数が 1,800 弱、鉄道の駅数が約 9,000 といわれているので、数は非常に多い。

 神社の中で1番多いのは稲荷神社で2万弱だそうだ。ちなみに稲荷神社は渡来系豪族の秦氏の守り神で、イネという食物神らしい。
 2番目は八幡神社で、海洋民族系の宇佐氏の海神らしい。3番目は天神社で、菅原道真を祀った神社だ。これは学問の神として有名だが、もともとは嵐や雷などの祟りを鎮める神社だったらしい。

 神社の格式では、天孫系で建国の神である天照大神を祀った伊勢神宮が最高だが、民間信仰の神社では、イネ(食べ物)・海(航海安全)・学問(雷などの祟り)が多いというのが面白い。

 世の中、鉄道の駅を巡って写真を撮る”鉄ヲタ”は多いが、神社巡りをして写真を公開している神社ファンは存在するのか? 
 私がなってもいいが、日本全国12万も神社があるのだから、1年に 1,000 神社を巡っても 120 年もかかるのか!

20110116_izumo  左の写真は出雲神社のしめ縄(注連縄と書くらしい)です。

 いろいろと見方・解釈はあると思うが、私は
    雲、雨、雷
を表現したものだと思う。つまり、雨乞い儀式に使っていたと思うが、どうだろう?

« フォノイコライザー ミュージカル・フィデリティ (Musical Fidelity) 「V-LPS」 を購入 | トップページ | ザ・フー (The Who) 「Magic Bus - The Who On Tour」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565314/50597067

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の神様 (一個人、武光誠):

« フォノイコライザー ミュージカル・フィデリティ (Musical Fidelity) 「V-LPS」 を購入 | トップページ | ザ・フー (The Who) 「Magic Bus - The Who On Tour」 »

最近のトラックバック

ウェブページ