カテゴリー

無料ブログはココログ

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「ゴルトベルク変奏曲 BWV. 988」 | トップページ | セロニアス・モンク 「Thelonious Monk Trio」 »

2011年1月12日 (水)

ビル・ラズウェル (Bill Laswell) 「Baselines」

20110112_bl  ニューヨーク出身のベーシストにして、多彩な活動を行っているビル・ラズウェルの1983年のアルバムだ。レーベルは Celluloid である。
 ビル・ラズウェルといえば、ジョン・ゾーンとの過激なハードコア・ジャズ(ペインキラー)が有名だが、ダブやクラブ・ミュージックなど、あるゆるジャンルの音楽に挑戦している。日本とも関係が深く、坂本龍一(元 YMO )、吉田達也(元ルインズなど)、琉球アンダーグラウンド等との共演がある。
 このアルバムは、彼にしては軽くてポップな内容で、フュージョンにクラブ系ミュージックを足したような感じの音楽だ。特に面白いという訳ではないが、異才のミュージシャンのアナログ・レコードがあったので購入した。
 アルバム・ジャケットは、古いお城の煉瓦の壁を背景としている。

Amazon

A1. Activate
A2. Work Song
A3. Hindsight
A4. Uprising
B5. Barricade
B6. Upright Man
B7. Moving Target
B8. Lowlands
B9. Conversation

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「ゴルトベルク変奏曲 BWV. 988」 | トップページ | セロニアス・モンク 「Thelonious Monk Trio」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビル・ラズウェル (Bill Laswell) 「Baselines」:

« J.S. バッハ (Johann Sebastian Bach) 「ゴルトベルク変奏曲 BWV. 988」 | トップページ | セロニアス・モンク 「Thelonious Monk Trio」 »

最近のトラックバック

ウェブページ