カテゴリー

無料ブログはココログ

« ザ・フー (The Who) 「The Singles」 | トップページ | セロニアス・モンク (Thelonious Monk) 「Solo Piano (Solo on Vogue)」 »

2010年12月21日 (火)

ラフマニノフ (Rachmaninov) ピアノ協奏曲第2番 op.18

 ラフマニノフのピアノ協奏曲に関しては過去に第3番を紹介した。今夜はピアニストと指揮者が同じ顔ぶれでの第2番を新しく購入したアナログ・レコード聴いた。
 レコードはドイツのクラシックやジャズの再発専門レーベル Speakers Corner Records によるプレスだ。オリジナルは第3番と同じく Mercury である。第3番はオリジナル・レコードを保有していて、その圧倒的な華麗さに感激する音質だった。
 この再発盤は、豪華な響きは若干弱くなり、各楽器の音をクリアにした感じだ。まあ、最近のリマスターしたCDやレコードと同じ傾向だ(ビートルズの青盤と同じ感想だ。)。綺麗になったが豊饒さが薄れた感じの音色だ。
 どちらが良くて、どちらが悪いということではなく、個人の好みの問題だが、オリジナル盤の豊饒さのほうが好きだ。まあ、なかなかオリジナル盤は入手できないし、見つけたとしても高額な場合や、レコードがボロボロの可能性も高い。よって、好きな曲なら再発盤で購入するのは悪くない。

 肝心のピアノ協奏曲だが、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番と並んでロシア系の甘美なメロディが印象的な人気の作品だ。いろいろなピアニストが録音しているがリヒテルなどロシア系ピアニストが、まずはお勧めの演奏だと思う。
 ただ、このマーキュリーのレコードは、華麗な音質を楽しむという意味ではお勧めだ。

« ザ・フー (The Who) 「The Singles」 | トップページ | セロニアス・モンク (Thelonious Monk) 「Solo Piano (Solo on Vogue)」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラフマニノフ (Rachmaninov) ピアノ協奏曲第2番 op.18:

« ザ・フー (The Who) 「The Singles」 | トップページ | セロニアス・モンク (Thelonious Monk) 「Solo Piano (Solo on Vogue)」 »

最近のトラックバック

ウェブページ