カテゴリー

無料ブログはココログ

« 専門医からの助言 | トップページ | アルバート・アイラー (Albert Ayler) 「Nuits de la Fondation Maeght Vol. 2」 »

2010年12月 8日 (水)

ベニー・ゴルソン (Benny Golson) 「Turning Point」

20101208_bg  テナー・サックス奏者であるベニー・ゴルソンは作曲や編曲でも才能を発揮し、オリヴァー・ネルソンらと並び称される。演奏者としてもアート・ブレイキーやクロフォード・ブラウンらとの共演が有名だ。
 このアルバムは1962年、Mercury からリリースされたアルバムで、Wynton Kelly (Piano), Paul Chambers (Bass), Jummy Cobb (Drums) という編成だ。
 リラックスした内容で平凡な感じも受けるが、安心して聴けるアルバムでもある。スローテンポの曲が多い。

 アルバムは Mercury プレスの再発のアナログ盤で保有している。モノラル録音だが、クリアな音色で高音質だ。

A1. How Am I To Know
A2. The Masquerade Is Over
A3. Dear Kathy
A4. Three Little Words
B5. Turning Point
B6. Stella By Starlight
B7. Alone Together

« 専門医からの助言 | トップページ | アルバート・アイラー (Albert Ayler) 「Nuits de la Fondation Maeght Vol. 2」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベニー・ゴルソン (Benny Golson) 「Turning Point」:

« 専門医からの助言 | トップページ | アルバート・アイラー (Albert Ayler) 「Nuits de la Fondation Maeght Vol. 2」 »

最近のトラックバック

ウェブページ