カテゴリー

無料ブログはココログ

« サッカー親善試合 日本対韓国 | トップページ | P.F.M. (Premiata Forneria Marconi) 「幻想物語(Storia Di Un Minuto)」 »

2010年10月13日 (水)

ショスタコーヴィチ (Shostakovich) 「交響曲第9番 op.70」

 旧ソビエト、現在のロシアの代表的なレコード・レーベルといえばメロディア(Melodiya)だ。リヒテル(ピアノ)、オイストラフ(ヴァイオリン)、ロストロポーヴィチ(チェロ)といった世紀の巨匠をはじめ、チャイコフスキーなどの有名作曲家、あるいはカリンニコフといったマイナーな作曲家まで膨大な作品をリリースした。

 さて、ショスタコーヴィッチの第9である。ベートーヴェン、マーラー、ブルックナーといった壮大な第9と較べて、どこか人をおちょくった作品だ。第二次世界大戦の勝利を祝う第9を期待した人たち(ソビエト政府指導部)を裏切るような作風だ。第一楽章のコミカルな曲調が良い。

 1977年録音、指揮はエフゲニー・スヴェトラーノフ、ソビエト国立交響楽団の演奏だ。アルバムは日本ビクターによるアナログ・レコードで保有している。
 メロディアのアナログ・レコードは、音質がビックリするくらい良いものから、平凡なものまで差が激しいような感じがする。概ね、1960年代のステレオ録音盤が良い傾向だと思う。日本ビクターによる国内プレス盤はまずまずの音質だ。日本プレス特有の平面的な感じは少しある。

Amazon  YouTube

« サッカー親善試合 日本対韓国 | トップページ | P.F.M. (Premiata Forneria Marconi) 「幻想物語(Storia Di Un Minuto)」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショスタコーヴィチ (Shostakovich) 「交響曲第9番 op.70」:

« サッカー親善試合 日本対韓国 | トップページ | P.F.M. (Premiata Forneria Marconi) 「幻想物語(Storia Di Un Minuto)」 »

最近のトラックバック

ウェブページ