カテゴリー

無料ブログはココログ

« キング・クリムゾン 「クリムゾン・キングの宮殿」 (King Crimson 「In The Court of The Crimson King」) | トップページ | Elvin Jones & Richard Davis 「Heavy Sounds」 »

2010年10月31日 (日)

じゃがたら 「裸の王様」

20101031_jagatara  ひょうきんなレコード・ジャケットで思い浮かんだのが、じゃがたら(JAGATARA)の一連のレコードだ。暗黒大陸じゃがたらのファースト・アルバム「南蛮渡来」も強烈だが、若干洗練されたこのアルバムも傑作だ。
 1987年、Doctor Records からリリースされた。じゃがたらの音楽といえば、ファンク&パンクを日本風にアレンジした演奏と、リーダーである江戸アケミ(男性です)の詩が聴き所だ。特に江戸アケミの風刺のきいた、時に自虐的な詩は特筆だ。
 日本を代表するバンドといえば”じゃがたら”だし、彼等の残したアルバムは今でも聴いて楽しい。

 アルバムは baLcony より再発されたアナログ盤で保有している。音質は普通だと思う。CD は現在、中古で入手できる。

Amazon

A1. 裸の王様 (お勧め)
A2. 岬でまつわ
B3. ジャンキー・ティーチャー
B4. もうがまんできない

« キング・クリムゾン 「クリムゾン・キングの宮殿」 (King Crimson 「In The Court of The Crimson King」) | トップページ | Elvin Jones & Richard Davis 「Heavy Sounds」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: じゃがたら 「裸の王様」:

« キング・クリムゾン 「クリムゾン・キングの宮殿」 (King Crimson 「In The Court of The Crimson King」) | トップページ | Elvin Jones & Richard Davis 「Heavy Sounds」 »

最近のトラックバック

ウェブページ