カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「16-フォーク・ロック、オーガニック」の293件の記事

2017年2月19日 (日)

ジャクソン・ブラウン 「Jackson Browne」

20170219_jb  米国のフォーク・ロック系ミュージシャン、ジャクソン・ブラウンが1972年に Asylum から発表したファースト・アルバムだ。

 内省的な感じのフォーク・ロック風の曲が展開される。どの曲もメロディラが素晴らしく、聴き応えのあるアルバムとなっている。ジャクソン・ブラウンはあまり聴き込んでいなかったミュージシャンだが、他のアルバムを聴いてみようと思う。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2017年1月27日 (金)

ボブ・ディラン 「Bob Dylan At Budokan」

20170127_bd  米国の偉大なるミュージシャン、ボブ・ディランが1979年に CBS から発表したライブ盤だ。録音は1978年の武道館で、アナログ盤2枚組の大作だ。
 1曲目の「Mr. Tambourine Man」のリコーダーの音色に、どこか陽気な演奏を感じさせる。全体的にはバンドとして演奏を聴かせる。オリジナルとは異なるアレンジだが、十分に聴き応えがある。
 アルバムはオランダ・プレスの再発アナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2017年1月 7日 (土)

ウッデン・ホース 「Wooden Horse II」

20170107_wh  英国のフォーク・バンド、ウッデン・ホースが1973年に York から発表したセカンド・アルバムだ。
 さわやかな男女コーラスで米国的なフォークロックを聞かせる。それでも英国らしい陰影感も感じさせる。癖がなく清楚なフォークを聴かせる。
 アルバムは Tapestry による再発アナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 
4. Kali
5. Pick Up The Pieces
6. July Morning
7. Coming Home
8. For You
10. Afternoon

2016年12月28日 (水)

ウォーリー 「Wally」

20161228_wa  英国のフォークロック風プログレ・バンド、ウォーリーが1974年に Atlantic から発表したファースト・アルバムだ。
 気品のあるフォークロックに、プログレ的な要素を少し加えたような演奏だ。ストローブスをより端正にしたような感じだ。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年12月17日 (土)

吉田拓郎 「元気です。」

20161217_yt  日本のミュージシャン、吉田拓郎が1972年に Odyssey から発表したアルバムだ。
 吉田拓郎の代表的なアルバムだ。A1, A5, A7, B6, B7 など、いい曲が多い。親しみやすいメロディの曲は、さすが拓郎らしい。これは傑作アルバムでしょう。
 アルバムはアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年12月11日 (日)

テリー・リード (Terry Reid) 「Seed Of Memory」

20161211_te  英国のロック・ミュージシャン(Vo&G)、テリー・リードが1976年に米国 abc records で発表したアルバムだ。
 プロデュースがグラハム・ナッシュなので、全体的には CSN&Y 的な内容となっている。心に染み入るフォーク・ロックが素晴らしいと思う。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年11月27日 (日)

スプリング 「Spring」

20161127_sp  英国のプログレッシブなフォークロック・バンド、スプリングが1971年に Neon から発表した唯一のアルバムだ。
 3台のメロトロンが同時に演奏されるという曲があることで、プログレ・ファンに有名なアルバムである。全体としてはフォークロック風な演奏が強い。英国らしい陰影感のある曲や牧歌的な感じもある。キーフによるジャケットも素晴らしい。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年11月19日 (土)

ティル・ナ・ノーグ (Tir na nog) 「A Tear and a Smile」

20161119_tn  アイルランドのフォーク・デュオ、ティル・ナ・ノーグが1972年に Chrysalis から発表したセカンド・アルバムだ。
 素朴な感じながらも、陰影感のあるフォークを聴かせる。ひねくれた感じはなく、素直なフォークを聴かせる。なかなか良いデュオだと思う。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 

2016年11月12日 (土)

古井戸 「古井戸の世界」

20161112_hi  日本のフォーク・デュオ、古井戸が1972年にエレックレコードから発表したファースト・アルバムだ。

 加奈崎芳太郎と仲井戸麗市(後にRCサクセションへ加入)のコンビだ。加奈崎の声量あるボーカルと仲井戸の叙情さ・ブルージーさのあるギターが合わさった好デュオだ。このファーストはジャケットの写真のように、ちょっと懐かしさを感じさせるフォークだが、内容は素晴らしい。
 アルバムはアナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 
A4. たまにはいい
A6. こがね虫
B9. 待ちぼうけ
B10. 通り雨
B12. 退屈

ストローブス (Strawbs) 「Just A Collection of Antiques」

20161112_st  英国のフォーク・ロック・バンド、ストローブスが1970年に A&M から発表したライブ盤だ。
 後にイエスに加入するリック・ウェイクマンが参加している。全体的には地味ながらもじっくり聴かせるフォークロックだが、ウェイクマンのキーボードやピアノ・チェンバロなどが印象に残る。ライブ盤といいっても全曲新曲である。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はまずまずである。
 
 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00-サイトマップ | 00-レコードのレーベル一覧 | 01-ブリティッシュ・ロック(1960-70年代) | 02-アメリカン・ロック(1960-70年代) | 03-ロック(1980年代以降) | 04-トラッド・フォーク | 05-ユーロ・ロック | 06-ジャズ(米国) | 07-ジャズ(欧州・他) | 08-クラシック | 09-日本のいろいろな音楽 | 10-世界のいろいろな音楽 | 11-メインストリーム(王道系) | 12-プログレッシブ・ロック | 13-ブルース・ロック | 14-エレクトリック・トラッド、プログレッシブ・トラッド | 15-ファンタジック、ヘヴンリー・ヴォイス | 16-フォーク・ロック、オーガニック | 17-シアトリカルな音楽 | 17-陰りのある音楽、地味な音楽 | 18-民族音楽、中世音楽、素朴 | 19-ハードな音楽 | 19-ポップな音楽 | 20-透明感、ひんやり、神々しい | 21-軽快、豪快、メロディアス | 22-シリアス、重厚 | 23-斬新なジャズ・クラシック | 24-正統派ジャズ・クラシック | 25-冗談、ユーモア、パロディ | 26-エクスペリメンタル、ポストロック | 27-エレクトロニカ、クラブ系 | 28-スワンプ、サザン・ロック、パブロック、カントリー | 29-ファンク、レゲエ、ダブ | 30-ダーク、荒涼、へヴィ、奇怪 | 31- KEEF | 32- HIPGNOSIS | 33- Roger Dean | 35-顔ジャケ・人物ジャケ | 36-イラスト人物ジャケ | 37-仮面・化粧・変な顔ジャケ | 38-サングラス・帽子ジャケ | 39-楽器ジャケ | 40-拳ジャケ(身体の一部) | 41-歴史・昔風コスプレ・ジャケ | 42-絶唱・ライブ・ジャケ | 43-サイケデリック・ジャケ | 44-酒・タバコ・葉巻ジャケ | 45-レンガ・石畳・壁ジャケ | 46-室内・部屋ジャケ | 47-建物・街並みジャケ | 48-遺跡・廃墟ジャケ | 49-身近な自然ジャケ | 50-大いなる自然・宇宙ジャケ | 51-ストリート・広場ジャケ | 52-庭・公園ジャケ | 53-食事・宴会ジャケ | 54-炎のジャケ、光のジャケ | 55-ポジネガ・歪んだジャケ | 56-動物ジャケ | 57-花・植物ジャケ | 58-謎の生物・怪獣・妖怪ジャケ | 61-乗り物ジャケ | 62-機械・ロボット・ジャケ | 63-遊び道具ジャケ | 64-食べ物・生活用品ジャケ | 65-ミリタリー・ジャケ | 66-工場・労働者ジャケ | 70-暗めなファンタジック・ジャケ | 71-ファンタジック・ジャケ | 72-SF ジャケ、シュールなジャケ | 73-奇怪なジャケ・呪術的なジャケ | 74-ひょうきんなジャケ | 75-荒涼としたジャケ | 76-可愛いジャケ | 77-人形・彫像ジャケ | 78-セクシーなジャケ | 81-文字ジャケ | 82-グラフィック・ジャケ | 83-エスニック・民族ジャケ | 88-家紋の一覧(神紋、寺紋なども含む) | 89-文様のサンプル | 89-文様の一覧 | 90-写真の一覧 | 90-神社、写真 | 90-神社の一覧 | 91-オーディオ・カートリッジ | 91-レコード用カートリッジ一覧 | 92-レコードの魅力 | 93-レコード店 | 94-サッカー | 95-映画・演劇 | 96-本・雑誌 | 97- IT 関連 | 98-株価指数、為替、投資信託 | 98-経済・資産運用 | 99-健康 | A&M, Ode | ABC, Dunhill | Archiv | Asylum, Geffen | Atlantic (jazz) | Atlantic, Atco | B&C, Pegasus | Blue Horizon, Bronze | Blue Note | Capitol, MCA, MGM | Charisma, Mooncrest | Charlin, Valois, Harmonia Mundi, Arion, Caliope | Chrysalis | Columbia, CBS (jazz) | Columbia, CBS, Epic | Columbia, CBS, Epic (Classic) | Contemporary | Decca, London (Classic) | Decca, Threshold, London | Deram, Nova | deutsche harmonia mundi | ECM, Enja | Elektra, Nonesuch | Elkar, Xoxoa (スペイン:バスク) | EMI, HMV, Angel | Erato | Eterna | Fantasy (OJC) | Grammophon | Harvest, EMI, Columbia, Regal Zonophone | Impulse | Indies Records (チェコ) | Island | Liberty, United Artists | Libra (ギリシャ) | Manticore, Swan Song, Purple | Melodiya, MK (ロシア) | Mercury, EmArcy | Neon | Numero Uno, Ricordi, Cramps | Parlophone, Apple, Odeon | Pathe Marconi | Philips, Fontana (Classic) | Philips, Fontana, PolyGram | Polydor, Marmalade | Prestige, New Jazz, Status | Prikosnovenie (フランス) | Pye, Dawn | RCA | RCA Victor (Classic) | Reprise, Warner Bros. | Riverside, Jazzland | Savoy | Telefunken、Teldec | Track, Reaction | Transatlantic, Topic, Trailer, York | Vanguard | Vertigo, Nepentha | Verve | Virgin, Caroline | Westminster, Vox | クラシックの諸レーベル | ジャズの諸レーベル | ヨーロッパのロック系レーベル | 再発盤レーベル (Jazz, Classic) | 再発盤レーベル (Rock) | 日本のその他のレーベル | 日本: Speedstar | 日本:キング・レコード, ベルウッド | 日本:コロムビア, Denon | 日本:ソニー | 日本:テイチク | 日本:トリオ (Trio) | 日本:ビクター, RVC | 日本:フォノグラム、フィリップス | 日本:ポリドール、グラモフォン | 日本:ワーナー・パイオニア | 日本:東芝音楽工業, 東芝 EMI | 米国のロック系レーベル | 米国の新興レーベル | 英国のロック系レーベル | 英国の新興レーベル

最近のトラックバック

ウェブページ