カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「17-陰りのある音楽、地味な音楽」の105件の記事

2016年12月28日 (水)

ワイルド・ターキー (Wild Turkey) 「Battle Hymn」

20161228_wt  英国のロック・バンド、ワイルド・ターキーが1971年に Chrysalis から発表したファースト・アルバムだ。
 元ジェスロ・タルのグレン・コーニックや、後にジェントル・ジャイアントに参加するジョン・ウェザーズなどがメンバーだった。全体的には陰影感のあるロックで好ましい。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 

2016年12月 3日 (土)

テリー・リード (Terry Reid) 「Bang, Bang You're Terry Reid」

20161203_te  英国のロック・ミュージシャン(Vo&Guitar)、テリー・リードが1968年に Epic から発表したファースト・アルバムだ。
 ブルースロック、ハードロック、フォーク、ポップなどを織り交ぜた渋いロックを聴かせる。ジミー・ページからレッド・ツェッペリン結成時に誘われた逸話があるが、この渋いロックは彼の個性だろう。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 

ウィッシュボーン・アッシュ (Wishbone Ash) 「Pilgrimage」

20161203_wa  英国のロック・バンド、ウィッシュボーン・アッシュが1971年に MCA から発表したセカンド・アルバムだ。
 ツイン・ギターによる哀愁のハード・ロックを提供するバンドの力作だ。ノリの良いロックが素敵な感じだ。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 

2016年11月27日 (日)

ウィッシュボーン・アッシュ 「Wishbone Ash」

20161127_wa  英国のロック・バンド、ウィッシュボーン・アッシュが1970年に MCA から発表したファースト・アルバムだ。
 ツイン・リード・ギターによる哀愁感ある英国流ロックを聴かせるバンドのデビュー作だ。ハードさと陰影感が合わさったブリティッシュ・ロックは好きな部類だ。
 アルバムは米国プレス(Decca)によるアナログ盤で保有している。音質は、まずまず良いと思う。
 
 

スポンティニアス・コンバスション (Spontaneous Combustion) 「Triad」

20161127_scjpg  英国のハードロック・バンド、スポンティニアス・コンバスションが1972年に Harvest から発表したセカンド・アルバムだ。

 ハードロックが基本ながらも、英国らしい陰影さとプログレッシブなエッセンスがあり、ブリティッシュ・ロック・ファンには受け入れられやすいだろう。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 
4. Love And Laughter
5. Pan
7. Monolith (Parts 1, 2 & 3)

2016年11月12日 (土)

トラフィック (Traffic) 「On The Road」

20161112_tr  英国のロック・バンド、トラフィックが1973年に Island から発表したアナログ盤2枚組のライブ盤だ。
 全6曲構成と長い演奏の曲が収録されている。ロック、ジャズ、ブルース、民族音楽などが混在し、それを渋くも聴き応えたっぷりと演奏している。とても充実した内容だ。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はとても良いと思う。
 
 

ストローブス (Strawbs) 「Just A Collection of Antiques」

20161112_st  英国のフォーク・ロック・バンド、ストローブスが1970年に A&M から発表したライブ盤だ。
 後にイエスに加入するリック・ウェイクマンが参加している。全体的には地味ながらもじっくり聴かせるフォークロックだが、ウェイクマンのキーボードやピアノ・チェンバロなどが印象に残る。ライブ盤といいっても全曲新曲である。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はまずまずである。
 
 

2016年11月 6日 (日)

トラフィック (Traffic) 「Welcome To The Canteen」

20161106_tf  英国のロック・バンド、トラフィックが1971年に Island から発表したライブ盤だ。
 初期メンバーだったデイヴ・メイソンが復帰、新たにベース・ドラムス・パーカッションが加わった7人編成でのライブで、渋いながらも今でも色あせない音楽を披露している。充実したライブだ。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

2016年10月30日 (日)

「Electric Muse: The Story Of Folk Into Rock 」

20161030_fr  英国のフォーク・トラッド系の演奏を収録した編集盤だ。アナログ盤4枚組のボリュームで、英国のトラッド・フォークの変遷をじっくりと聴かせる。
 収録曲を示す。
 
From The Acoustic Roots
A1a Steeleye Span : Robbery With Violins
A1b Ian Campbell : Folk Group* Tail Toddle
A1c Fairport Convention : Sir B. McKenzie
A2 Leadbelly : The Gallows Pole
A3 Jack Elliot : Pretty Boy Floyd
A4 Margaret Barry : She Moves Through The Fair
A5 Alan Lomax And The Ramblers : Hard Case
A6 The Coppers : The Banks Of Sweet Primeroses
A7 Archie Fisher And Ray Fisher : The Twa Corbies
A8 A.L. Lloyd : The Shoals Of Herring
 
From Reeling To Rockin 
B1 Ian Campbell Folk Group : Rocky Road To Dublin / Drops Of Brandy
B2 The Dubliners : The Mason's Apron
B3 The Chieftains : Carolan's Concerto
B4 Gryphon : Kemp's Jig
B5 Fairport Convention : Medley- The Lark In The Morning / Rakish Paddy / Foxhunter's Jig / Toss The Feathers
B6 Morris On Band : Greensleeves
B7 Hedgehog Pie : Drops Of Brandy
B8 John Martyn : Eibhlí Ghail Chiúin Ni Chearbhaill
 
Blues Baroque And Beyond 
C1 Davey Graham : Angi
C2 Davey Graham : She Moves Through The Fair
C3 Davey Graham : Better Git It In Your Soul
C4 Bert Jansch : Veronica
C5 John Renbourn : Waltz
C6 Ralph McTell : Willoughby's Farm
C7 Marc Brierley : Dragonfly
C8 Jackson C. Frank : Blues Run The Game
C9 Roy Harper : Forever
 
Soho Needless To Say 
D1 Pentangle : Waltz
D2 Martin Carthy : Scarborough Fair
D3 Al Stewart : Soho, Needless To Say
D4 John & Beverley : Martyn John The Baptist
D5 New Humblebums : Please Sing A Song For Us
D6 Fairport Convention : Chelsea Morning
 
Roll Over Cecil (And Tell Vaughan Williams The News) 
E1 Shirley Collins, Davey Graham : Pretty Saro
E2 Bert Jansch : Blackwaterside
E3 The Young Tradition : Lyke-Wake Dirge
E4 John Renbourn : Bransle Gay
E5 Martin Carthy, Dave Swarbrick : Our Captain Cried All Hands
E6 Pentangle : Let No Man Steal Your Thyme
E7 Shirley Collins : The Wedding Song
 
The Electric Adventure 
F1 Fairport Convention : Nottamun Town
F2 Fairport Convention : Tam Lin
F3 Traffic : John Barleycorn
F4 Fairport Convention : Lord Marlborough
F5 Steeleye Span : The Weaver And The Factory Maid
 
A New Tradition 
G1 Bob Pegg And Carole Pegg : Rise Up Jock
G2 Mr. Fox : The Gay Goshawk
G3 Fairport Convention : Poor Will And The Jolly Hangman
G4 Lindisfarne : Turn A Deaf Ear
G5 Jack The Lad : The Third Millenium
G6 Richard Thompson : Nobody's Wedding
 
End Of A Honeymoon? 
H1 The Albion Country Band : Albion Sunrise
H2 Albion Morris : Upton-Upon-Severn Stick Dance
H3 Fairport Convention : Furs And Feathers
H4 Steve Ashley : The Spirit Of Christmas
H5 Mike And Lal Waterson : The Magical Man
H6 Fairport Convention : Stranger To Himself
H7 The Albion Country Band : The New St. George / La Rotta

2016年10月28日 (金)

「The Contemporary Guitar Sampler」 Transatlantic

20161028_ta  英国のトラッド・フォーク専門レーベル、Transatlantic が1969年に発表したオムニバス・アルバムだ。
 同レーベルに所属するギタリストの演奏集となっている。フォーク、トラッド、ブルース、ジャズなどを合わせた個性的なギター演奏集だ。
 収録されているミュージシャンと曲を示す。
 
1. Ralph McTell / Willoughby's Farm
4. John Pearse / McGees Rag
5. John Fahey / The Death Of Clayton Peacock
6. John Renbourn / Day At The Seaside
8. John Pearse / Guitar Train
10. Ralph McTell / Wino And The Mouse

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00-サイトマップ 00-レコードのレーベル一覧 01-ブリティッシュ・ロック(1960-70年代) 02-アメリカン・ロック(1960-70年代) 03-ロック(1980年代以降) 04-トラッド・フォーク 05-ユーロ・ロック 06-ジャズ(米国) 07-ジャズ(欧州・他) 08-クラシック 09-日本のいろいろな音楽 10-世界のいろいろな音楽 11-メインストリーム(王道系) 12-プログレッシブ・ロック 13-ブルース・ロック 14-エレクトリック・トラッド、プログレッシブ・トラッド 15-ファンタジック、ヘヴンリー・ヴォイス 16-フォーク・ロック、オーガニック 17-シアトリカルな音楽 17-陰りのある音楽、地味な音楽 18-民族音楽、中世音楽、素朴 19-ハードな音楽 19-ポップな音楽 20-透明感、ひんやり、神々しい 21-軽快、豪快、メロディアス 22-シリアス、重厚 23-斬新なジャズ・クラシック 24-正統派ジャズ・クラシック 25-冗談、ユーモア、パロディ 26-エクスペリメンタル、ポストロック 27-エレクトロニカ、クラブ系 28-スワンプ、サザン・ロック、パブロック、カントリー 29-ファンク、レゲエ、ダブ 30-ダーク、荒涼、へヴィ、奇怪 31- KEEF 32- HIPGNOSIS 33- Roger Dean 35-顔ジャケ・人物ジャケ 36-イラスト人物ジャケ 37-仮面・化粧・変な顔ジャケ 38-サングラス・帽子ジャケ 39-楽器ジャケ 40-拳ジャケ(身体の一部) 41-歴史・昔風コスプレ・ジャケ 42-絶唱・ライブ・ジャケ 43-サイケデリック・ジャケ 44-酒・タバコ・葉巻ジャケ 45-レンガ・石畳・壁ジャケ 46-室内・部屋ジャケ 47-建物・街並みジャケ 48-遺跡・廃墟ジャケ 49-身近な自然ジャケ 50-大いなる自然・宇宙ジャケ 51-ストリート・広場ジャケ 52-庭・公園ジャケ 53-食事・宴会ジャケ 54-炎のジャケ、光のジャケ 55-ポジネガ・歪んだジャケ 56-動物ジャケ 57-花・植物ジャケ 58-謎の生物・怪獣・妖怪ジャケ 61-乗り物ジャケ 62-機械・ロボット・ジャケ 63-遊び道具ジャケ 64-食べ物・生活用品ジャケ 65-ミリタリー・ジャケ 66-工場・労働者ジャケ 70-暗めなファンタジック・ジャケ 71-ファンタジック・ジャケ 72-SF ジャケ、シュールなジャケ 73-奇怪なジャケ・呪術的なジャケ 74-ひょうきんなジャケ 75-荒涼としたジャケ 76-可愛いジャケ 77-人形・彫像ジャケ 78-セクシーなジャケ 81-文字ジャケ 82-グラフィック・ジャケ 83-エスニック・民族ジャケ 88-家紋の一覧(神紋、寺紋なども含む) 89-文様のサンプル 89-文様の一覧 90-写真の一覧 90-神社、写真 90-神社の一覧 91-オーディオ・カートリッジ 91-レコード用カートリッジ一覧 92-レコードの魅力 93-レコード店 94-サッカー 95-映画・演劇 96-本・雑誌 97- IT 関連 98-株価指数、為替、投資信託 98-経済・資産運用 99-健康 A&M, Ode ABC, Dunhill Archiv Asylum, Geffen Atlantic (jazz) Atlantic, Atco B&C, Pegasus Blue Horizon, Bronze Blue Note Capitol, MCA, MGM Charisma, Mooncrest Charlin, Valois, Harmonia Mundi, Arion, Caliope Chrysalis Columbia, CBS (jazz) Columbia, CBS, Epic Columbia, CBS, Epic (Classic) Contemporary Decca, London (Classic) Decca, Threshold, London Deram, Nova deutsche harmonia mundi ECM, Enja Elektra, Nonesuch Elkar, Xoxoa (スペイン:バスク) EMI, HMV, Angel Erato Eterna Fantasy (OJC) Grammophon Harvest, EMI, Columbia, Regal Zonophone Impulse Indies Records (チェコ) Island Liberty, United Artists Libra (ギリシャ) Manticore, Swan Song, Purple Melodiya, MK (ロシア) Mercury, EmArcy Neon Numero Uno, Ricordi, Cramps Parlophone, Apple, Odeon Pathe Marconi Philips, Fontana (Classic) Philips, Fontana, PolyGram Polydor, Marmalade Prestige, New Jazz, Status Prikosnovenie (フランス) Pye, Dawn RCA RCA Victor (Classic) Reprise, Warner Bros. Riverside, Jazzland Savoy Telefunken、Teldec Track, Reaction Transatlantic, Topic, Trailer, York Vanguard Vertigo, Nepentha Verve Virgin, Caroline Westminster, Vox クラシックの諸レーベル ジャズの諸レーベル ヨーロッパのロック系レーベル 再発盤レーベル (Jazz, Classic) 再発盤レーベル (Rock) 日本のその他のレーベル 日本: Speedstar 日本:キング・レコード, ベルウッド 日本:コロムビア, Denon 日本:ソニー 日本:テイチク 日本:トリオ (Trio) 日本:ビクター, RVC 日本:フォノグラム、フィリップス 日本:ポリドール、グラモフォン 日本:ワーナー・パイオニア 日本:東芝音楽工業, 東芝 EMI 米国のロック系レーベル 米国の新興レーベル 英国のロック系レーベル 英国の新興レーベル

最近のトラックバック

ウェブページ