カテゴリー

無料ブログはココログ

2017年1月12日 (木)

東京都新宿区の写真

 東京都新宿区の写真集です。(写真の一覧へ

posted by (C)Rubber Soul

2017年1月 9日 (月)

花園神社 (新宿区新宿)

 新宿の花園神社を訪れた。大都会の中の神社だ。(寺社一覧

 
posted by (C)Rubber Soul
 

2017年1月 8日 (日)

東急電鉄の各線の写真

 東急電鉄の各線(池上線、大井町線)の写真集です。(写真の一覧へ

posted by (C)Rubber Soul

東京都品川区の写真

 東京都品川区の写真集です。(写真の一覧へ

posted by (C)Rubber Soul

2017年1月 7日 (土)

ウッデン・ホース 「Wooden Horse II」

20170107_wh  英国のフォーク・バンド、ウッデン・ホースが1973年に York から発表したセカンド・アルバムだ。
 さわやかな男女コーラスで米国的なフォークロックを聞かせる。それでも英国らしい陰影感も感じさせる。癖がなく清楚なフォークを聴かせる。
 アルバムは Tapestry による再発アナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 
4. Kali
5. Pick Up The Pieces
6. July Morning
7. Coming Home
8. For You
10. Afternoon

イエス (Yes) 「Close To The Edge」

20170107_yes  英国のプログレッシブ・ロック・バンド、イエスが1972年に Atlatic より発表した第5作目のアルバムだ。
 A面1曲、B面2曲構成のアルバムだ。彼らの代表作だがロック史にも残る傑作アルバムだ。5人のメンバーによる唄・コーラス・演奏が高次元で展開される。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はとても良い。
 
 

ウイントン・ケリー (Wynton Kelly) 「Whisper Not」

20170107_wk  米国のジャズ・ピアニスト、ウイントン・ケリーが1958年に Riverside へ録音したアルバムだ。
 共演は Kenny Burrell (Guitar), Paul Chambers (Bass), Philly Joe Jones (Drums) である。
 軽快な演奏だ。半数の曲はドラムが入らない演奏となっている。しっとりしながらも軽快な演奏が良い。
 アルバムは Jazzland による再発アナログ盤(ジャケット違い)で保有している。音質は良いと思う。
 
 

ウォーリー (Wally) 「Valley Gardens」

20170107_wa  英国のプログレ・バンド、ウォーリーが1975年に Atlantic から発表したセカンド・アルバムだ。
 フォークロックとプログレを合わせた暖かな演奏を提供する。ポップながらも美しいサウンドが特徴だ。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

ウルフ (Darryl Way's Wolf) 「Canis Lupus」

20170107_dw  英国のプログレッシブ・ロック・バンド、ウルフが1973年に Deram から発表したファースト・アルバムだ。
 元カーヴド・エアのバイオリン奏者であるダリル・ウェイが結成したバンドだ。後にソフト・マシーンに参加するジョン・エサーリッジが在籍、プロデューサーには元クリムゾンのイアン・マクドナルドが担当している。
 プログレやジャズなどを取り入れているが、案外、ポップな演奏だと思う。
 アルバムが英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

ヤードバーズ 「Live Yardbirds」

20170107_yb  英国のロック・バンド、ヤードバーズのライブ盤だ。録音は1968年で発売は1971年である。
 ジミー・ペイジが中心となった時期で、レッド・ツェッペリンへの移行期のライブだ。A3「I'm Confused(Dazed And Confused)」などが含まれる。ボーカルのキース・レルフだが、正直、ツェッペリン的な演奏では違和感がある。
 アルバムは白黒ジャケットから類推するに private なアナログ盤で保有している。音質は、あまり良くない。
 
 

«横浜市中区の写真

最近のトラックバック

ウェブページ