カテゴリー

無料ブログはココログ

2016年9月22日 (木)

群馬県渋川市の写真

 群馬県渋川市(私の出身地・故郷)の写真集です。(写真の一覧へ

posted by (C)Rubber Soul

日本の鉄道(ローカル線など)の写真

 日本のローカル線(上信電鉄上信線、富士急大月線、わたらせ渓谷鉄道)や幹線鉄道の写真集です。(写真の一覧へ

posted by (C)Rubber Soul

群馬県西毛・中毛・東毛地区の写真

 群馬県西毛(高崎市、富岡市、安中市)、中毛・東毛地区の写真集です。(写真の一覧へ

posted by (C)Rubber Soul

ルネッサンス (Renaissance) 「Scheherazade and Other Stories」

20160922_re2  英国のプログレッシブ・ロック・バンド、ルネッサンスが1975年に BTM から発表した第6作目のアルバムだ。
 楽曲も演奏も最高潮に達した彼等の代表作だ。ドラマチックでありながらも清楚なサウンドが素晴らしい。クラシカルさとフォークを織り交ぜた一大絵巻とい感じだ。
 アルバムは米国プレス(Sire Records)のアナログ盤で保有している。英国盤の深みの音色とは違う、カラッと明るい音色だが音質は良いと思う。
 
 

ソニー・クラーク (Sonny Clark) 「Dial "S" For Sonny」

20160922_sc  米国のジャズ・ピアニスト、ソニー・クラークが1957年に Blue Note へ録音したアルバムだ。
 共演は Art Farmer (Trumpet), Curtis Fuller (Trombone), Hank Mobley (Tenor Sax), Wilbur Ware (Bass), Louis Hayes (Drums) である。
 6人編成での演奏だが、全体的には軽やかな演奏となっている。とても感じの良い演奏で好感が持てる。
 アルバムは米国プレスの再発アナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

スティーライ・スパン (Steeleye Span) 「Please To See The King」

20160922_ss  英国のエレクトリック・トラッド・バンド、スティーライ・スパンが1971年に B&C から発表したセカンド・アルバムだ。
 ウッズ夫妻が脱退し、新たにマーティン・カーシーなどが参加して録音されたアルバムだ。ドラム無しだがエレクトリック・ギターやベースによるトラッドは、ロック的な感じがして面白い。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質はかなり良いと思う。
 
 

チャイコフスキー (Pyotr Il'yich Tchaikovsky) 「バレエ音楽 くるみ割り人形」

 リチャード・ボニングの指揮、ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏による全曲集だ。可愛らしくもゴージャスな演奏だ。Decca 1974年録音だが、キングレコードによるアナログ盤2枚組で保有している。音質は良いと思う。

モップス (Mops) 「GS オリジナル・ストック 5」

20160922_mo  日本のロック・バンド、モップスのベスト盤だ1969年から73年までの曲で構成されている。
 「朝まで待てない」や井上陽水の「傘がない」など、ご機嫌なロックを聴かせる。
 アルバムは東芝EMI のアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
A4. すずきひろみつの気軽に行こう
A5. 何処へ
B2. 大江戸冒険譚
B3. 雨
B4. あざやかな時代
B5. 迷子列車
B6. 永久運動

ルネッサンス (Renaissance) 「Ashes Are Burning」

20160922_re  英国のクラシカルなプログレッシブ・ロック・バンド、ルネッサンスが1973年に Sovereign から発表した第4作目のアルバムだ。
 第二期ルネッサンスとしては第2作目のアルバムで、彼等の代表作でもある。クラシカルなプログレだが穏やかなフォークロック調の曲も多い。タイトル曲はウィッシュボーン・アッシュのアンディ・パウエルがブルージーなギターを披露している。
 アルバムは英国プレスのアナログ盤で保有している。音質は良いと思う。
 
 

ロイ・ヘインズ (Roy Haynes) 「Out of The Afternoon」

20160922_rh  米国のジャズ・ドラマー、ロイ・ヘインズが1962年に Impulse! へ録音したアルバムだ。
 共演は Roland Kirk (Tenor Sax, manzello, stritch, flute), Tommy Flanagan (Piano), Henry Grimes (Bass) である。
 ローランド・カークやトミーフラナガンの演奏が光る好アルバムだ。メロディアスな演奏が主体で聴き応えがある。特にローランド・カークの演奏が素晴らしい。複数のリード楽器を同時に吹くが、そのハーモニーが絶品だ。
 アルバムは米国プレスのアナログ盤で保有している。音質はかなり良い。
 
 

«神奈川県の写真

最近のトラックバック

ウェブページ